現在の iPhone ホーム画面

『蘭陵王』について、続きを書こう書こうと思いつつ、いつの間にか時間が経って、その元気がなくなってきつつあったり。

恒例(?)の「今年のヘヴィロテ」も年内にはアップしたいな、とは思ってはいますが、今はまだそこまで年末気分でもないし。

ということで、中華圏とはあまり関係のないiPhoneネタを(笑)。

 

晴れてiPhone 5sユーザーになって3ヶ月近く。

もともとiPadは使っていたので、特に戸惑うこともなく、とはいえ、私の場合 持ち歩くことのないiPadと、持ち歩くことを前提としたiPhoneでは使い方に違いも出てくるもので、いろいろと試行錯誤を楽しんでいるところ(^^)

ネットにアップされているいろいろな方々のホーム画面を拝見するのも楽しみのひとつ。

自分のための覚書も兼ねて、現時点でのホーム画面の様子をまとめてみました。

 

続きを読む

検索結果を比較してみると…

久しぶりにblog更新(笑)。
前回の更新からこんなに間が空いたのは初めてかも…。
 
 
近況ですが、ドラマの方は『PS男』の後番組、『鐘無艷』を楽しんで見ています。
それから潘瑋柏、林祐威、張榕容(映画『渺渺』)が出演しているドラマ『愛∞無限』も気になります。
勿論、『泡沫之夏』も最後まで見る予定。
 
加えて、林峯の出演する香港ドラマや、大陸の古装劇やら、見たい作品をピックアップするときりがないくらいで、どう考えても時間が足りない状態です(汗)。
blogが放置状態になっているのは、見たいドラマが沢山ありすぎて時間がとれない…のではなく、ついついtwitterで呟いて満足してしまっているからですが…。
 
ちなみに、Twitterのログはこちらからご覧いただけます。
 Twilog http://twilog.org/ririyeye/nomen
 
 
 
ドラマや映画、あるいは藝人さんたちの情報を得ようとする時、お世話になるのが検索サイト。
Googleがリアルタイム検索の専用ページを起ち上げたり、Topsyも定着しつつあるようですし、若干変化し始めてるのかな。
 
Google リアルタイム検索
http://www.google.co.jp/realtime
 
Topsy – A search engine powered by tweets
http://topsy.com/
 
 
私は検索はいつもGoogleで。
どのブラウザでもコンテキストメニューから検索サイトにアクセスできるようにしてあるのですが、登録してあるサイトも多いです。
 
普段は “google.co.jp” を使うことが多いですが、中華圏に関する検索なら必ず “google.com.tw” で。
大陸のことなら百度ですね。
あとは、念のために “google.com.hk” に、Yahoo!奇摩とYahoo! Hong Kong も(笑)。
 
知人に、どれで検索しても結果って同じじゃないの?と質問されたのですが、違うんですよね。
 
 
試しにやってみた検索結果を並べてみたら、なかなか面白かったのですが、画像で長くなってしまったので、以下は折り畳んでおきます。
 
 
続きを読む

愛用のtwitterクライアント─ Nambu

Mac用のtwitterのクライアントソフトを転々としても、なぜか最終的にここに戻ってきてしまうNambu。
 
やや不安定な時があったり、実装して欲しい機能もあったりするのですが、それでも私にとっては手に馴染むクライアントです。
翻訳機能も便利ですし。
自動翻訳ですから、限界はありますが、それでも助かっています。
 
 
Macユーザーの方でtwitterのクライアントをお探しの方には、候補のひとつとなると思います。
ただ、まだまだ安定性に欠けるのが大きな難点ではあります。
 
また、以前はあったprofileの表示機能が無くなってしまったので、フォローしている人やフォロワーさんを確認することができません。
こちらがフォローしていなくても、先にMentionでメッセージをいただければ、Nambuからフォローができますが、フォローだけしていただいた方をフォローバックする場合には、webからなり他のクライアントからアクセスする必要があります。

profileは是非、また実装して欲しい機能の1つです。
 
 
 
 

