『偷心大聖PS男』第6話

三立と八大の視聴率争いでは、どうやら一歩抜きん出た感のある『偷心大聖PS男』。 
 
このまま差が広がっていくのでしょうか???
 
 
さて、第6話ですが、いつものように、以下、ストーリーに触れていますので、折り畳んでおきます。

 
 

 
 

台北に戻ることになった和杰、小茜たち。
阿嬤の口からは婚約、そして両家の顔合わせ、なんて話まで。
再来月には婚約を、ということに勝手に決めてしまった阿嬤。
 
 
家族に盛大に見送られて和杰の車で台北に戻ることに。
大貿と瑪麗は電車で戻ったので、車中は2人きりですが、幼稚園のための貯金箱(ペットボトルですが)を大切そうに抱えたまま、ずっと眠りっぱなしの小茜。 
そしてそんな彼女を気遣う和杰。
 
彼女の家に到着してから、小茜を起こしてあげる和杰。
婚約のことをどうするのか尋ねる小茜に、和杰の答えは
「どっちにしろ再来月のことだし、急いで恋人を見つけるんだな。
 そして俺を捨てる、それでいいだろ。」
 
いい人がいたら紹介して、なんて返す小茜も、そして和杰も、複雑な表情。
明らかに2人とも相手が気になってるのに、素直じゃないですね。
 
 
自宅に戻った和杰。
ちょうどテレビでは、先日カメラマンを殴った成恩の謝罪会見を中継していました。
 
阿曼達をつけ回していたことを殴った理由とした成恩に対して、記者から和杰と競い合っているのかとの質問が。
対して彼は、阿曼達は物じゃない、和杰は自分の知名度を挙げるために阿曼達を利用したにすぎないから、コメントする気はない、と。
 
和杰は全く気にする様子もなし。
その時、大貿のもとに示し合わせたように次々と仕事の取り消しの連絡が入ります。
 
 
記者会見の様子を見て成恩のことを気にする小陀螺。
Amy姐はどうやら成恩を気に入った様子。
そんな2人の様子に、小陀螺は2人きりで話があると阿曼達に。
彼は阿曼達に和杰を薦めます(笑)。
小陀螺はパパが欲しいんですね。
和杰がお気に入りの彼としては、和杰にパパになって欲しいところ。
 
 
仕事が次々に取り消されても、あまり気にかけていない様子の和杰。
エレベーターでナンパしてるし(^^ゞ。
ですが、さすがにテレビ局での仕事が取り消されたことで、その理由を確認に。
どうやらどこかから圧力がかかっていることにようやく気づく和杰。
 
勿論、メディアに対して、彼を干すように圧力をかけたのは成恩でした。
彼は和杰の経済状況まで確認した上で、メディアに出る機会を和杰から奪い、経済的に和杰を追い詰める作戦に。
 
その成恩のところに案内されてきたのは小茜の幼稚園の園長。
幼稚園に投資するとの成恩の言葉に大喜びする園長でした。
 
 
一方の和杰はご機嫌斜め(笑)。
経済的にも確かに厳しい状況に。
 
 
現実をふまえ、大貿は成恩と話し合うことを提案しますが、当然断固として拒否する和杰。
そんな中、自宅に戻ると彼の兄(ホントに?)が勝手に人を呼んで馬鹿騒ぎをしている真っ最中。
全員を追い出し、兄に怒りをぶつける和杰。
何だかろくでなしの兄みたいですね。
 
 
兄とは一緒にいたくない和杰は幼稚園にやって来ます。
ちょうどその時、小茜と瑪麗が2人のことについて話しているところでした。
 
和杰とは世界が違うし、価値観も違うから、うまくいきっこない、という小茜に「付き合ってもいないのに、何でわかるの?」と尋ねる瑪麗。
 
「試してみなくても、どうなるかわかることもあるの。
 夏和杰は昔、あんなにひどく傷ついたんだもの。
 だから自分の本当の気持ちはしまい込むことにしたの。
 ずっとしまい込んでると、自分でも見つけられなくなるものもあるの。
 彼みたいな男、たとえ好きになりたくてもそんな勇気はないわ。」
 
そう言った小茜の言葉を立ち聞きしてしまう和杰。
話を聞いたという彼に、こうなったらと直接質問を繰り出す瑪麗。
「馬小茜のことを好きなの、嫌いなの?」という質問には「好きだ」との答えが。
喜ぶ瑪麗ですが、和杰の口からは続いて「友だちとしての “好き” だ。瑪麗、あんたを好きなのと同じようにな」との言葉が。
お互いに好みのタイプじゃないと言い合う2人。
小茜に庭木の剪定を頼まれ、出て行く和杰。 
小茜も和杰も複雑な表情です。
 
