胡歌@『週末不加班』

CCTVで放送されたTV版の『神話』を興味深く見ているところですが、そろそろ残すところ10話になって、物語は悲劇性を増してきています。
基本的に明るくて、幸せな結末で終わってくれる作品が好きな私ですが、胡歌の出演作の場合、ハッピーエンドはあまり期待できないのが残念。
それでも私にとっては彼の出演作には1つもハズレがないので、必ず見たくなるわけです。
 
古装劇でも、武侠ものではなく史劇は、どうしても物語が重たくなりがちで、実はあまり好きなジャンルではありません(汗)。
それでも出演者に釣られて『大漢天子』のシリーズなどは見てはいますが、好きかと言われるとやっぱり微妙……。
 
ですが、『神話』は悲劇的な要素が多くて、重たいドラマであるにもかかわらず、すっかりお気に入りの作品になっています。
タイムスリップもので、SF的な要素も入っているので、完全な史劇ではないということにも助けられているのでしょうが、ツッコミどころはたくさんあっても、それでもとにかくメインのストーリーの物語性が高く、お話自体が面白いんですよね。
 
胡歌の易小川は勿論ですが、とにかく蒙恬贔屓だったので、彼の死には思わず涙しました(^^ゞ。
史実からは大きく外れていますが、でも蒙恬にああいう最期を用意してくれたのは喜ぶべきなのでしょうね。
『神話』は、小川以外にも、蒙恬や項羽を初めとして魅力的な“男”がたくさん登場するのも見どころかも(笑)。
本当に、蒙恬には惚れ惚れしてました。
特に朝廷での貫録にはウットリするほど(笑)。
 
 
胡歌が出演している『古咖啡』が5月からの放送予定になっていますが、4月から胡歌はまたドラマの撮影に入るという話が聞こえてきています。
何でも今度もまた現代劇だという噂。
ファンの間ではその作品は『山楂樹之戀』ではないか、という話も飛び交っていますが、今のところ正式な発表もないようなので、何とも言えませんね。
いつものことですが、本当に胡歌は働き者ですよね。
次々に新しい作品を見せてもらえるのは嬉しいですが、身体は大丈夫かな、なんて心配になります。
 
 
さて、その胡歌に加え、霍建華、劉詩詩、唐嫣、林子聰といった『仙劍奇俠傳3』の出演者が番組のプロモーションのため江蘇衛視の番組『週末不加班』に出演していました。
番組出演時の写真は見ていたのですが、ようやく動いているのを見ることができました(笑)。
霍建華がすぐにいなくなってしまったのが残念。
でも、大陸の番組やインタビューでは、霍建華はいつもとても真面目な受け答えをしていることが多い気がしていたのですが、この番組では司会が阿雅だというのもあるのか、結構リラックスした表情を見ることができました。
 
胡歌の方はいつもの胡歌(笑)。
横から口を挟んだり、真面目な顔で冗談を言っていたり、いつも通りの開心果ぶりを見せてくれていました。
そんな中、一番の見どころかも、と思ったのがこの手の番組でよくある「演技大考驗」。
胡歌は阿雅を相手に“深情告白”をやってみせていますが、アドリブでよくここまで歯の浮くような台詞が出てくるなぁと感心(笑)。
でも、阿雅が「彼は本当にすご過ぎるわ」「なぜみんながこんなに彼のことを愛してるのか、今わかったわ」なんて言ってしまうほどのお見事さ。
阿雅じゃなくても、コロッといってしまいそうです(笑)。
 
やっぱり胡歌はいいですね!
 
 
YouTubeで見ることができます(ちなみに、胡歌の「演技大考驗」はpart4の最初の部分になります)。
以下のリンクでは一部番組がカットされているのですが、画質優先で。
YouTubeにはノーカットのものもアップされています。
 
YouTube – [清晰版]20100214 周末不加班-part1/5
http://www.youtube.com/watch?v=rscgj4yfZrU&fmt=35
 
YouTube – [清晰版]20100214 周末不加班-part2/5
http://www.youtube.com/watch?v=4F-1ksEpviQ&fmt=35
 
YouTube – [清晰版]20100214 周末不加班-part3/5
http://www.youtube.com/watch?v=12QOzyzQNbA&fmt=35
 
YouTube – [清晰版]20100214 周末不加班-part4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ArNp9OcG0Ks&fmt=35
 
YouTube – [清晰版]20100214 周末不加班-part5/5
http://www.youtube.com/watch?v=ihR85zn9FlM&fmt=35

