Contact&Message

それぞれの記事につけにくいコメント、ちょっとしたご連絡や情報提供など、何でも大歓迎です。
 
どうぞお気軽にご利用ください。
 
 
*管理人へのcontact、もしくは非公開でのメッセージにはこちらのMailFormをご利用いただくか、または、以下のメールアドレス宛てにメールをいただければと思います。
 
yiqier.club★gmail.com
 *ご使用のメールソフトが起ち上がります。
 (送信いただく前に、「★」記号を必ず「@(半角)」に置き換えて下さい。)
 
パスワードのご請求も、こちらからお願い致します。
 
どうぞお気軽にご利用ください。
 
☆最近は、twitterの方で何かを呟いていることが多いかもしれません。
 よろしければ、twitterでも お気軽にお声をおかけください。
 http://twitter.com/ririyeye
 
 twitterの過去ログ
 小穂(@ririyeye) – Twilog http://twilog.org/ririyeye
 
 
☆SkWebChat☆
こちらのblogではjava scriptが使用できないため、お手数ですが以下のリンクからアクセスしていただけますよう、お願い致します。
http://bit.ly/18KaNA
 

Contact&Message」への18件のフィードバック

  1. こんばんは!

    中国版「花より男子」が8月8日より放送開始されるらしいです。
    タイトルはいろいろもめてたみたいですが・・・汗
    「一起来看流星雨」となり、略して「流星雨」だそうです(笑)

    主題歌&挿入歌を下記ページで聞けます♪
    http://ent.163.com/09/0727/15/5F851K6800033I5F.html

    中国版F4を是非見に行ってみて下さい~、微妙に突っ込みどころ満載です(笑)
    でも、見慣れてくるとハマリそうな予感もします(笑)

    • ちろさん、こんばんは!
      情報ありがとうございます。

      いつの間にか、そんなところまでちゃんと進んでたんですね、中国版の「花より男子」……。

      >「一起来看流星雨」となり、略して「流星雨」だそうです(笑)
      すごいですね〜(笑)。
      やっぱり『流星花園』の影響からは逃れられないのでしょうね。

      主題歌&挿入歌、見てきました!
      確かに、突っ込みどころも満載な感じですね(笑)。
      でも、想像していたよりもずっと青春ドラマっぽい雰囲気もあって、それはそれでOKかも……と思ったりもしました。

      結局のところ、私の中では台湾版が一番なので、日本版や韓国版と同じように台湾版を超えることはないでしょうが、でもそれぞれのver.でそれぞれの良さがあって、楽しいものですよね。
      大陸版も、やっぱり見てみたい気がしますね。

  2. こんばんは~^^
    こちらこそ、いつもいろいろとお世話になってばかりで・・・(^^ゞ
    ありがとうございます!

    >いつの間にか、そんなところまでちゃんと進んでたんですね、中国版の「花より男子」……。

    私もびっくりしました(笑) しかもF4で歌番組にも出ているようですよ!
    着々と進んでいるようです(笑)

    >確かに、突っ込みどころも満載な感じですね(笑)。

    突っ込みどころ満載ですよね?(笑)
    いろいろな意味で見ごたえがありそうで(笑)、楽しみです!

    >でも、想像していたよりもずっと青春ドラマっぽい雰囲気もあって、それはそれでOKかも……と思ったりもしました。

    ですよね!
    青春ドラマっぽくちゃんと仕上がっていますよね!
    大陸ドラマではこういった「青春ドラマ」は少ないですよね?台湾ドラマに押されてしまって・・・
    そういう意味でも、期待大ですよね♪

    >結局のところ、私の中では台湾版が一番なので、日本版や韓国版と同じように台湾版を超えることはないでしょうが

    私も同じです!私の中での一番はきっと永遠に台湾版です♪
    韓国版も日本版もそれぞれ良いところあるのですが、ドラマのストーリーが一番面白いのは「台湾版」だと思うんです!私にとっては・・・

    • ちろさん、こちらにもありがとうございます。

      こちらこそいつも話に付き合っていただいて、感謝しております。

      >しかもF4で歌番組にも出ているようですよ!
      歌番組ですか?! (゚〇゚;)
      そんなに着実に進んでいるんですね、この話。
      いつの間に……(笑)。

      かなり突っ込みどころがありそうで、それも楽しみといえばそうですよね〜(笑)。
      大陸のドラマって、わりと重々しいというか、真面目な雰囲気のものが多くて、良い意味での軽さのある、明るい作品は少ない気がするのですが、この作品はそれっぽい雰囲気が感じられましたね。
      青春ドラマらしい若々しさや明るさって、大陸のドラマではあまり期待できなかったので、正直、意外な感じさえしました。