クリックで拡大します

 
Nambuのウィンドウはこんな感じ(ウィンドウのサイズは自由に変更可能です)。
  
マルチアカウントに対応。
画面左側にアカウントごとのHome(TL)、Mentions、List、DMなどが表示されます。
 
 
The Nambu Network | Twitter for OS X
 http://www.nambu.com/
 
 
 
細かい表示や設定は以下に。
 
画像が多く、長くなってしまいますので、折り畳んでおきます。
 
 
 
続きを読む

我關注的人@新浪微博

大陸版のtwitter、新浪微博。
 
最初の頃は、大陸の俳優さんたちばかりだったのが、香港勢が積極的に利用し始め、ここへ来て台湾の皆さんも一気に流れ込んできたため、私が關注(フォロー)している人も100人を超える状態に(^^ゞ。
ちょっと油断すると、TLが大変なことになりますし、台湾や香港の人は、 Facebookも併用していることも多くて、流し読みするだけでも大忙し。
でも明星さん同士、普通にやりとりしていることも多くて、それぞれの素顔が垣間見えて楽しいです。
 
twitterもですが、頻繁につぶやく人、頻繁にお返事する人もいらっしゃれば、アカウントを作ったきりほとんど使われていない方も(^^ゞ。
100人以上フォローしていて、全員がこまめにつぶやいてくれると、私もTLを追うのが一層大変になるので、現状で充分ですが…。
 
 
また、時間帯にもよりますが、重いのがネック。
今はwebではなく、FirefoxかGoogle Chromeでアドオンを使って読んでいます。
 
 
Adobe Air上で動くクライアントも。
いくつか種類があるのですが、人気のあるのはWing微博なのかな。
 
wing_新浪微博客户端_基于AIR_兼容Mac_Linux_Windows系统
 http://wing.uedsite.com/
 
 
ついでに、私がフォローしている人の一部をご参考までにご紹介。
 
アカウントも、以前に比べると作りやすくなっているような気もします。
日本をはじめとした中国以外の方のアクセスも多くなっているんでしょうね。
 
 

以下、少し長くなるので、折り畳んでおくことにします。
 
 
 
続きを読む

Macに必ずインストールするアプリケーション

Macネタですが。
自分のための覚え書きも兼ねて、Macに必ずインストールするソフトのまとめ。
 
無料で使えるものと、そうでないものが混ざっています。
 
 
 
▽ユーティリティ関係 
 
Backup
(mobile me で無償提供)
その名の通り、バックアップソフト。
Time Machineも勿論利用していますが、こちらも愛用。
 
 
Quicksilver:ランチャー&その他もろもろ
アプリケーションを起動するのは殆どQuicksilverから。
Spotlightもこちらから利用しています。
他には、計算とか、文字の確認とか、辞書で言葉の意味を調べたり、iCalに予定を送ったり。
何度か他のランチャーに乗り換えようとしたのですが、結局ここに戻ってきてしまいます。
 
Downloads for tiennou’s blacktree-alchemy – GitHub
 http://github.com/tiennou/blacktree-alchemy/downloads
 
 
ClamXav:アンチウィルスソフト
 http://www.clamxav.com/
 
 
Growl:notification
これは何と言えばいいんでしょう、お知らせソフト?(笑)
Growlに対応している他のアプリケーションからの情報をフローティングウィンドウでお知らせしてくれるものです。
これが無いと、どうも変な感じなので、必ずインストールしています。
 http://growl.info/
 
 
Little Snitch:ネットワーク接続を監視
 http://www.obdev.at/products/littlesnitch/index.html
 
 
MainMenu:メンテナンスソフト
アクセス権の修復とか、基本的なメンテナンスがメニューバーから簡単に行えるのが魅力。
起ち上げているソフトの強制終了なども。
 http://creativebe.com/mainmenu/ 
 
 
1Password
:パスワード及びシリアルナンバー管理
このデータに万が一のことがあると、どこにもアクセスできなくなりそう(^^ゞ。
 http://agilewebsolutions.com/products/1Password

