『艋舺 MONGA』

豆導こと鈕承澤監督の映画『艋舺 MONGA』。
 
お気に入りの阮經天(小天)とMark趙又廷が主演し、鳳小岳、黃鐙輝、蔡昌憲、柯佳嬿、馬如龍、陳漢典、王識賢ら、魅力的なキャストが揃っていることに加え、台湾での公開後の反応も良かったことで、楽しみにしていたこの映画のDVDが6月末にリリース。
 
予約していたものが届いてはいたものの、なかなか見る時間がとれなくて、ようやく今日になりました。
 
 
twitterでもつぶやきましたが、この映画、もしも映画館で見ていたら、私はきっとしばらく席を立てなかっただろうと思います。
Macの前から、しばらく立ち上がる気になりませんでしたから。
 
 
 
<ストーリー>
転校してきたばかりの蚊子(Mark趙又廷)。
お弁当のおかずで大好物の鶏もも肉を狗仔孩(陳漢典)に取り上げられる。
が、それを奪い返したことで、狗仔孩の仲間に追われる蚊子。
彼らとやり合う蚊子の姿を見かけた太子幫の志龍(鳳小岳)、和尚(小天/阮經天)、白猴(蔡昌憲)、阿伯(黃鐙輝)の4人は、蚊子を気に入り、仲間に加えることに。
 
 
翌日、太子幫は狗仔孩の仲間を屋上に呼び出し、蚊子に報復させようとするが、蚊子は躊躇う。
和尚の「今日、やつらをやっておかないと、いつかお前がやつらにやられることになる」との一言で、生まれて初めて自分から誰かを殴りつける蚊子。
こうして蚊子は太子幫の一員となり、黑道に足を踏み入れることになる。
 
 
太子幫の一員となった蚊子の前にはこれまで知らなかった世界が広がっていくが、彼には理解できない部分も。
そんな中、小凝という妓女と出会う蚊子。
彼女は殺伐とした世界で生きる蚊子にとって、心安らぐ大切な存在になっていく。
 
 
そんな頃、外省人系の組織の幫主であり蚊子の母親の昔の恋人でもある灰狼(鈕承澤)が艋舺にその手を伸ばそうとし始めていた。
 
灰狼と艋舺の老大たちとの会談が持たれるものの、艋舺の組織、廟口のボスであり志龍の父親でもあるGeta(馬如龍)も後壁厝のボスであるMasaも灰狼の話には耳を貸さず、外省人系の組織とは手を組まないことを宣言。
だが、その決定を不満に思う後壁厝の文謙(王識賢)。
彼は灰狼と手を組み、自分が権力を握ろうとしていた。
 
そんな状況の中、後壁厝のボスMasaが何者かに撃たれ殺害される。
 
 
艋舺を巡る争いに太子幫も否応なく巻き込まれていく ─。
 
 
 
と、粗筋はこんな感じでしょうか。
 
前半、太子幫の5人の実に楽しげな様子が後半、一転するのが……。
 
アクションも多く、怪我人続出というのも納得。
しかも銃の撃ち合いじゃなく、拳や刀を使うことが多いので、肉弾戦(?)が苦手だと仰る方にはちょっと辛いところがあるかもしれません。
銃を使うのはろくでなしで、拳や刀でやり合うものだというあたり、まさしく仁侠の世界ですね。
 
また、艋舺という場所が雑然として、庶民的で、活気に溢れ、でも外の世界と少しばかり遊離した不思議な雰囲気の空間で、この場所だからこそ、この物語も成立したのかな、という気もします。
 
 
そして太子幫の5人はそれぞれが個性的で魅力的。
でも、やはり中心は小天扮する和尚とMarkが演じる蚊子。
 
和尚は非常に頭が切れ、太子幫の実質的な要。
そして、彼は子どもの頃から一緒に育った志龍のことが本当に好きなんですね。
彼のためなら、何でもできるんだろうな。
 
一方の蚊子はずっといじめられていたと言うものの、決して卑屈だったり弱気だったりするわけではなく、頭も良いし、人も良い。
日本で伝染病で亡くなったという父親を心の中で恋しがっていて、ボスのGetaに父親の姿を重ねているような。
 
和尚と蚊子、この2人の個性があの結末に繋がっていくのでしょうね……。
 
 
とにかく、豆導らしい作品で、豆導作品が好きな私にはとても印象深い映画でした。
 
 
 
