2012年のヘヴィロテ

2012年にリリースされた、あるいは購入したものの中で、特に繰り返し聴いたCDをピックアップ。
 

*いつもの通り、リリース日ではなくiTunesへの追加日が2012年中のものからのピックアップ。
こちらもいつもの通り、順序には何の意味もありません。
 

「いつもの通り」とか言いつつ、前回は2009年だったのか(汗)
 

アルバムの画像でも貼ればいいのですが、これもいつものように文字ばっかりですいません<(_ _)>

以下、長くなったので折り畳み。
 

続きを読む

広告

陳柏宇「Can’t be half」

年を跨いで我が家にやって来た陳柏宇の新譜「Can’t be half」。
 
声と歌い方が好きなら何でもOKな私(笑)、勿論、このアルバムも既にかなりヘヴィロテ中です。
 
 
陳柏宇は、香港音楽界ではまだまだ新人さんですが、とても大事に育ててもらっている気がするアーティストさんですね。
コンスタントにCDもリリースされていますし、楽曲もなかなかです。
 
 
今回のアルバムには國語曲2曲を含む11曲が収録。
安定して聴かせてくれるバラードから、アップテンポの曲まで比較的バラエティに富んだ内容になっています。
どんなテイストの曲でも、うまく歌いこなせるのが彼の強みですね。
 
 
アップテンポの面白い曲だととても気に入っている「最後的擁抱」はflumpoolという日本のバンドの「MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~」という曲のカバー。
映画の『MW』の主題歌だったんですね。
原作は知ってますが、映画は見ていないので、主題歌も聴いた覚えがないのです。
 
 
バラードはどの曲も彼らしくて素敵です。
彼は、とても丁寧に言葉を歌う人だという印象があるのですが、その歌い方がバラードでは力を発揮する気がします。
 
國語曲の方が言葉がわかるもので、歌がダイレクトに心に響いてくる気がしないでもないのですが、広東語を歌っているほうが陳柏宇らしい気もします。
でも何曲か國語曲が含まれていると、ちょっと嬉しいんですが(笑)。
 
 
しばらくはまた、彼の曲を繰り返し聴いてしまうことになりそうです(笑)。
聖傑も JJ もヘヴィロテ中ですし、聴きたいものが多すぎて、嬉しい悲鳴というところでしょうか(笑)。
 
 
YouTubeへのリンクを2曲だけ……。
 
YouTube – Jason Chan – 最後的擁抱
 http://www.youtube.com/watch?v=di3Auh0eCwA&fmt=22
 
YouTube – 陳柏宇 你瞞我瞞
 http://www.youtube.com/watch?v=EZgxHW5K0Q8&fmt=22