 
ClipMenu:クリップボードの管理
クリップボード履歴を最大50個まで保存、それを簡単にペーストできます。
とにかく無いと困るソフト(笑)。
クリップボード履歴を管理できるソフトは他にもいくつかありますが、ここしばらくはずっとClipMenuに落ち着いています。
 http://www.clipmenu.com/ja/
 
 
coconutBattery:バッテリーの状態を確認するために。
 http://www.coconut-flavour.com/coconutbattery/

 
WhatSize:HDDやフォルダ、ファイルなどのサイズ表示。
 http://www.id-design.com/index.php
 
 
Speed Download:ダウンローダー
 http://www.yazsoft.com/

 
The Unarchiver:解凍ソフト
 http://wakaba.c3.cx/s/apps/unarchiver.html

 
MacZip4Win:zip圧縮ソフト
Winユーザーさんにzipファイルを渡す時に文字化けなどのトラブルを防ぐことができるので。
ただ、現在、作者さんのサイトがなくなってしまっています。
代わりのソフトとしては、MacWinZipperかCleanArchiverあたりでしょうか。
 
MacWinZipper
 http://www.tida.bz/macwinzipper
 
Sopht Square – CleanArchiver
 http://www.sopht.jp/cleanarchiver/
 
 
AppZapper
:アンインストールソフト
ソフトを設定ファイルなどと一緒にアンインストールしてくれます。
これはシェアウェアですが、同じような機能を持ったフリーウェアもあります。
 http://www.appzapper.com/
 
 
Choosy

メーラーなどでURLをクリックした際、どのブラウザで開くかを選択できるソフト。
 http://www.choosyosx.com/
 
 
iScrobbler:iPodで聴いた曲のデータをLast.fmに送るソフト
 http://www.lastfm.jp/group/iScrobbler/forum/35555/_/134630
 
 
 
▽録音ソフト 
 
WireTap Studio

 http://www.ambrosiasw.com/utilities/wiretap/

Audio Hijack Pro
 http://www.rogueamoeba.com/audiohijackpro/
 
 
どちらもMac上に流れる音を録音することができます。
WireTap Studioは、録音した音楽データの編集が簡単に行えるのが気に入っています。

 
 
▽ワープロ・エディタ 
  
egword Universal
今はもう手に入れることができませんが、もうずっと使い続けている愛用のワープロソフト。
直感的な操作で、綺麗な文書が作れるのが魅力。
Snow Leopardでも問題なく動作してくれています。
 
 
egwordを起ち上げるほどじゃない時には、シンプルなテキストエディタを利用しているのですが、これがあちこち浮気ばかりで、1つに決められずにいます(^^ゞ。 
最も使用頻度が高いのがCotEditorです。
 
CotEditor
 http://www.aynimac.com/p_blog/files/article.php?id=41
 
mi
 http://mimikaki.net/
 
VoodooPad Lite
 http://flyingmeat.com/voodoopad/voodoopadlite.html
 
iText Express:縦書きもできます
 http://homepage.mac.com/lightway/download/

 
次の2つはフルスクリーン表示されるエディター。
文章を打つことだけに集中しやすい気がします。
 
WriteRoom
 http://www.hogbaysoftware.com/products/writeroom
 
Ommwriter:静かなBGMまで流れます。
 http://www.ommwriter.com/
 
 
 
▽Twitter
 
こちらは以前のエントリーにも書きましたが、定番はNambu。
Nambu
 http://www.nambu.com/

 
 
▽RSSリーダー 
 
NetNewsWire
他のソフトもいくつか試したのですが、結局、ここに落ち着きました。
 http://www.newsgator.com/individuals/netnewswire/
 
 
 
▽画像関係 
 
Adobe Photoshop
 
 
それからキャプチャーを撮るソフト。
実はこれもたくさんインストールされていまして、1つに絞り切れなくて(^^ゞ。
撮ったキャプを編集したい時はVoilaを使うことも多いですが、普段はSimpleCapを使用。
 