と、ストーリーに触れずにはこれ以上感想は書けそうにないので、以下は完全にネタバレありの感想になります。
 
ですので、これから物語を楽しみに見ようと思われる方にはご覧いただかない方がいいかと…。 
この映画は日本にも版権が買われているようですし、未見の方はくれぐれもご注意くださいませ。

 
 
 
続きを読む

広告

小天&Mark@『娛樂百分百』

しばらく前の話ですが、小豬と小鬼が司会を務める『娛樂百分百』に小天(阮經天)とMark(趙又廷)がゲスト出演していました。
 
“粉絲同樂會”だったので、スタジオのファンの方たちや司会の2人とのやりとりに大笑い。
小豬の司会が非常に上手いので、いつも楽しめる番組ではありますが、小天とMarkの仲の良さが伝わってくるようで、本当に楽しかったです。
 
 
冒頭は原聲帶のレコーディングの話。
初めての経験だった小天は、「Markがいなかったら、やれなかったかも」なんて。
レコーディングをしながら、これでいいのかな、と思ったら後ろにいるMarkを振り返ると、彼が頷いてくれて、それで先に進める、みたいな感じだったようですね。
 

 
 
後半、1人が椅子に固定されて、もう1人が意地悪な質問に答え、その答えにお客さんが納得しなければ椅子に縛られている方が罰ゲーム、なんてことをやっていて、こちらでも笑わせていただきました。
小天、小豬に酷い目に遭わされていましたね(^^ゞ。
 
小豬&小鬼vs.小天&Markで「台客演技比一比」をやっているのですが、台語はほとんどわからないMark。
彼らが言っていることがわからなくて、小天に説明してもらっているところ。
 

 
相手に触れることが多いんですよね、この2人。
身体の距離もかなり接近していることが多いですし。
普通は親密な関係の時に見られるボディ・ランゲージですね。
この仲の良さを見ていると、こちらも楽しくなります。
 
小天ファンがMarkの悪口を書き込んでいたなんてこともあったようですが、それについても小天がやんわりとたしなめていますし、良い関係みたいでホッとさせられます。
小天の方が少しだけお兄さんだからか、Markが小天に頼っているように見えることが多い気が……。 
 
 
番組中、ベルリン行きが決まって大喜びの豆導がレコーディングスタジオに乱入してきた時の映像も流されていて、『艋舺』という映画に関わった皆さんの興奮ぶりが改めて感じられたりもしました。

 
それにしても、この番組を見るたびにいつも思うことですが、小豬、凄過ぎ……(笑)。
彼の頭の回転の速さにはいつも感心させられます。
 
 
YouTubeにもアップされています。
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.1/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=Iv7u_sfuz1g&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.2/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=5XkHpwpKFkg&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.3/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=nHMQvVumWO4&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.4/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=Z6sucql_G9o&fmt=35
 
娛樂百分百 2010-03-22 pt.5/5 粉絲同樂會 阮經天 趙又廷
 http://www.youtube.com/watch?v=OKveTjzFets&fmt=35

鳳小岳@『艋舺』

小天(阮經天)とMark(趙又廷)に加え、映画『艋舺』で人気者になっている鳳小岳。
 
陳意涵(陳琳@『痞子英雄』)も、Markを「太棒了」と言いつつも、格好良いのは鳳小岳だとコメントしているような(笑)。
 

彼はお父さまがイギリス人なんですね。
英語名はRhydian Vaughan。
88年3月10日生まれだそうなので、もうすぐ22歳。
若い……(笑)。
 
映画は『神的孩子』『九降風』に続く3作品目。
他にはMV(楊丞琳の「過敏」など)にも出演しているのだそうです。
 
 
『艋舺』は勿論未見なので、映画の中の彼がどんな様子なのかはわかりませんが、とりあえずプロモーションのために出演していたいくつかの番組や、公式blogにアップされている映像などを見る限りでは、とても魅力的なのは確か。
特に笑顔が何とも魅力的。
今度は、笑顔をたくさん見ることができる作品にも出演して欲しいなぁ、なんて思います。
 

ギターもなかなかの腕前ですね。
メイキングを見ていると、豆導にも、太子幫のメンバーにも可愛がられているのが伝わってきますね。
 
 
「《艋舺》花絮:小岳再見」の中で、小天とkissしてますが、Mark&小天とは違って、小岳は特に躊躇わないんですね (^^ゞ。
なかなか堂々としたものです(笑)。
 