      F4の悪逆非道(笑)ぶりとか、大陸のドラマとしては問題ないのでしょうか?
      小天の『敗犬女王』が、女性の方が8歳年上という恋愛ドラマは子どもたちに悪影響を与える、という理由で大陸での放送が認められなかった、なんていうニュースを先日見たのですが、『流星花園』も大陸で放送できなかったりしましたよね。
      ストーリーが大きく変えられる部分が出てくるかもしれませんね。
      そのあたりも気になるところだったりします。

      >私の中での一番はきっと永遠に台湾版です♪
      ですね、やっぱり。
      それぞれの作品にそれぞれの良さがあるのですが、でもやっぱり私にとっても台湾版が一番楽しめる作品なのは間違いないです。
      何度も見ているのも台湾版だけですし(笑)。
      やっぱり “F4” と聞いたときに頭に最初に浮かぶのは言承旭に仔仔に孝天にVannessの4人ですからね。

      今、こちらではお昼前に地上波で韓国版が放送されているのですが、吹き替えなので違和感あり過ぎです(笑)。
      しかも韓国版を見ると、『流星花園』が見たくなるんですよね、いつも ^^; 。

  3. こんにちはー!
    昨日、胡歌の誕生日でしたね♪生日快樂~~~!

    最近、情報を探せていないのですが(汗)、久々にニュースを検索したら・・・
    新しいドラマ《梦幻诛仙》を撮影しているんですね!
    今回もオンラインゲームのドラマ化のようです。
    オンラインゲームといえば胡歌なのでしょうか(笑)?
    http://ent.cctv.com/20090915/103726.shtml

    まだ《神话》も放送されていないというのに、早いです~。(+_+)
    休む間もなく次々こなしているで、ちょっと心配になってしまいますよね・・・

    • ちろさん、こんにちは!
      お返事が遅くてすいません。

      そうですね、胡歌のお誕生日でしたよね。
      9月は誕生日が多くて、混乱しがちなのですが(汗)……。
      生日快樂! 胡歌!ですね。
      かなり忙しそうですが、充実した毎日なんでしょうね、きっと。
      身体を壊さないかどうかだけが、心配なのはいつものことですが。
      でも、身体が資本ですから、無理だけはしないで欲しいですね。

      新しいドラマ、そうなんですよね、またオンラインゲームの映像化作品なんですね。
      唐人は好きですね、オンラインゲーム(笑)。
      最初、袁弘がブログに写真をアップしているのを見て、新しいドラマを撮るのね〜、何だか派手ね〜、なんて思っていたのですが(笑)、胡歌も負けてませんね。
      劉詩詩といつものメンバーが揃っていますが、どんな作品になるのか楽しみですね。

      胡歌が演じるのは李逍遙と似たタイプのキャラクターだとか?
      彼は基本的に明るい役が似合いますが、李逍遙とは違うタイプも見てみたいです。
      ついでに言うと、オンラインゲームが原案のファンタジー色の強い古装じゃなく、ごく普通の古装劇が見たいですね。
      武侠ものがいいな、やっぱり(武侠もの好きなもので)。

      でも、胡歌だけじゃなく袁弘も詩詩ちゃんも、本当によく働きますね……。

  4. こんばんは!^^

    胡歌の『神話』のDVDが発売になってますね♪

    http://www.yesasia.com/global/the-myth-2009-dvd-end-china-version/1021976824-0-0-0-ja/info.html

    今週、一気に26話までみました(笑)。おかげさまで睡眠不足です(爆)
    最初の方はちょっと高岚(この漢字であってましたっけ?汗)との
    やりとりがギャーギャー耳について、胡歌が出てなかったら見なかったなと・・・(笑)。

    ・・・でも!
    どんどんお話が進むにつれて、お話の内容が、ただ単におちゃらけた話だけでなく、なかなか重く考えさせられるところもあり・・・と
    思いっきりハマりました(笑)。

    正直言葉も難しく、勢い(笑)だけでドラマの内容を理解するのは
    なかなか難しいのですが・・・
    でも、「辞書で調べながらでも自分で理解したい!」って思える作品ですね♪
    ただ、胡歌の心移りっぷりには、女の目からは・・・(笑)。

    • ちろさん、こんばんは!