SimpleCap
 http://xcatsan.com/simplecap/
 
Snapz Pro X

 http://www.ambrosiasw.com/utilities/snapzprox/
 
Voila

  http://www.globaldelight.com/voila/voila_overview.html
 
Skitch

 http://skitch.com/
 
LittleSnapper

 http://www.realmacsoftware.com/littlesnapper/
 
 
 
▽動画関係
 
Flip4Mac:Windows Media ファイルをQuickTimeで再生
 http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/player/wmcomponents.mspx
 
Perian
:AVI, DIVX, FLV, MKVなどがQuickTimeで再生できるようになります
 http://perian.org/
 
Microsoft Silverlight
 http://www.microsoft.com/japan/silverlight/
 
 
以下はプレイヤーソフト。
動画は基本的に以下の2つのどちらかのソフトで見ています。
 
Movist

 http://code.google.com/p/movist/
 
MPlayer OSX Extended
 http://mplayerosx.sttz.ch/
 
本家(?)のMPlayerはこちら。
 http://www.mplayerhq.hu/design7/dload.html
 *Binary Codec Packagesをインストールすることで、Real形式の動画も視聴できるようになります。
 
 
 
▽Mail.app関係
 
Mailのpluginとして、LetterboxとHeraldをインストールしています。
 
Letterbox
:Mailのウィンドウを横3列のカラム表示にしてくれるもの。
 http://harnly.net/software/letterbox/
 
Herald
:新着メールをフローティングウィンドウで表示。
ウィンドウ上で、メールを削除することも可能。
ずっと同様の機能を持つMail.appetizerを使っていたのですが、SnowLeopard対応版が出るのが待てなくてHeraldに。
 http://erikhinterbichler.com/software/herald/
 
*Mail.appetizerもSnow Leopardに対応済み。 
Bronson Beta – Mail.appetizer
 http://www.bronsonbeta.com/mailappetizer/
 
 
 
▽QuickLook
 
もはやこれがないと著しく不便に思えるだろうと思うほど、お世話になっているQuickLook。
プラグインをインストールすることでプレビューできるファイルも増えます。
 
公開されているプラグインについては、以下のサイトなどが参考になるかと。
 
QuickLook Plugins List
 http://www.quicklookplugins.com/
 
 
 
 
他にもSafariやChromeなどのブラウザに必ずインストールする拡張やプラグインもありますが、とりあえずはここまで。
 
 
いろいろと試してみるのはいいのですが、あまり使わないアプリケーションなど、一度整理しないといけないと思いつつ、放置したままになってしまっています (^^ゞ。

twitterをブラウザからもっと便利に使うには

先日来、twitterのRT(リツイート)について、いろいろな意見が飛び交ったりもしましたが、@(Mentions)とRTの使い分けについては決まったルールがあるわけではないので、迷うところがあります。
 
 
違いはというと……、
RT(公式RT、非公式RT)は、自分をフォローしてくださっている方全てのTL(タイムライン)にその内容が表示されます。
 
RT(リツイート)には公式RTと非公式RTがありますが、公式の場合には元のつぶやきがそのまま再度POSTされ、新たに何かを付け加えることはできま せん。
非公式の方は、元のつぶやきの前に、自分の発言を付け加えることができます。
 
 
@(Mentions)の方はというと、例えば私(@ririyeye)が @A さん宛につぶやいたとします。
 
その際、冒頭に「@A(半角スペース)」と入力した上でつぶやくと、その発言は私(@ririyeye)及び@AさんのTLに加えて、私と@Aさんの両方をフォローしてくださっている方のTLにのみ表示されます。
ただし、私のtwitterのページにアクセスすると、誰でもそのつぶやきを読むことができます。
ですので、他の人には読まれたくない場合は、お互いにフォローし合っていることが条件になりますが、DM(ダイレクトメッセージ)を利用する方がいいですね。
一方、つぶやきの途中で「@A(半角スペース)」を入力すると、フォロワーさん全てのTLに表示されます。
 