でも、ホントに笑顔がいいなぁ ^^ 。
見ているこちらまで笑顔になる、そんな笑顔の持ち主ですね。
彼もこれから先が楽しみな俳優さんです。
まずは早く『艋舺』を見たいです。
 
 
それにしても、台湾は若手俳優さんに楽しみな人が多いのがいいですね。
 
 
YouTube – 《艋舺》花絮:小岳再見
 http://www.youtube.com/watch?v=ZqKS8-USXqI&fmt=35
 *上の動画は音楽の版権問題で、27日現在、見ることができなくなっています。
  残念(^^ゞ

 公式blogに簡単な説明があります。
 《艋舺》花絮:小岳再見
  http://mongathemovie.pixnet.net/blog/post/4852306
 
 
YouTube – 艋舺原聲帶幕後秘辛-瘋狂吉他手鳳小岳
 http://www.youtube.com/watch?v=NGdMFq-jgHE&fmt=35

『艋舺』@ベルリン

ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に招待された『艋舺』。
豆導を初めとした一行がベルリン入りしています。
 
 
映画の公式blogでは写真入りでベルリンでの様子を伝えていますし、YouTubeには映像もアップされています。
みんながベルリン滞在を楽しんでいる様子が見て取れますね。
豆導も含めた太子幫のみんなは本当に仲が良さそうで、見ていてこちらも楽しくなります。
まさしく「兄弟」なんでしょうね。
 
 
艋舺柏林遠征隊紀實 1 @ 電影《艋舺》官方部落格
 http://mongathemovie.pixnet.net/blog/post/4750285
 
艋舺柏林遠征隊紀實 2 @ 電影《艋舺》官方部落格http://mongathemovie.pixnet.net/blog/post/4762028
 
 
YouTube – 電影《艋舺》在柏林 (1)  
 http://www.youtube.com/watch?v=AfGbbMWcSUg
 
YouTube – 電影《艋舺》在柏林 (2)
 http://www.youtube.com/watch?v=e0g4BZIf3Gw&feature=related
 
YouTube – 電影《艋舺》在柏林 (3)
 http://www.youtube.com/watch?v=7llnRjIwK3w&feature=related
 
 
ベルリン国際映画祭『艋舺』の紹介ページ
 http://www.berlinale.de/en/programm/berlinale_programm/datenblatt.php?film_id=20106058
*記者会見の模様を見ることができます。

『艋舺』電影原聲帶

公開以来、評判も良く、どうやら期待通りの大ヒットに繋がりそうな映画『艋舺』。
 
キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも、かなり大変な撮影だったようですから、それがきちんと評価されるのは嬉しいことだと思います。
既に盗版騒ぎも起こっていますが、それだけ人気のある作品だということでもあるのでしょうね。
 
電影《艋舺》官方部落格 :: 痞客邦 PIXNET ::
 http://mongathemovie.pixnet.net/blog
 
 
電影原聲帶もリリースされています。
 
阮經天とMark 趙又廷の歌う「Tonight Tonight」も勿論収録。
でも、個人的に一番聴き応えがあるのは草蜢の「愛情陷阱」。
跨年晚會で、太子幫のみんなが踊っていたあの曲ですね。
もともとは譚詠麟の大ヒット曲ですが、それを草蜢がカバー。
オリジナルの譚詠麟版よりアップテンポの曲になっていて、ノリが実にいい(笑)。
何でも80年代の台湾の舞廳(今ならクラブでしょうが、80年代だとディスコかな)で最も流行した曲の1つらしいです。
実に80年代らしい1曲という気がします。
有名な曲で、好きな曲の1つではありますが、草蜢のこのver.はオリジナルよりも気に入っています。
さすがは草蜢というところでしょうか。
 
 
KKBOXで試聴できるのですが、この曲以外は意外なほど静かなバラードが並びますね。
この辺り、豆導が強調していたように「黒社會」を舞台にしていても、中身は所謂 “ヤクザ映画” ではなく、青春映画だからなのかもしれませんね。
 
