『艋舺 MONGA』

豆導こと鈕承澤監督の映画『艋舺 MONGA』。
 
お気に入りの阮經天(小天)とMark趙又廷が主演し、鳳小岳、黃鐙輝、蔡昌憲、柯佳嬿、馬如龍、陳漢典、王識賢ら、魅力的なキャストが揃っていることに加え、台湾での公開後の反応も良かったことで、楽しみにしていたこの映画のDVDが6月末にリリース。
 
予約していたものが届いてはいたものの、なかなか見る時間がとれなくて、ようやく今日になりました。
 
 
twitterでもつぶやきましたが、この映画、もしも映画館で見ていたら、私はきっとしばらく席を立てなかっただろうと思います。
Macの前から、しばらく立ち上がる気になりませんでしたから。
 
 
 
<ストーリー>
転校してきたばかりの蚊子(Mark趙又廷)。
お弁当のおかずで大好物の鶏もも肉を狗仔孩(陳漢典)に取り上げられる。
が、それを奪い返したことで、狗仔孩の仲間に追われる蚊子。
彼らとやり合う蚊子の姿を見かけた太子幫の志龍(鳳小岳)、和尚(小天/阮經天)、白猴(蔡昌憲)、阿伯(黃鐙輝)の4人は、蚊子を気に入り、仲間に加えることに。
 
 
翌日、太子幫は狗仔孩の仲間を屋上に呼び出し、蚊子に報復させようとするが、蚊子は躊躇う。
和尚の「今日、やつらをやっておかないと、いつかお前がやつらにやられることになる」との一言で、生まれて初めて自分から誰かを殴りつける蚊子。
こうして蚊子は太子幫の一員となり、黑道に足を踏み入れることになる。
 
 
太子幫の一員となった蚊子の前にはこれまで知らなかった世界が広がっていくが、彼には理解できない部分も。
そんな中、小凝という妓女と出会う蚊子。
彼女は殺伐とした世界で生きる蚊子にとって、心安らぐ大切な存在になっていく。
 
 
そんな頃、外省人系の組織の幫主であり蚊子の母親の昔の恋人でもある灰狼(鈕承澤)が艋舺にその手を伸ばそうとし始めていた。
 
灰狼と艋舺の老大たちとの会談が持たれるものの、艋舺の組織、廟口のボスであり志龍の父親でもあるGeta(馬如龍)も後壁厝のボスであるMasaも灰狼の話には耳を貸さず、外省人系の組織とは手を組まないことを宣言。
だが、その決定を不満に思う後壁厝の文謙(王識賢)。
彼は灰狼と手を組み、自分が権力を握ろうとしていた。
 
そんな状況の中、後壁厝のボスMasaが何者かに撃たれ殺害される。
 
 
艋舺を巡る争いに太子幫も否応なく巻き込まれていく ─。
 
 
 
と、粗筋はこんな感じでしょうか。
 
前半、太子幫の5人の実に楽しげな様子が後半、一転するのが……。
 
アクションも多く、怪我人続出というのも納得。
しかも銃の撃ち合いじゃなく、拳や刀を使うことが多いので、肉弾戦(?)が苦手だと仰る方にはちょっと辛いところがあるかもしれません。
銃を使うのはろくでなしで、拳や刀でやり合うものだというあたり、まさしく仁侠の世界ですね。
 
また、艋舺という場所が雑然として、庶民的で、活気に溢れ、でも外の世界と少しばかり遊離した不思議な雰囲気の空間で、この場所だからこそ、この物語も成立したのかな、という気もします。
 
 
そして太子幫の5人はそれぞれが個性的で魅力的。
でも、やはり中心は小天扮する和尚とMarkが演じる蚊子。
 
和尚は非常に頭が切れ、太子幫の実質的な要。
そして、彼は子どもの頃から一緒に育った志龍のことが本当に好きなんですね。
彼のためなら、何でもできるんだろうな。
 
一方の蚊子はずっといじめられていたと言うものの、決して卑屈だったり弱気だったりするわけではなく、頭も良いし、人も良い。
日本で伝染病で亡くなったという父親を心の中で恋しがっていて、ボスのGetaに父親の姿を重ねているような。
 
和尚と蚊子、この2人の個性があの結末に繋がっていくのでしょうね……。
 
 
とにかく、豆導らしい作品で、豆導作品が好きな私にはとても印象深い映画でした。
 
 
 