      DVD、出てますね〜。
      ですが、twitterでも呟きましたが、簡体字より繁体字!(笑)の私はUS版のリリースまで待ちということで。
      簡体字は文字によっては、頭の中で一度変換しないといけなかったりして、すんなり入ってきてくれないことがあるんですよね(汗)。

      >今週、一気に26話までみました(笑)。
      うらやましいです〜(TT)。
      私はまだまだ……。
      亀の歩みで、のろのろと進んでおります。
      というか、止まってることが多いかも(汗)。

      最初の方は結構にぎやかな展開ですよね。
      コメディの要素も充分ですし。
      きっとだんだん小川も変わっていくんだろうな、と楽しみにしていますが。

      >思いっきりハマりました(笑)。
      おぉ!(笑)
      それは私も一層楽しみになってきます。
      今のところ、胡歌が出ているという理由で充分楽しんで見ていますが、ストーリーの重々しさも増してくれば、きっとドラマとしても楽しめるでしょうね。
      お気に入りの俳優さんを目当てに見るのは楽しいですが、できれば物語そのものを楽しめるほうがいいですもんね。
      私も早く続きが見たいです。
      50話までの道のりは、まだまだ果てしなく遠いです(涙)。

      古装劇は言い回しなども少し違いますし、歴史的な知識も必要だったりで、外国人が充分に理解するのって難しいところがありますね。
      中国史なんて、もうすっかり記憶の彼方ですし(大汗)。

      >「辞書で調べながらでも自分で理解したい!」って思える作品ですね♪
      普通に語学を勉強するより、自分で理解したいと思えるドラマや映画、或いは音楽に出会えるのがモチベーションも上がりますし、楽しく勉強にもなりますし、良いですよね。

      >ただ、胡歌の心移りっぷりには、女の目からは・・・(笑)。
      そうなのですね、小川ってば(笑)。
      胡歌って、これまではわりと一途な役が多かったので、ちょっと不思議というか面白い気もしますが(笑)。
      でも、その移り気な胡歌も含めて、見るのが本当に楽しみです。
      来月になると、少し余裕ができると思うので、その頃に頑張って一気見したいところです。

  5. こんばんは!

    >簡体字は文字によっては、頭の中で一度変換しないといけなかったりして、すんなり入ってきてくれないことがあるんですよね(汗)。

    そうでした!小穂さんは繁体字派なんですよね!^^
    私は簡体字派(笑)なので、簡体字の方が読みやすいんです。

    >でも、その移り気な胡歌も含めて、見るのが本当に楽しみです。

    プレーボーイと言うわけではなく、なんと言えばいいんでしょう・・・
    心の切り替えが早いというか・・・(笑)
    いつもの一途な胡歌も見られますよ♪

    twitterといえば・・・
    胡歌は本当にしょっちゅうつぶやいてくれてますね♪
    いやぁ~、まめですね(笑)

    • ちろさん、こんばんは!

      >小穂さんは繁体字派なんですよね!^^
      完全に繁体字派です(笑)。
      ちろさんもですが、きちんと中国語を学ばれた方には簡体字の方を好まれる方が多いですよね。
      私はその点、とてもいい加減なので(汗)。
      もともと香港から入ったので、それも大きいかもしれませんね。
      今はこれでもまだマシになったほうで、初めの頃は、簡体字を見るたびに頭の中にクエスチョンマークが飛び交っていました(笑)。

      小川くん(笑)、
      >心の切り替えが早いというか・・・(笑)
      なるほど〜。
      好きになった相手が悪いですもんね、彼。

      >いつもの一途な胡歌も見られますよ♪
      そうこなくては!(笑)。
      やっぱり胡歌は一途な役が似合いますよね。

      胡歌の呟き、かなりマメですよね(笑)。
      彼らしさが充分に感じられる “呟き” も多いですが、ちょっと意外な気がするものもありますね。
      twitterも新浪微博も、他にも類似のサービスがいくつもありますが、いずれも他のどんなメディアを介するよりも発言者を身近に感じさせてくれる気がして、そこが最大の魅力かなという気がしています。
      ですので、マメに呟いてくれる人がやっぱり嬉しいですね。
      マメさではVanNessと双璧かも(笑)。

  6. 祝春節快楽!

    「神話」観始めたら止らないですよね~ ←つぶやきを拝見させて頂きました(笑)^^
    私もかなり睡眠時間削りました(笑)

    >胡歌の呟き、かなりマメですよね(笑)。

    すごいマメですね~!
    写真もいろいろアップしてくれていますし、マメさにびっくりです~!