そんな複雑な気持ちを抱える和杰のところにやって来る小陀螺。
和杰の機嫌が悪いのに気づいて、サッカーボールを彼にパスし、「蹴ってよ」と声をかけますが、和杰はわざと幼稚園の外にボールを蹴りだしてしまいます。
そして折悪しく通りかかった車にボールが踏みつけられ、割れてしまいました。
小陀螺を傷つけたことで自己嫌悪しつつも、それでも自分につきまとうな、老大と呼ぶな、などと小陀螺に言う和杰。
 
それでも、勿論小陀螺のことは気になる和杰。
割れてしまったボールを手に落ち込む小陀螺に「新しいボールを買ってやるから元気を出せ」と言いますが、「いらない。これは誕生日のプレゼントにママに買ってもらったボールだったんだ」と答える小陀螺。
だったら、欲しいおもちゃを何でも買ってやると言う和杰に小陀螺の答えは「パパが欲しい」でした。
小陀螺はパパには会ったこともないんですね。
友だちのようにパパと一緒に遊びに行きたいという小陀螺に、自分がパパになってやると答える和杰。
小陀螺は大喜びです。
 
 
パパとして、小陀螺を自宅まで送っていく和杰。
「少しだけ一緒に遊ぼう」と和杰を誘いますが、予定があるからと1人置いていかれた小陀螺は、外に出かけてしまいます。
幸い、そんな小陀螺の姿に気づいた和杰は、彼の後を追います。
 
公園で父親と遊ぶ子どもを見かけ、つい近付いていく小陀螺。
その子どもに「パパがいないんだろ」と意地悪を言われ、その子を突き飛ばしてしまう小陀螺。
そんな小陀螺の姿に、子どもの頃、寂しい思いをしていたかつての自分を重ね合わせる和杰。
小陀螺を抱き上げ、小陀螺にお説教をしていた相手の父親に食ってかかります。
結局、和杰は小陀螺に付き合ってやることに。
そんな2人を帰宅途中の阿曼達が見かけます。
 
動物園に行ったことのない小陀螺と和杰。
小陀螺に誘われて、動物園に行く約束をするのでした。
 
 
そこへ現れる阿曼達とAmy姐。
「ママ〜」と叫んで阿曼達に抱きつく小陀螺の姿に慌ててフォローするAmy姐は、なぜ小陀螺と一緒にいるのかと和杰に詰問し始めます。
それを止める阿曼達。
 
和杰はAmy姐に
「子どもを育てるってのはペットを飼うのとは違うんじゃないのかな。
 機嫌の良い時に構ってやればいいってもんじゃないだろう。
 小陀螺に父親がいないのにどんな原因があるにしろ、
 母親までいないなんて思いはせめてさせないでやれよ。」
なんて阿曼達には耳の痛い話を。
 
 
自宅に戻って、和杰とのことを嬉しそうに話す小陀螺の様子を楽しげに見つめる阿曼達。
ですが、Amy姐は小陀螺と和杰が親しくなり過ぎることを警戒しています。
もしも万が一、小陀螺が口を滑らせて、阿曼達と小陀螺の関係を知れば、和杰はきっとそれをメディアに暴露するに違いない、というんですね。
 
でも、あんなに楽しそうな小陀螺を初めて見たという阿曼達は、和杰の言うとおりで、もっと小陀螺と一緒にいてやるべきだ、そして公園での2人の様子に感動した、とも。
 
 
そんな阿曼達は、次の週末に自分の誕生パーティを開きたいとAmy姐に言い出します。
そして和杰と成恩に招待状を送って欲しい、とも。
その機会に、2人の間の誤解を解きたい、という阿曼達。
2人の問題なんだから、放っておけというAmy姐ですが、阿曼達は、老闆娘を捜しだしてくれ、小陀螺に楽しい時間をくれた和杰のために、お返しをしたいのだと答えます。
 
Amy姐を送りだす阿曼達。
外に出たAmy姐のところに成恩から電話がかかってきます。
 
 
一方、阿嬤は小茜の婚約の準備を始めていました。
そんな阿嬤のところに小茜の友人だと名乗って電話をかけるAmy姐。
和杰が小茜と阿曼達と二股をかけている、今週の土曜日、和杰が阿曼達の誕生パーティに出席する、と伝え、時間と場所は連絡するから自分の目で確かめてみるように、阿嬤に伝えます。
 