 
簡単に言うとこんな仕様になっているので、私自身はつぶやきへの返信には@(Mentions)を、そしてツイートの内容をそのものをフォロワーの皆さんにも紹介したい時にはRT(リツイート)を使うようにしています。
 
 
 
非公式RT(リツイート)を返信に使うことについて、今回も意見が交わされていたのですが、RT(リツイート)だと、そのやりとりが全てのフォロワーさんのTLに表示されてしまいます。
それが非常に頻繁に繰り返されると、TLがよくわからない内輪のやりとりに埋め尽くされてしまって、自分の興味のあるつぶやきが埋もれてしまうことにもなりかねないので、基本的に返信や自分たちの間でのやりとりは@(Mentions)を使う方がいいかな、と私自身は思っています。
また、何度もRT(リツイート)されると、140文字の制限を超えてしまいますので、つぶやきの内容を一部削除したりせざるを得なくなります。
それによって、本来のツイートの意図したものと印象が違ってきてしまう可能性も出てきてしまうのも気になります。
 
 
ただ、@(Mentions)だと、どのつぶやきを受けての返信なのか、webからアクセスしているとそれが分かりにくいんですよね。
その点、非公式RT(リツイート)は元のつぶやきも一緒に表示されるので、これを返信に使われる方にはその点が便利に思われるところかなと思います。
 
 
ちなみに、ブラウザからでも、一手間かかりますが、一応、その返信がどの発言に向けてのものかは確認できます。
 
そのつぶやきの下の部分、日付などが表示されている部分の「○○宛」というところをクリック


 
すると、元のつぶやきが表示されます。
 

 

 
が、はっきり言って面倒くさい(汗)。
クライアントソフトを使えば、@(Mentions)もやりとりを会話風に表示できるものが多いので、わかりやすいのに。
 
基本的にとても横着者の私(^^ゞ、ブラウザからアクセスする場合にも、もう少し読みやすくしたい!ということで、滅多にブラウザからtwitterにアクセスすることもないにも関わらず、インストールしてお世話になっているのがPBTweet+。
 
PBTweet+
 http://twitter.trauma2u.com/pbtweet/
 
*もとはpbtweetという名前で開発されていたものですが、開発が停止され、その後、有志の方に引き継がれたのがPBTweet+になります。
 
pbtweet – twitter拡張スクリプト –
 http://web.me.com/t_trace/pbtweet_ja.html
 
 
この拡張をインストールすると、返信は以下のように上下に一緒に表示されるので、やりとりの流れが一目でわかります。
 

 
 
 
他にも、PBTweet+には翻訳機能もあり、外国語のつぶやきを日本語に翻訳することも可能です。
 
PBTweet+の設定画面  

 
 
 
各ツイートの下にカーソルを持っていくと、こんなふうにメニューが表示されます。
 

 
「JA」は日本語への翻訳
「Retweet」は公式RT(リツイート)
「RT」は非公式RT(リツイート)
「Via」はRTと同じ引用なのですが、表示形式が「つぶやき (via @ユーザー名)」に
「DM」はDM(ダイレクトメッセージ)
「Reply」は返信
「Reply All」はそのつぶやきに登場する全てのユーザーさん宛に返信する場合に
 
 
デフォルトなら「返信」と「リツイート(この場合は公式RT)」しか使えないのと比べると、格段に便利になりますね。
 
 
他にも、Replyなどがあれば通知されたり、URLの短縮機能もありますし、画像のプレビューも表示されたり、とにかく機能は盛り沢山。
ブラウザからtwitterをご利用なら、インストールしておくとtwitterが格段に使いやすくなると思います。
 
 
Chrome、Firefox(要Greasemonkey)、Operaに対応。
またブックマークレットもありますので、余計な拡張をインストールしたくない場合は、こちらを使われるといいかも。
私は、ChromeとFirefoxでは拡張を、Safariではブックマークレットを使っています。

AdobeAirもあるのかな。
 

詳細はPBTweet+のサイトへどうぞ。
詳しい使い方を紹介したblogなどへのリンクもあります。