酷愛樂團「初生之犢」

范逸臣と阿龍が組んだバンド酷愛樂團(Craze)。
阿龍はスタジオミュージシャンや、ステージミュージシャンとして、多くのアーティストさんのギタリストを務めてきた人。
ちなみに、信(蘇見信)のレコーディングにもスタジオミュージシャンとして参加したことがあるようです。
 
 
随分待たされた気がしますが、ようやく7曲を収録したミニアルバムをリリース。
 
これがなかなか良いのです。
要するに、私の好みだということなんですが(^^ゞ。
 
twitterでもつぶやいていたように、1曲目の「Rock Boys」が特にお気に入り。
80年代のHRを何となく思い起こさせるような、そんな1曲です。
 
 
范逸臣は明るさを感じる声の持ち主なので、楽曲にも重さや暗さはあまり感じられないですが、シャープでキレがあるのが魅力です。
 
バラードについては、以前から范逸臣の実力は充分にわかっていますので、こちらも勿論、問題なく魅力的。
優しく沁みわたるような、そんな雰囲気ですね。
 
 
とにかくすっかりお気に入りの1枚になっています。
アップテンポの曲なら「Rock Boys」「I Wonder Why」、バラードなら「別回答」あたりが今のところのイチ押しでしょうか。
 
 
今回はミニアルバムということでしたが、次のアルバムがとても楽しみ。
そして映画『混混天團』もメディア化を楽しみにしています。
 
 
 
YouTube – 酷愛樂團Rock Boys MV 完整版
 http://www.youtube.com/watch?v=-vLbfpk9RMs&fmt=34
 

初生之犢 專輯介紹與完整曲目 – KKBOX
 http://tw.kkbox.com/album/kmUQFMCwqNejjTO0FZLf008l-index.html

酷愛樂團「初生之犢」」への2件のフィードバック

  1. ええっーこんなのデていたのですか~ぁあ?
    あ、こんにちは。twitterの呟きを見逃していました。
    Van Fan 好きなんですよね~私。
    もう、早く昼休みにならないかな~
    じっくり後から視聴させていただきます。

    • iwashinoshippoさん、こんばんは!
      こちらでははじめまして、ですね。
      いつもあちら(どちら? / 笑)ではお世話になっています。

      范逸臣、お好きですか?
      良いですよね、彼の歌。

      酷愛樂團、もうすっかりお気に入りです。
      もう少し収録曲が多いと言うことがなかったんですが。
      次に期待ということで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中