Amy姐にそんなことをさせたのは、成恩でした。
彼は小茜についてまで調べ上げているのでした。
 
 
阿曼達の誕生パーティには小茜と瑪麗も招待されていました。
和杰に会うのが嫌で、何だかんだと理由をつけて行きたがらない小茜を何とか誘い出そうとする瑪麗……。
 
 
というところで、第6話はお終い。
 
 
 
 
和杰と小茜は、どちらも相手のことが気になっているのに、じれったいですね(^^ゞ。
和杰にしても、阿曼達を追いかけるのは、もはや彼女が目的じゃなく、成恩に負けたくないっていう気持ちからでは?
 
成恩も「阿曼達は物じゃない」とか言っていましたが、どの口が言ってるの?という感じ(ーー;)。
 
 
小茜も辛いですよね。
彼女の表情を見ていると、何度も可哀想に思えてしまいました。
  

さて、ずっと私の中では和杰とデッドヒートを繰り広げていた(笑)成恩でしたが、今回は大きくポイントダウン。
自分の力で得たものを利用するのならまだしも、親から受け継いだお金と地位を利用して、和杰を干すというやり方も、Amy姐を使って阿嬤にあんな電話をかけさせるというやり方も実に気に入らないなぁ、と。
障害があっても、それを強引に薙ぎ倒しつつ前に進む彼は好きですが、こういうやり方は はっきり言ってせこくないですか?
 
一方、和杰の方は、先週に続いて寂しかった子ども時代など、少しずつ過去が明らかになってきて、こちらはポイントアップ(笑)。
小陀螺と遊ぶ和杰は、パパとしても魅力的でした。
阿曼達にとっても、こんな和杰の姿は魅力的に映ったでしょうね。
成恩は手ごわいでしょうが、何といっても小陀螺という強い味方がいますしね(笑)。
 
小茜と和杰がきちんと恋人同士になるのが一番なのですが、成恩の今回のやり方に、すっかり気分は「頑張れ、和杰! 成恩に負けるな!」(^^ゞ。
 
 
ということで、第6話を終わって、私の中では和杰がかなりリード、というところ。
来週の展開で、これがどう変わるのか、ちょっと楽しみです(笑)。

『偷心大聖PS男』第6話」への4件のフィードバック

  1. 小穂さん こんばんは~♪
    おっ!小穂さんのなかでは和杰がリードですか!ヤッタ(笑)
    本当になかなか素直になれない2人ですよねぇ~ まぁまだ6話ですが。。。予告をみても感じますが この先 アマンダ&成恩が2人の間に割って入ってきそうな・・・

    小陀螺のパパ作戦(勝手に命名)かなり危ないなぁ・・・この2人が仲良くなっちゃうとアマンダの和杰への株も上昇 子供になつかれたら和杰もひけなくなるような
    (・・・・しかし小陀螺のパパは誰なんでしょう???)
    でも小陀螺と和杰の姿は微笑ましかったですね~
    Vさんとの父子姿は今でも私の中ではno1!ですが(笑)
    Blueは子供好きなんだろうなぁ♪画面から伝わってきました。
    子供に対しての和杰 とても優しかったですね。(そして小茜にも・・)

    エレベータでおねえちゃんに囁く和杰でしたが その後彼女に誘われると 小茜の事を思い出す和杰・・・フフフ♪すっかり小茜がココロにすみついちゃいましたね~
    和杰兄には笑いました!あれがおにいちゃんって・・まぁ髪型だけは似てますけどねぇ(笑)

    今回の成恩は悪かったですねぇ!! しかし本当に彼はドラマの中とmakingが全然違うので演技が巧いんだなぁと再認識しました
    次回からどう小茜にからんでくるのか これもちょっと楽しみです

    そして今回もまたフライング予告でしたね。。
    和杰が殴られるシーンも誕生日も6話の予告にあったのに・・
    「下一站~」からフライング多いですね・・・
    三立のfacebookにもクレーム書き込んでる人がいましたが
    ・・・・まぁあとでちゃんとみせてくれるのでいいですが。。。

    明日は7話放送ですね。最近pp~の調子が悪いのですが
    ちゃんと観られるといいなぁ・・・

    • 奶糖さん、こんにちは!