広告

『夢幻誅仙』@百度娛樂訪

昨日、ようやく映像がアップされたので。
 
先日、『仙劍3』のキャストでもある胡歌や袁弘が『夢幻誅仙』プロモーションで百度娛樂訪にも登場。
胡歌と袁弘の「唐人二傻」が揃っているからか、かなり楽しい雰囲気。
冒頭の自己紹介から、2人の真ん中に挟まった唐嫣が真面目に名乗っているのに、両サイドのお二人さんはおふざけモード(笑)。
 

唐嫣「Hello, 大家好。唐嫣です」
ここで妙な間があって司会者さんに「次の方」と促され

胡歌「大家好。僕の隣にいるこちらが唐嫣です」
唐嫣「そうです。唐嫣です。…… 私の隣に座っているのは袁弘です。」
袁弘「大家好。僕の隣にいるのも唐嫣です」
唐嫣「大家好。私の右にいるのは胡歌。」
胡歌「大家好。唐嫣の左にいるのが袁弘です」

 
このやり取りの合間合間の胡歌の笑顔がとてもチャーミングで、実に “開心果” らしいです。
真ん中に挟まって、唐嫣も大変ですね(笑)。
ホントにこの2人で漫才でもやれば、充分笑いもとれそうです。
 

全部で50分前後ありそうなので、まだ一部しか見ていないのですが、勿論、真面目なところは2人とも真面目に話しています。
でもやっぱりこの2人、いつものノリで楽しそう(笑)。
敵対する役を演じていても、現場でもこんなノリなのでしょうか?
仲が良いんだなぁというのが伝わってきて、楽しいです。
 

胡歌も袁弘もどちらも好きですが、2人が揃っていると、2人とも、その魅力が一層引き立つような気がします。
外見的に正反対の雰囲気を醸し出していますよね、この2人。
袁弘も以前はもう少し線の細いところが感じられたのですが、何だかどんどん成熟した男っぽさや逞しさ、良い意味でのふてぶてしさを感じさせるようになってきている気がします。
一方の胡歌は、相変わらず線の細い優しげな風貌ですからね。
中身は胡歌も、とてもタフな人だと思いますが。
 

2人が別々に出演する作品もいいのですが、揃って同じドラマに出演してくれると、楽しみも倍増(笑)。
これからが楽しみなお2人さんです。
 

動画はこちらから。
細かく分割されていますが、以下からリンクを辿っていただければ、全て見ることができます。
時間帯によっては、かなり重くなることもありますが。
 
視頻:《夢幻誅仙》主創做客 胡歌唐嫣袁弘搞笑開場_百度娛樂
 http://yule.baidu.com/news/video/2009-10-23/171714242086.html
 
 
完全ではないですが、おおまかな内容を文字に起こしてあるものはこちらからリンクを辿ってください。
 
實錄:《夢幻誅仙》主創做客 胡歌唐嫣袁弘說愛(上)_百度娛樂
 http://yule.baidu.com/news/star/2009-10-21/171719241791.html
 
 
百度の『夢幻誅仙』特集ページはこちらから。
 
夢幻誅仙_百度娛樂
 http://yule.baidu.com/zt/movie/menghuanzhuxian/index.html#  

胡歌@『夢幻誅仙』北京發佈會

オンラインゲーム『夢幻誅仙』の記者発表が20日、北京で行われています。
 

胡歌、袁弘、劉詩詩ら、お馴染みのメンバーが勢揃い。
『仙劍3』同様、それぞれかなり個性的な役柄を演じているようです。
 

写真では様子を見ていましたが、ドラマ以外で久しぶりに見た気がする動く胡歌&袁弘(笑)。
 

胡歌はいつもの通りのご陽気さだったようですが、やっぱりまたちょっと痩せた気がしますね。
袁弘は迫力充分(笑)。
彼は見るたびにいい面構えになっていく気がします。
 

ところで、この『夢幻誅仙』、ドラマだという説もあれば、プロモーションビデオのようなものだとする説もあったりで、実際のところ、一体何なのでしょう?(笑)
唐人がドラマ化を検討しているとするニュースは以前に出ていたのですが、まだ正式に発表されていないのでしょうか?
せっかくなので、ドラマとして放送されるのを期待しますが。
 
 
現地メディアが盛大に報じていますので、一部だけですが。

*動画あり
網游大片《夢幻誅仙》 首播七分鐘精彩片花_TOM娛樂
 http://ent.tom.com/2009-10-21/000E/83500446.html
 

[視頻]《夢幻誅仙》主題曲胡歌現場版_網絡遊戲夢幻誅仙_新浪遊戲_新浪網
 http://games.sina.com.cn/o/z/mhzx/2009-10-21/1351352906.shtml
 