と、ストーリーに触れずにはこれ以上感想は書けそうにないので、以下は完全にネタバレありの感想になります。
 
ですので、これから物語を楽しみに見ようと思われる方にはご覧いただかない方がいいかと…。 
この映画は日本にも版権が買われているようですし、未見の方はくれぐれもご注意くださいませ。

 
 
 
続きを読む

広告

Lovelife2010広告

黑人(陳建州)と范瑋琪が中心になって起ち上げたチャリティ活動 Lovelife。
 
2年目に入る今年は、障碍を持つ子どもたちへの理解を訴える活動も行われ、さまざまな藝人さんたちがその活動に協力しています。
 
CFが公開されていますが、黑人によると、4月1日から毎日1人ずつ公開される様子。
 
今日8日までに、全ての藝人さんが登場する1分間の映像の他に、小S,周杰倫、范瑋琪、Mark趙又廷、張惠妹(阿妹)、小天(阮經天)、張均甯がそれぞれ登場する30秒ver.の映像が公開されています。
 
*9日、Eddie 彭于晏の映像が追加されています。
まだしばらくは毎日1人ずつ追加されていくことになりますが、以降はtwitterで つぶやくことにします……(^^ゞ。
 
 

CFの字幕で流れるメッセージ(と、意訳 / 汗)は以下の通り。
 

請您想像一下…
如果你是一個自閉症、唐氏症、腦性痲痹的孩子
你會用什麼態度去面對…
我們希望從自己做起!
停止用眼神、言語…甚至是肢體去歧視這些特別的孩子!
我們一起 LOVELIFE!
 
 
想像してみてください。
もしもあなたが自閉症、ダウン症、脳性まひの子どもだとしたら
どんな態度で向き合いますか。
まず自分から始めましょう。
視線で、言葉で、更には身体で
これらの特別な子どもたちを差別するのをやめることを。
さあ、一緒に LOVELIFE!

 
 
CFでは、それぞれの藝人さんたちが、自分が実際に障碍を持つ子どもだったとしたら……と想像して、さまざまな表情を見せています。
 
 
感動的で、かつ考えさせられるCFです。
黑人も、15人以上の友だちにこの映像を伝えて欲しいと言っていますし、多くの方に見ていただきたいものだと思います。 
 

こういう活動が藝人さんたちの中から起こり、それに賛同する人がさまざまな形で協力するということにはいつも感心させられます。
韓国も含め、アジアの藝人さんたちもチャリティ活動に対してとても積極的なのが凄いですね。
 
 
YouTubeにもアップされているようですが、黑人自身のFacebookへのリンクを。
  
「lovelife 2010一分鐘廣告 [HD]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1409596356856
 
 
「小slovelife的廣告來了!!!!! [HQ]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1407434142802
 
 
「lovelife 杰倫來了2010.4.2 [HQ]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1407878193903
 
 
「lovelife 范范的廣告 [HD]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1408709174677
 
 
「LOVELIFE 趙又廷 [HD]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1410532580261
 
 
「lovelife 阿妹 [HQ]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1411501724489
 
 
「LOVELIFE 阮經天 [HQ]」 | Facebook
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1412725475082
 
 
「LOVELIFE 張均甯 [HQ]」
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1413827982644
 
 
「LOVELIFE 彭于晏 [HQ]」
 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1414948370653
 

 
  
 
他にもメイキングなどの映像が黑人のFacebookにアップされています。
 
陳建州﹏黑人老大 | Facebook
 http://www.facebook.com/pages/chen-jian-zhou_hei-ren-lao-da/74667070561?v=app_2392950137

小天&Mark@『娛樂百分百』

しばらく前の話ですが、小豬と小鬼が司会を務める『娛樂百分百』に小天(阮經天)とMark(趙又廷)がゲスト出演していました。
 
“粉絲同樂會”だったので、スタジオのファンの方たちや司会の2人とのやりとりに大笑い。
小豬の司会が非常に上手いので、いつも楽しめる番組ではありますが、小天とMarkの仲の良さが伝わってくるようで、本当に楽しかったです。
 
 
冒頭は原聲帶のレコーディングの話。
初めての経験だった小天は、「Markがいなかったら、やれなかったかも」なんて。
レコーディングをしながら、これでいいのかな、と思ったら後ろにいるMarkを振り返ると、彼が頷いてくれて、それで先に進める、みたいな感じだったようですね。
 

 
 
後半、1人が椅子に固定されて、もう1人が意地悪な質問に答え、その答えにお客さんが納得しなければ椅子に縛られている方が罰ゲーム、なんてことをやっていて、こちらでも笑わせていただきました。
小天、小豬に酷い目に遭わされていましたね(^^ゞ。
 