    袁弘や他の共演者の方々とも、お互いにつぶやき返していたりと
    そういうやりとりを垣間見れるというのもうれしいですよね☆
    より素に近い部分を見れている感覚になりますし♪

    そういえば、少し前(?)に一般人らしき方(スタッフの方かお友達でしょうかね?)にも返事していたりしてませんでした?(*_*)
    思わず、どういった人なのかな?と覗きに行ってしまいましたが(笑)、結局よくわかりませんでした~(汗)(^-^;

    • ちろさん、こんにちは!

      新年快樂!
      恭喜發財!!(笑)

      どうも旧正月になると、「恭喜呀恭喜,發呀發大財〜♬」というあの歌が頭の中をぐるぐる回ってしまいます(笑)。

      >「神話」観始めたら止らないですよね~ 
      twitterのつぶやきにも反応していただいて、ありがとうございます ^^ 。
      本当に止まらないです(笑)。
      かなり盛り沢山の内容ですね。
      小川は実に胡歌らしい役柄ですし(笑)。

      微博での胡歌の更新のペースは本当にすごいですよね。
      その分、最近、blogが更新されませんが(笑)。
      twitterもですが、blogより気軽に更新できるので、ついついこちらにウェイトが置かれてしまうのもよくわかります。

      写真が趣味の胡歌らしく、頻繁にアップされる写真も、かなり興味深いというか、面白いというか(笑)。
      インタビューやblogもいいですが、twitterや微博は、もっとその人の素の部分に近い気がして、つぶやきをフォローしているだけで何となく相手に少し近づけたような気がしますね。
      そういうところがとても楽しいところだと思います。

      胡歌は、他の人のつぶやきにもこまめに反応してますよね(笑)。
      陳坤や周筆暢などもフォローしていて、面白いなぁと思いながら見ています。
      名前の後ろに「V」が付いているのが藝人さんらの著名人でしょうから、結構、それ以外の人もフォローしてますよね。
      上海出身の方も多いようで、プライヴェートでのお友達の方たちなのかもしれませんね。
      普段の彼の人間関係を少し覗いているような気がして、不思議な感じもしますが、でも親しみを感じます。

      胡歌に限らず、皆さん 忙しいでしょうから、blogなどを更新するのはなかなか難しいかもしれませんが、こういう形のサービスで、もっと多くの藝人さんたちがいろいろなことを発信してくれるといいのにな、と思いますね。
      台湾の藝人さんたちが意外と使ってくれないので、ちょっと残念(^^;。
      Facebookが流行っているそうですが、そちらでもそれほど見かけませんし……。
      台湾だと、twitterが使えますが、大陸からはアクセスできないので、メリットが少ないのかなとも思いますが、だとしたら微博ででも是非、と言いたいです(笑)。
      台湾の場合、Facebook以外にもplurkとかmurmurだとか、twitterに似たサービスを使われる方も多いので、それが影響しているのかもしれませんね。

  7. こんばんは!

    >小川は実に胡歌らしい役柄ですし(笑)。

    ですよね~!^^
    いよーにモテまくっているのも・・・(笑)
    最初の方はふざけてばかりで、コメディードラマか?と思うほどでしたが(笑)、お話が進むにつれいろいろな葛藤、人間関係と
    お話がどんどん深くなっていって・・・いつのまにかドップリはまって抜け出せなくなっていましたよ。^^

    >微博での胡歌の更新のペースは本当にすごいですよね。
    >その分、最近、blogが更新されませんが(笑)。

    ですね(笑) blogは動きがないですよね~(汗)
    微博は携帯からも気楽に一言二言投稿できるからいいんでしょうね!
    いくらノートPCでも、持ち歩くの大変ですもんね (^^ゞ

    >つぶやきをフォローしているだけで何となく相手に少し近づけたような気がしますね。

    自分のページにつぶやきが表示されるだけでなんだか近づけたような感じがしますよね(笑)。
    実際は自分宛のつぶやきではないのですが、なんだか自分宛のような気がして・・・(笑)

    >陳坤や周筆暢などもフォローしていて、面白いなぁと思いながら見ています。

    周筆暢は映画での繋がりでしょうけど、陳坤と共演したことありましたっけ?
    共通点がありそうで無さそうな二人ですよね~
    いくら共通点があるにしてもちょっと意外な気がします(笑)

    >名前の後ろに「V」が付いているのが藝人さんらの著名人でしょうから、結構、それ以外の人もフォローしてますよね。

    そうなんですね!教えて下さってありがとうございます
    やはりプライヴェートなお友達なのかもしれませんね♪ そう思うだけでちょっとドキドキしますよね~(笑)

    >台湾の藝人さんたちが意外と使ってくれないので、ちょっと残念(^^;。

    ですよね~。
    登録していてもほとんど更新していなかったり・・・
    もっと沢山利用してくれれば楽しいですのにね~!残念です。。。
    台湾ではtwitterはそれほど流行ってないのですかね?

