twitterをブラウザからもっと便利に使うには

先日来、twitterのRT(リツイート)について、いろいろな意見が飛び交ったりもしましたが、@(Mentions)とRTの使い分けについては決まったルールがあるわけではないので、迷うところがあります。
 
 
違いはというと……、
RT(公式RT、非公式RT)は、自分をフォローしてくださっている方全てのTL(タイムライン)にその内容が表示されます。
 
RT(リツイート)には公式RTと非公式RTがありますが、公式の場合には元のつぶやきがそのまま再度POSTされ、新たに何かを付け加えることはできま せん。
非公式の方は、元のつぶやきの前に、自分の発言を付け加えることができます。
 
 
@(Mentions)の方はというと、例えば私(@ririyeye)が @A さん宛につぶやいたとします。
 
その際、冒頭に「@A(半角スペース)」と入力した上でつぶやくと、その発言は私(@ririyeye)及び@AさんのTLに加えて、私と@Aさんの両方をフォローしてくださっている方のTLにのみ表示されます。
ただし、私のtwitterのページにアクセスすると、誰でもそのつぶやきを読むことができます。
ですので、他の人には読まれたくない場合は、お互いにフォローし合っていることが条件になりますが、DM(ダイレクトメッセージ)を利用する方がいいですね。
一方、つぶやきの途中で「@A(半角スペース)」を入力すると、フォロワーさん全てのTLに表示されます。
 
 
簡単に言うとこんな仕様になっているので、私自身はつぶやきへの返信には@(Mentions)を、そしてツイートの内容をそのものをフォロワーの皆さんにも紹介したい時にはRT(リツイート)を使うようにしています。
 
 
 
非公式RT(リツイート)を返信に使うことについて、今回も意見が交わされていたのですが、RT(リツイート)だと、そのやりとりが全てのフォロワーさんのTLに表示されてしまいます。
それが非常に頻繁に繰り返されると、TLがよくわからない内輪のやりとりに埋め尽くされてしまって、自分の興味のあるつぶやきが埋もれてしまうことにもなりかねないので、基本的に返信や自分たちの間でのやりとりは@(Mentions)を使う方がいいかな、と私自身は思っています。
また、何度もRT(リツイート)されると、140文字の制限を超えてしまいますので、つぶやきの内容を一部削除したりせざるを得なくなります。
それによって、本来のツイートの意図したものと印象が違ってきてしまう可能性も出てきてしまうのも気になります。
 
 
ただ、@(Mentions)だと、どのつぶやきを受けての返信なのか、webからアクセスしているとそれが分かりにくいんですよね。
その点、非公式RT(リツイート)は元のつぶやきも一緒に表示されるので、これを返信に使われる方にはその点が便利に思われるところかなと思います。
 
 
ちなみに、ブラウザからでも、一手間かかりますが、一応、その返信がどの発言に向けてのものかは確認できます。
 
そのつぶやきの下の部分、日付などが表示されている部分の「○○宛」というところをクリック


 
すると、元のつぶやきが表示されます。
 

 

 
が、はっきり言って面倒くさい(汗)。
クライアントソフトを使えば、@(Mentions)もやりとりを会話風に表示できるものが多いので、わかりやすいのに。
 
基本的にとても横着者の私(^^ゞ、ブラウザからアクセスする場合にも、もう少し読みやすくしたい!ということで、滅多にブラウザからtwitterにアクセスすることもないにも関わらず、インストールしてお世話になっているのがPBTweet+。
 
PBTweet+
 http://twitter.trauma2u.com/pbtweet/
 
*もとはpbtweetという名前で開発されていたものですが、開発が停止され、その後、有志の方に引き継がれたのがPBTweet+になります。
 
pbtweet – twitter拡張スクリプト –
 http://web.me.com/t_trace/pbtweet_ja.html
 
 
この拡張をインストールすると、返信は以下のように上下に一緒に表示されるので、やりとりの流れが一目でわかります。
 

 
 
 
他にも、PBTweet+には翻訳機能もあり、外国語のつぶやきを日本語に翻訳することも可能です。
 
PBTweet+の設定画面  

 
 
 
各ツイートの下にカーソルを持っていくと、こんなふうにメニューが表示されます。
 

 
「JA」は日本語への翻訳
「Retweet」は公式RT(リツイート)
「RT」は非公式RT(リツイート)
「Via」はRTと同じ引用なのですが、表示形式が「つぶやき (via @ユーザー名)」に
「DM」はDM(ダイレクトメッセージ)
「Reply」は返信
「Reply All」はそのつぶやきに登場する全てのユーザーさん宛に返信する場合に
 
 
デフォルトなら「返信」と「リツイート(この場合は公式RT)」しか使えないのと比べると、格段に便利になりますね。
 
 
他にも、Replyなどがあれば通知されたり、URLの短縮機能もありますし、画像のプレビューも表示されたり、とにかく機能は盛り沢山。
ブラウザからtwitterをご利用なら、インストールしておくとtwitterが格段に使いやすくなると思います。
 
 
Chrome、Firefox(要Greasemonkey)、Operaに対応。
またブックマークレットもありますので、余計な拡張をインストールしたくない場合は、こちらを使われるといいかも。
私は、ChromeとFirefoxでは拡張を、Safariではブックマークレットを使っています。

AdobeAirもあるのかな。
 

詳細はPBTweet+のサイトへどうぞ。
詳しい使い方を紹介したblogなどへのリンクもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中