 
それにしても、何度聴いても良いです、「愛情陷阱」。
サビの部分が頭の中でぐるぐる回っています(笑)。
 
 
艋舺電影原聲帶 專輯介紹與完整曲目 – KKBOX
 http://tw.kkbox.com/album/1Z8ncNMNm2NH53D0FYf6008l-index.html
 
*試聴には無料の会員登録が必要です。
 
 
「Tonight Tonight」の方はMVが公開されていますが、YouTubeにも上がっていますね。
撮影の様子を『完娛』で見ましたが、あれがこうなるのね〜と感心しきり。
なかなか格好良いMVに仕上がっています。
小天とMarkはなかなかお似合いの名コンビだと思います。
 
YouTube – 阮經天 趙又廷 Tonight  Tonight MV 美妙完整首播版
 http://www.youtube.com/watch?v=SeeZ0OpZT5s&fmt=35
 
 
早くメディア化されないかな……。
 

阮經天&趙又廷「Tonight Tonight」

小天とMarkの歌う映画『艋舺』の主題歌「Tonight Tonight」が今夜、HitFMでオンエア。
 
Markは『痞子英雄』の「無賴正義」で歌声を披露していますが、小天は初めてだと思います。
映画がTrailerを見ていると、スピード感があって迫力充分な作品なので、この曲も「無賴正義」のようなアップテンポのRock調の曲かと思っていたら、リアルタイムでオンエアを聴いて、ちょっとビックリ(笑)。
 
とても優しい、シンプルなバラードでした。
2人の声の魅力もあって、シンプルですが味わいのある曲だという印象。
抑えた歌い方のためなのか、2人の声質がとてもよく似ている気がするのですが。
一生懸命聴いていましたが、2人の声の区別がつく部分とどっちだかわからない部分があります(汗)。
 
既にYouTubeにもアップされていますね。
 
YouTube – 阮經天 + 趙又廷: Tonight Tonight
 http://www.youtube.com/watch?v=a6He4NHyVOA&fmt=34
 
 
試写会での評判もかなり良かったようですし、『艋舺』は『海角七號』のように大ヒットに繋がるかもしれませんね。
Markの演技も高い評価を得ていたようですし、この作品での演技で金鐘獎を受賞するだけの何かがあることを再認識してもらえると嬉しいな、と思います。

太子幫@康熙來了

豆導(鈕承澤)の映画『艋舺』のキャストが揃って『康熙來了』に出演したというニュースが去年のクリスマス頃でしたかに出ていましたが、ようやく1月20日、オンエアされました。
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.1/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=WXEnpLj2wtM&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.2/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=rFzPZzkrVCo&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.3/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=MwwPZXw_nVE&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.4/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=-XW6NjwN4AA&fmt=35
 
YouTube – 康熙來了 2010-01-20 pt.5/5 明星那年的瘋狂歲月
 http://www.youtube.com/watch?v=WdohJ3Sge7M&fmt=35
 
 
跨年晚會のステージですっかり気に入った太子幫の仲の良さが伝わってきて、とても楽しかったです。
小天(阮經天)とMark(趙又廷)について、メディアがいろいろ言ったりしたこともありましたが、2人を見ていると本当に気が合って、仲がいいのだというのが伝わってきますね。
 
 
豆導はMarkのことも高く評価してくれていましたが、この際、豆導の四大弟子に加えてもらって、五大弟子に改めるなんてことにはなりませんか(笑)。
(豆導の四大弟子というのは、李威、小天、Eddie彭于晏、唐治平の4人を指します)。
 
豆導は、とても厳しい監督さんだと言われますが、彼の作品に出演した俳優さんたちは、これまでとは違う魅力を引き出してもらえていることが多い気がするんですよね。
小天についても、彼を初めて魅力的な俳優さんだと感じたのが『我在墾丁*天氣晴』でした。
この作品以前は、どのドラマを見ても、小綜と小美の友達で、明道とかぶるなぁ、というイメージのままだったのが、『我在墾丁*天氣晴』では惚れ惚れしていましたから(笑)。
これはやはり豆導の力だと思うんですよね。
Markについても、吳英雄とはまた違った顔を『艋舺』で豆導が引き出してくれているのだろうと期待してしまっています。
 
 
キャストも傷だらけになりながら撮影されたこの映画、春節にあわせて公開されることになっていますが、大ヒットに繋がって、高評価を得られるといいですね。
メディア化されるのが楽しみです。
 
 
続きを読む