小豬&小鬼vs.小天&Markで「台客演技比一比」をやっているのですが、台語はほとんどわからないMark。
彼らが言っていることがわからなくて、小天に説明してもらっているところ。
 

 
相手に触れることが多いんですよね、この2人。
身体の距離もかなり接近していることが多いですし。
普通は親密な関係の時に見られるボディ・ランゲージですね。
この仲の良さを見ていると、こちらも楽しくなります。
 
小天ファンがMarkの悪口を書き込んでいたなんてこともあったようですが、それについても小天がやんわりとたしなめていますし、良い関係みたいでホッとさせられます。
小天の方が少しだけお兄さんだからか、Markが小天に頼っているように見えることが多い気が……。 
 
 
番組中、ベルリン行きが決まって大喜びの豆導がレコーディングスタジオに乱入してきた時の映像も流されていて、『艋舺』という映画に関わった皆さんの興奮ぶりが改めて感じられたりもしました。

 
それにしても、この番組を見るたびにいつも思うことですが、小豬、凄過ぎ……(笑)。
彼の頭の回転の速さにはいつも感心させられます。
 
 
YouTubeにもアップされています。
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.1/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=Iv7u_sfuz1g&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.2/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=5XkHpwpKFkg&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.3/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=nHMQvVumWO4&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.4/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=Z6sucql_G9o&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.5/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=OKveTjzFets&fmt=35

『艋舺』電影原聲帶

公開以来、評判も良く、どうやら期待通りの大ヒットに繋がりそうな映画『艋舺』。
 
キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも、かなり大変な撮影だったようですから、それがきちんと評価されるのは嬉しいことだと思います。
既に盗版騒ぎも起こっていますが、それだけ人気のある作品だということでもあるのでしょうね。
 
電影《艋舺》官方部落格 :: 痞客邦 PIXNET ::
 http://mongathemovie.pixnet.net/blog
 
 
電影原聲帶もリリースされています。
 
阮經天とMark 趙又廷の歌う「Tonight Tonight」も勿論収録。
でも、個人的に一番聴き応えがあるのは草蜢の「愛情陷阱」。
跨年晚會で、太子幫のみんなが踊っていたあの曲ですね。
もともとは譚詠麟の大ヒット曲ですが、それを草蜢がカバー。
オリジナルの譚詠麟版よりアップテンポの曲になっていて、ノリが実にいい(笑)。
何でも80年代の台湾の舞廳(今ならクラブでしょうが、80年代だとディスコかな)で最も流行した曲の1つらしいです。
実に80年代らしい1曲という気がします。
有名な曲で、好きな曲の1つではありますが、草蜢のこのver.はオリジナルよりも気に入っています。
さすがは草蜢というところでしょうか。
 
 
KKBOXで試聴できるのですが、この曲以外は意外なほど静かなバラードが並びますね。
この辺り、豆導が強調していたように「黒社會」を舞台にしていても、中身は所謂 “ヤクザ映画” ではなく、青春映画だからなのかもしれませんね。
 
 
それにしても、何度聴いても良いです、「愛情陷阱」。
サビの部分が頭の中でぐるぐる回っています(笑)。
 
 
艋舺電影原聲帶 專輯介紹與完整曲目 – KKBOX
 http://tw.kkbox.com/album/1Z8ncNMNm2NH53D0FYf6008l-index.html
 
*試聴には無料の会員登録が必要です。
 
 
「Tonight Tonight」の方はMVが公開されていますが、YouTubeにも上がっていますね。
撮影の様子を『完娛』で見ましたが、あれがこうなるのね〜と感心しきり。
なかなか格好良いMVに仕上がっています。
小天とMarkはなかなかお似合いの名コンビだと思います。
 
YouTube – 阮經天 趙又廷 Tonight  Tonight MV 美妙完整首播版
 http://www.youtube.com/watch?v=SeeZ0OpZT5s&fmt=35
 
 
早くメディア化されないかな……。
 

阮經天&趙又廷「Tonight Tonight」

小天とMarkの歌う映画『艋舺』の主題歌「Tonight Tonight」が今夜、HitFMでオンエア。
 
Markは『痞子英雄』の「無賴正義」で歌声を披露していますが、小天は初めてだと思います。
映画がTrailerを見ていると、スピード感があって迫力充分な作品なので、この曲も「無賴正義」のようなアップテンポのRock調の曲かと思っていたら、リアルタイムでオンエアを聴いて、ちょっとビックリ(笑)。
 