      >おっ!小穂さんのなかでは和杰がリードですか!ヤッタ(笑)
      ですね(笑)。
      6話では和杰がわずかにポイントアップした感じですが、とにかく成恩のイメージダウンが大きかったです(^^ゞ。
      7話では成恩が盛り返すかも……と期待(?)したりもしていますが。

      お互いに気になって仕方ないのに、素直じゃないですよね、和杰も小茜も。
      ナンパしても、小茜のことが頭に浮かんでお誘いに乗らなっている和杰なのに、そろそろ それを素直に認めれば?(笑)。

      阿曼達については成恩のせいで引くに引けなくなっているだけの気もするのですが……。
      小陀螺の存在がどう影響するか、というところでしょうか。
      あれだけ懐かれれば、可愛いですもんね。
      しかも寂しげな様子はかつての自分にも重なるし……。

      小陀螺のパパ、謎ですね。
      誰なんでしょう……。

      >Blueは子供好きなんだろうなぁ♪
      そうですね。
      本当に子どもが好きですよね、彼。
      最初は意外な気がしましたが(^^ゞ。
       
      和杰の兄も、あれで終わりじゃないでしょうから、これからまだ何かしでかすんでしょうね……。
      これ以上、和杰がややこしいことにならないといいのですが。

      溫昇豪は上手いですよね。
      今回はすごく感じが悪かったですが、普段の彼自身とは全然違いますよね。
      でも、やっぱり良い人の方が似合うかなとも思いますが。

      >そして今回もまたフライング予告でしたね。。
      これは本当に困ったものですね。
      編集作業がぎりぎりになり過ぎているのか、まさか意図してのことだとは思いたくないですが……。

      いよいよ7話ですね。
      私はバタバタしそうなので、落ち着いて見られるのはしばらく先になるかも……です(‘_;)。

  2. 小穂さん こんばんは!

    5話では小茜と和杰が急接近して阿嬤に対するお芝居のはずがお芝居ともホントともつかない、とてもいい雰囲気になってましたね!
    台北に戻ってから二人がどうなるのか楽しみで6話を見始めましたが、協志の来日仕事も気になって気になって・・・(笑)。気もそぞろで見終わりました(汗)。
    小茜と和杰はお互いが気になりつつも、それを態度に表せないというところなのでしょうね。お互いタイプでないといってしまい、余計素直になれなくなってますよね。
    一方、小陀螺は和杰が気に入ってしまったんですね!和杰は小陀螺が阿曼達の子供とは知らないわけですが、意外なところから阿曼達に接近、というか次週以降阿曼達のほうから何かありそうな気がします。

    成恩は演じている温昇豪の見た目からいって初めはもっと大人な男性かと勝手に思ってました(笑)。かなり強引な性格で、余計和杰がいい人に見えてきました。小穂さんの仰るように私も今までの藍正龍の役のなかで1番魅力的に感じています!

    次回は阿曼達のパーティでしょうか?一同が揃い何が起きるか楽しみです・・・。

    • Ruminさん、こんにちは!

      5話の阿嬤のお家での和杰と小茜は本当にいい雰囲気でしたね。
      このまますんなりいってもいいくらいの雰囲気で(笑)。
      5話に比べると、6話はやや……(ーー;)。

      それにしても、素直じゃない2人ですよね。
      あれほどお互いに相手のことを気にしてるのに。

      小茜がかつての鋼牙妹だということをそろそろ和杰が知るのかな?と思ったりもしますが、それが2人の関係にどう影響してくるのか、予測がつかないです。
      とにかく素直になろうよ……と言いたい気分。
      もっとも、6話にして素直になられたのでは、ドラマになりませんが(^^ゞ。

      阿曼達と和杰については、小陀螺の影響力が大きくなりそうですよね。
      小陀螺があれほど気に入っていることもあって、阿曼達の和杰への信頼感も増してきてますよね。

      成恩は大きな子どもですよね(笑)。
      お金と力を持った子どもだから、タチが悪い(^^ゞ。
      小茜との出会いで、彼も大人になっていくのかな、なんて、成恩の変化にも期待しています。
      溫昇豪も、演じられる役柄の幅が広いですよね ^^。

      このドラマでの藍正龍、何だかやたらといいですよね(笑)。
      とげとげしさや重さがあまり感じられないのもあるのでしょうが……。

      >次回は阿曼達のパーティでしょうか?一同が揃い何が起きるか楽しみです・・・。
      楽しみですね。
      お話もかなり動きそうですし。
       
       
      協志の件、気になりますね(笑)。
      とりあえず写真集の発売が楽しみです。
      帰国早々『百萬』の収録にも参加するとのことですから、そちらも放送が楽しみです。
      とにかく “孫經理” には自分の芸能活動にも力を入れてくれるように、お願いしたいところですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中