    • ちろさん、こんばんは!

      小川のモテっぷりは確かに冷静に考えると、異様かもしれませんね(笑)。
      でも、胡歌だと妙に説得力があって、あまり気にせず見てしまっていますが(笑)。
      後の呂后らを助けた時も、実に凛々しかったですし。
      惚れ惚れしました(笑)。
      彼も身体能力が高いので、アクションシーンも安心して見ていられますよね。

      >最初の方はふざけてばかりで、コメディードラマか?と思うほどでしたが(笑)、
      確かに(笑)。
      凛々しい時とそうでない時の小川のギャップがすごいですし(笑)。
      でも、少しずつ深みが増してきてますね。

      私もどっぷりはまってしまっているようです(笑)。
      仕事もしなきゃいけないのに、なかなか手につきません(^^ゞ。
      まだまだ先は長いので、まだまだ楽しめそうです。

      胡歌のblogは本当に最近、動きがないですね(笑)。
      微博の方が気楽ですし、携帯からアクセスしやすいこともあるしで、ついついそちらに書き込んでしまうのはよくわかるので、納得なんですが。
      速報性は高いですし、堅苦しさもなく、話し言葉に近い形で書き込まれるのが微博やtwitterなどの魅力かもしれませんね。
      ただ、胡歌は、blogに結構 考えさせられるようなことを書いていたりするので、そちらはそちらでたま〜でいいので、更新してくれるといいな、なんて贅沢なことを思っています。

      >自分のページにつぶやきが表示されるだけでなんだか近づけたような感じがしますよね(笑)。
      >実際は自分宛のつぶやきではないのですが、なんだか自分宛のような気がして・・・(笑)
      そうなんですよ(笑)。
      何となく、自分に向けて話してくれているような気がしてしまいますよね。
      気軽なつぶやきだからこそ、余計にそう感じるのかもしれません。

      >周筆暢は映画での繋がりでしょうけど、陳坤と共演したことありましたっけ?
      私は周筆暢のこともすっかり忘れていました(^^;。
      陳坤との共演は思い出せないですね。
      あまり仕事では接点がなさそうなんですが……。
      勿論、授賞式の類いでは同席することもあるでしょうから、知り合いであっても全然可笑しくはないんですが。
      でも、陳坤って真面目なイメージが強いので、胡歌とは性格的にかなり違っているように思うのですが(笑)。
      胡歌が不真面目ということではありませんが (^^ゞ。

      微博にしてもtwitterにしても、blogなどにしても、頻繁に更新する人はする、しない人は全然しない、と見事に二極化している気がしますよね。
      ファン対象の公式サイトなどで、情報を発信しているから、という面もあるのかもしれませんが、ファン向けじゃなく、もっとオープンに自分の言葉で考えを明らかにできる場としては、非常に利用価値があると思うんですけどね。
      香港とかシンガポール組は比較的活発に発言する人が多い気がしますが、どうも台湾は……。

      >台湾ではtwitterはそれほど流行ってないのですかね?
      利用してらっしゃる方は意外と少ないのかもしれませんね。
      利用が多いのは、アメリカと日本だという話をどこかで聞いたような気もしますが。
      でも、もう少しこういうメディアも積極的に利用してくれるといいですよね。
      今後に期待したいところです。

  8. こんにちわ!
    今日、私も Twitter にアカウント作りました!
    まだ全くつぶやいておりませんが・・・

    先ほど小穂さんをフォローさせていただきました!
    事後報告ですみません・・・(^^ゞ

    こちらで使用させていただいている名前とは異なる名前ですので、
    後ほどメールにてアカウント名等をお知らせします♪
    よろしくお願いします~

    • ちろさん、こんばんは!

      改めまして、ご丁寧にご連絡をいただいて、ありがとうございます。
      それから、フォローもしていただいて、ありがとうございます。
       
      またtwitterでもいろいろとお話できると嬉しいです。
      これからも、どうぞよろしくお願い致します。
       

  9. こんにちは。
    初めてお邪魔させていただきます。
    方炯鑌から検索して辿り着きました。
    にわか華流、にわか韓流ではないミドルエイジ(笑)です。
    ブログじっくり見させて下さいね~^^
    よろしくお願いします!

    • こんにちは。
      コメントをいただいて、ありがとうございます

      方炯鑌から辿り着いていただけたとのこと、嬉しいです(^^)
      最近はTwitterばかりで、ブログの方はすっかり放置してしまっていますが、こちらこそどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中