とても優しい、シンプルなバラードでした。
2人の声の魅力もあって、シンプルですが味わいのある曲だという印象。
抑えた歌い方のためなのか、2人の声質がとてもよく似ている気がするのですが。
一生懸命聴いていましたが、2人の声の区別がつく部分とどっちだかわからない部分があります(汗)。
 
既にYouTubeにもアップされていますね。
 
YouTube – 阮經天 + 趙又廷: Tonight Tonight
 http://www.youtube.com/watch?v=a6He4NHyVOA&fmt=34
 
 
試写会での評判もかなり良かったようですし、『艋舺』は『海角七號』のように大ヒットに繋がるかもしれませんね。
Markの演技も高い評価を得ていたようですし、この作品での演技で金鐘獎を受賞するだけの何かがあることを再認識してもらえると嬉しいな、と思います。

太子幫@康熙來了

豆導(鈕承澤)の映画『艋舺』のキャストが揃って『康熙來了』に出演したというニュースが去年のクリスマス頃でしたかに出ていましたが、ようやく1月20日、オンエアされました。
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.1/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=WXEnpLj2wtM&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.2/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=rFzPZzkrVCo&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.3/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=MwwPZXw_nVE&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.4/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=-XW6NjwN4AA&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.5/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=WdohJ3Sge7M&fmt=35
 
 
跨年晚會のステージですっかり気に入った太子幫の仲の良さが伝わってきて、とても楽しかったです。
小天(阮經天)とMark(趙又廷)について、メディアがいろいろ言ったりしたこともありましたが、2人を見ていると本当に気が合って、仲がいいのだというのが伝わってきますね。
 
 
豆導はMarkのことも高く評価してくれていましたが、この際、豆導の四大弟子に加えてもらって、五大弟子に改めるなんてことにはなりませんか(笑)。
(豆導の四大弟子というのは、李威、小天、Eddie彭于晏、唐治平の4人を指します)。
 
豆導は、とても厳しい監督さんだと言われますが、彼の作品に出演した俳優さんたちは、これまでとは違う魅力を引き出してもらえていることが多い気がするんですよね。
小天についても、彼を初めて魅力的な俳優さんだと感じたのが『我在墾丁*天氣晴』でした。
この作品以前は、どのドラマを見ても、小綜と小美の友達で、明道とかぶるなぁ、というイメージのままだったのが、『我在墾丁*天氣晴』では惚れ惚れしていましたから(笑)。
これはやはり豆導の力だと思うんですよね。
Markについても、吳英雄とはまた違った顔を『艋舺』で豆導が引き出してくれているのだろうと期待してしまっています。
 
 
キャストも傷だらけになりながら撮影されたこの映画、春節にあわせて公開されることになっていますが、大ヒットに繋がって、高評価を得られるといいですね。
メディア化されるのが楽しみです。
 
 
続きを読む

跨年晚會@台湾

2009年も残りわずか。
来週の金曜日はもう元日ですもんね。
 
 
大晦日、日本の番組には全く興味の持てない私は、例年通り、跨年晩會が楽しみ(笑)。
少なくとも、ラジオ中継は安定して聴くことができますから。
 
今月初めにアップした跨年晩會の出演者関係の情報ですが、その後、かなり変動もあった様子。
今日、25日の時点で明らかになっている情報を改めてまとめてみますと……。
 
 
◇2010台北市跨年晚會-臺北最HIGH新年城 精采生活一整年 ←HitFMにて中継予定
 五月天、王力宏、丁噹、小宇、林宥嘉、楊丞琳、盧廣仲、飛輪海、郭靜、
 S.H.E.、Magic Power 他
 
 ★★★2010臺北最HIGH新年城★★★跨年晚會
  http://www.tvbs.com.tw/Project/tvbs_g/activity/2010_taipei/index.html
 
 
◇2010台中市跨年晚會-2 in One 台中好棒
 王力宏、楊丞琳、王心凌、楊宗緯、鄭元暢、卓文萱、梁文音、黃靖倫、
 王心如、武虎將、任容萱、AK(陳奕+沈建宏)、蕭閎仁、馬念先、
 方炯鑌、A-Lin、瑤瑤(郭書瑤)、袁詠琳
 