[視頻]《夢幻誅仙》主題曲胡歌現場版_網絡遊戲夢幻誅仙_新浪遊戲_新浪網
 http://games.sina.com.cn/o/z/mhzx/2009-10-21/1351352906.shtml
 

*写真はこちら(結構重いかも、です)
網游大片《夢幻誅仙》 首播七分鐘精彩片花 _幻燈_TOM.COM
 http://images.yule.tom.com/vw/159764-1.html
 
 
胡歌唐嫣拍新片再次聯手 坦言吊威亞很痛苦(圖片)-娛樂頻道圖庫-搜狐
 http://pic.yule.sohu.com/group-188213.shtml#m=r&g=188213
 

百度娛樂訪にも登場しているのですが、まだ動画が上がってこないんですよね。
アップされた後、また見に行かなければ……。

胡歌@『仙劍奇俠傳3』プロモーション

大陸では次々と放送が始まっています『仙劍3』。

それに合わせて、メインキャストの皆さんによるプロモーションもあちらこちらで行われています。

『神話』を撮影中で多忙な胡歌ですが、元気そうな顔を見ることができて一安心。

共演の楊冪によると、ちょっと痩せていたようで、その点はいつものこととは言え、ちょっと心配してみたりも……。

でも中身は相変わらずの開心果の胡歌だったみたいですね。

「楊冪の欠点は?」と訊ねられて、躊躇う様子もなく

美しすぎてスタッフを眠れなくする、台詞覚えがはやすぎて

僕の面目を丸潰れにする、ものすごく食べるのに太らない

なんて答えてみたり(笑)。

霍建華とも気が合ったようで、上海で彼が普段乗っているシルバーのビュイックを見かけるたびに彼を思い出して、ナンバープレートを確認しちゃうのだそうで。
2人が初めて会った時のことを話そうとして、“一見如故” を “一見鍾情” と言い間違って大慌てだったみたいですが(笑)。
“一見如故” は「初対面だけど、古くからの友人のように意気投合する」というような意味ですが、 “一見鍾情” は「一目惚れ」のことですから、そりゃ、大慌てしますね(笑)。
胡歌のリアクションは何となく目に浮かぶようですが、霍建華はどんな顔をしていたのでしょうね(笑)。

その胡歌ですが、そろそろ「アイドル」という扱いからの脱皮を図りたいようで、“古装偶像劇”は、この『仙劍3』が最後になるかもしれない、など書かれた記事もありました。
一瞬、古装劇そのものを嫌になっているのかと心配しましたが、問題なのは“偶像劇”の部分みたいですね。
史劇などは演じてみたいようですので、彼の古装を見ることができなくなるということではないようです。

『仙劍3』のDVDも張棟樑のCDと一緒に到着しているので、ちらちらと見ているのですが、景天は李逍遙以上にご陽気なキャラですね(笑)。
でもきっと逍遙の時のように、お話が進むにつれて他の表情を見せてくれるでしょうから、とても楽しみです。
まとめて見る時間がないので、少しずつでも見ていきたいんですが、どうなるでしょう……。

ニュースなどは多すぎて大変なので、インタビューなどの動画のあるものを中心に、いくつかリンクを貼っておきます。

百度娛樂訪は長さは充分(全部で1時間くらいありそうですね)、実録を読んでみると、内容もなかなか面白そうですし、胡歌の生き生きとした表情も楽しいです。
が、やっぱり遅いのでオンラインで見る気にはならず、いつものようにDLしてからということで……(溜息)。

ニュース映像を見ていると、霍建華もとても落ち着いた風格を漂わせていて素敵ですね。
彼にはどうも未だに『西街少年』のイメージがありまして(汗)。

 
 

視頻:大成網專訪《仙3》 胡歌楊冪現場搞怪 _蓉城星事_大成網_騰訊網
 http://cd.qq.com/a/20090712/000462_1.htm

 
 

視頻:胡歌做客百度變主播 與仙劍之父訴說劍俠奇緣_百度娛樂
 http://yule.baidu.com/star/2009-07-03/135530229273.html
 

上の内容を文字に起こしたものがこちら
實錄:胡歌做客百度 自曝上貼吧只潛水怕粉絲不認_百度娛樂
 http://yule.baidu.com/star/2009-07-01/200910229053.html
 
 

こちらは短いニュース映像です。
浙江經視 官方網站–《仙劍奇俠3》劇組坐客經視 7月15日全國首映
 http://www.cztv-3.com/News_detail.aspx?15701