愛用のtwitterクライアント─ Nambu

Mac用のtwitterのクライアントソフトを転々としても、なぜか最終的にここに戻ってきてしまうNambu。
 
やや不安定な時があったり、実装して欲しい機能もあったりするのですが、それでも私にとっては手に馴染むクライアントです。
翻訳機能も便利ですし。
自動翻訳ですから、限界はありますが、それでも助かっています。
 
 
Macユーザーの方でtwitterのクライアントをお探しの方には、候補のひとつとなると思います。
ただ、まだまだ安定性に欠けるのが大きな難点ではあります。
 
また、以前はあったprofileの表示機能が無くなってしまったので、フォローしている人やフォロワーさんを確認することができません。
こちらがフォローしていなくても、先にMentionでメッセージをいただければ、Nambuからフォローができますが、フォローだけしていただいた方をフォローバックする場合には、webからなり他のクライアントからアクセスする必要があります。

profileは是非、また実装して欲しい機能の1つです。
 
 
 
 

クリックで拡大します

 
Nambuのウィンドウはこんな感じ(ウィンドウのサイズは自由に変更可能です)。
  
マルチアカウントに対応。
画面左側にアカウントごとのHome(TL)、Mentions、List、DMなどが表示されます。
 
 
The Nambu Network | Twitter for OS X
 http://www.nambu.com/
 
 
 
細かい表示や設定は以下に。
 
画像が多く、長くなってしまいますので、折り畳んでおきます。
 
 
 

 
 

Postに含まれている画像は以下のようにインライン表示されます。 
 

 

 
 
 
返信は、Postの「in reply」をクリックするか、Postをダブルクリックすることで、返信元の発言を同じウィンドウに表示することができます。
 
 
返信元のツイートを閉じる時は上矢印をクリック。
 

 
 
この際、返信元のツイートの右側にある右矢印をクリックすれば、以下のようなかたちで、会話の流れを確認することができます。


 
 
 
Postの際、写真をアップする場合はインプットエリアの下の歯車のアイコンをクリックし、表示されるコンテキストメニューから「Share Image…」を選択すればOK。


 
 
 
TLの各Postにも歯車のアイコンが表示されていますが、これをクリックするか、あるいはPostを右クリックすればコンテキストメニューが表示されます。
 


 
 
コンテキストメニューですが、上から

・返信
・Postに含まれる全てのアカウントにまとめて返信
・公式RT
・DM
———
・QT
・非公式RT
———
・お気に入りに追加
・翻訳
・そのツイートを隠す
———
・フォローとアンフォローの管理
・ユーザーのミュート
・ハッシュタグのミュート
・指定したユーザーのツイートを自動的に翻訳
———
・ユーザーをブロック
・Spamとして報告
———
・リンクを開く
・リンクをコピー
———
・ツイートのリンクをメールに
・ツイートのリンクをコピー
・twitterのwebで表示 

 
 
 
フォローとアンフォローの管理は、以下のような感じになります。


 
 
 
ミュートはこんな感じ。
アンフォローしたくはないけれど、一時的にそのユーザーさんのツイートをTLに表示したくない時、あるいは特定のハッシュタグを含むツイートを表示したくない時に使います。
ミュートする時間を指定可能。
勿論、解除することもできます。


 
 
 
 
 
Nambuの設定に関してですが、まずはアカウントを設定する必要があります。
 
デフォルトでは@Nambuをフォローするようになっていますので、フォローしない場合は忘れずにチェックを外してください。
 

 
 
 
各アカウントごとに表示する項目を指定できます。
 
お気に入りやリスト、公式RT、検索ワードなど、表示したいものにチェックを。
 
また、TL上に自分宛のメッセージや自分のPost、公式RTを表示するかどうかも選べます。


 
 
 
 
TLの表示についての初期設定。
スクロールのポジションなども指定可能。
 

 
 
 
 
こちらは未読/既読の管理。
 
未読件数をDockのアイコンに表示できます。
TL全体の未読を表示するのか、MentionsとDMだけを表示するのか、などなど選択可。
  

 
 
 
 
こちらはPost関係の設定。


 
 
 
 
こちらはNambuのウィンドウに関する設定項目。
ステータスバーにNambuのアイコンを表示するかどうか、など選択可。


 
 
 
 
こちらは通知機能。
Growlを使っての通知、及びサウンドでの通知に関する設定。
 

 
 
 
 
Combined Viewにした時に、どの項目を表示するかを指定します。
 

 
 
 
と、派手さはなく、どちらかというと地味な印象のクライアントかなという気がしますが、基本的な機能は備わっていて、気に入っています。
 
あとはとにかく安定性が増してくれれば……(^^ゞ。
長い文章を打ち込んだ時にかぎって、うまくPostできない気がしたり……。
 
まだまだ開発途中だけに、不安定なのも仕方ないのかもしれませんが。
でも、今後に期待できるクライアントだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中