 GTV{2010台中市跨年晚會}
  http://www.gtv.com.tw/SpecialCase/20091231/
 
 
◇2010台中縣跨年晚會
 李聖傑、蔡佳麟、曹雅雯、柯有綸、陳嘉唯、張芸京、張懷謙、哈士奇RAP、
 CIRCUS、小鬼、黃義達、張懸
 
 
◇2010彰化縣跨年晚會-幸福歡樂晚會
 李聖傑、柯有綸、強辯樂團、周蕙、蔡小虎、張秀卿、星光五班、宇宙人樂團
 
 2010彰化跨年晚會
  http://chcg2010.ctu.edu.tw/
 
 
◇2010台南市跨年晚會-縣市合併 台南最in
 大支、范逸臣、鄭元暢、郭采潔、郭書瑤、A-lin、艾成、朱俐靜、
 李聖傑、張晉樵、蕭閎仁、小宇、COLOR、田中千繪、李國毅、
 小護士樂團、阿霈樂團、花世紀樂團、唐野樂團(唐銘良)など  
 
 
◇2010高雄市跨年晚會-虎運OPEN 大港開福 ←Kissradioで中継予定
 黃小琥、趙又廷、阮經天、趙樹海、郭采潔、
 HANGRY & ANGRY(吉澤ひとみと石川梨華のユニットだそうで)、
 color樂團、鄒承恩、鳳小岳、旺福、宇宙人、黃鐙輝、強辯樂團、林宥嘉、盧廣仲、
 李聖傑、楊韻禾、惜兒、Tizzy Bac、頑童、參劈、Witness、DJ派對など
 
 :::2010高雄市跨年週系列活動::: (音が出ます)
  http://ks2010.streetvoice.com/index2.html
 
 
◇2010桃園縣跨年晚會-桃園啟航 飛向新未來 ←亞洲電台が中継?
 草蜢、SHE、王力宏、王心凌、范逸臣、趙又廷、品冠、丁噹、郭書瑤、
 夏宇童、王夢麟、趙樹海、鄒承恩、陳乃榮、COLOR、AK、MP ほか
 
 ++桃園起航 飛向新未來++ 2010跨年晚會
  http://www.ctv.com.tw/event/2010/tycg/
 
 
◇2010基隆市跨年晚會-基隆港岸HIGH跨年
 李玖哲、卓文萱、羅美玲、高以愛、方烔鑌、吳忠明、NoName、
 拾參樂團、City Light、街頭酷、許志豪
 
 2009基隆跨年-首頁
  http://visvideo.myweb.hinet.net/ume18.htm
 
 
◇2010 新竹市跨年晚會-「活力新竹-歡欣迎虎」跨年晚會
 楊宗緯、張芸京、蔡旻佑、徐佳瑩、方宥心、盧學叡、林綾、蕭煌奇、1976樂團ほか
 
 
◇2010高雄縣跨年晚會-2010轉運迎新~高雄縣跨年祈福音樂節
 宇宙人樂團、李翊君、黃乙玲、梁文音、阿杜、戴愛玲、林綾、黃文星、
 羅時豐、惑樂團、旺福樂團、神木與瞳、蔡忠穎、張懸、伊林名模、
 MC HOTDOG、陳小春、陳綺貞、AK(陳奕+沈建宏)など
 
 
◇2010台北新莊跨年晚會
 蕭煌奇、無雙樂團 、Hot Shok樂團、古勝中&周美蒂、郭子乾、康禎庭、
 張心傑、孫自佑、曾沛慈、高苡愛、徐佳瑩、戴佩妮 
 
 
◇2010台北縣永和市跨年晚會
 楊丞琳、黃立行、戴佩妮、胖虎樂團、武虎將、蔡小虎、娘家劇組:張銘杰、
 陳宇風、何豪傑、高欣欣、德馨、唐美雲
 
 
◇2010新北市中和市跨年晚會
 胖虎樂團、櫻桃幫、徐宛鈴(鴨子)、楊駿文、Olivia、安伯政、董事長樂團、
 BY2、永邦、江明娟、謝俊奇、陳國華、卓文萱、倪安東、飛輪海

 2010新北市風光中和跨年晚會-低碳.環保e起來
  http://jhneweve.topdn.net/
 
 
 
随分ありますね。
これでも台湾で行われる跨年晩會の全てではないのですが。
TV中継されるものも多いので、YouTubeなどの動画共有サイトで見られるものも結構あるかな。
 
 
聖傑は3ヶ所に出演だと聞いていたのですが、4ヶ所に名前がありますね。
とりあえず、ラジオでの中継はリアルタイムで聴くことができるので、HitFM、Kissradioあたりは要チェックですね。
桃園縣も気になるので、亞洲電台も確認しなくては。