Last.fmの履歴をビジュアル化するアプリケーション

今日はやろうと思っていたことができないままになってしまったのですが、その原因のひとつがこれ。
 
自分の音楽履歴データをビジュアライズしながら自由に検索できる無料アプリ『LastHistory』 : ライフハッカー[日本版]
 http://www.lifehacker.jp/2010/03/100315lasthistory.html
  
 
iTunesだけではなく、iPodで聴いた曲のデータも送ることができるようになって以来、それなりに利用させていただいているLast.fmの音楽データから、これまで聴いた曲の履歴をビジュアル化して見せてくれるという面白いアプリケーションが、このLastHistory。
 
たとえばこんな感じに。
何だか綺麗ですよね、見た目。
 

 
 
縦が時間軸、横軸は月日で、何らかの色が付いている部分が音楽を聴いていたところ。
Rockとかclassicなどのジャンルごとに色が付くのですが、如何せん、聴いているのが大抵中文の曲なので、私のデータの場合は、ほとんどがグレーになっていて、ちょっと寂しいです^^; 。
洋楽メインの方は、きっともっといろいろな色が表示されて綺麗でしょうね。
 
 
曲のデータにマウスカーソルを持っていくと、上の画像のように、同じ曲のデータを線で結んで表示してくれたりもします。
特定の曲を、ある時期に集中して聴いていたりするのに改めて気づいてみたり。
 
しかも、そのまま曲のデータをクリックすれば、その曲をすぐに聴くことができます。
また、例えば「2009年の3月」なんていう形で指定することで、特定の時期に聴いていた曲をそのままの順序で再生することも可能。
ちょうど1年前の今日、聴いていた曲をその時の順番通りに聴いてみたり、iCalやiPhotoのデータと連携することもできるので、スケジュールや、その時の写真などを見ながら、思い出に浸ってみたり(笑)。
そんなことをして面白がっているうちに、いつの間にか時間が過ぎてしまっていたという次第 (^^ゞ。
 
 
Last.fmでも、こういうデータは確認できるのですが、それをビジュアルで見せてくれること、そしてそのまま曲を聴くことができるあたりが、とても優れもののアプリケーションだと思います。
 
 
ただ、Last.fmにアカウントを持っていて、ある程度、曲の履歴データが存在していること、それからLastHistoryはMac用のアプリケーションなので、Macユーザーであることが前提になります。
 
 
このアプリケーションで何ができるのか、詳細はライフハッカー[日本版]か、以下の公式サイトにアップされている動画をご覧いただくのが一番わかりやすいかと。
 

LastHistory » Visualizing Last.fm Listening Histories and Personal Streams
 http://www.frederikseiffert.de/lasthistory/
 
 
Last.fmはこちらから。
Last.fm
 http://www.lastfm.jp/ 
 
 
 
 
Last.fmといえば、右側メニューに最近聴いた曲のデータを表示するようにしてみました。
タイトルをクリックすることで、Last.fmに飛ぶことができます。
Last.fmで配布されているウィジェットがこのblogでは使えないので、諦めていたのですが、Yahoo!Pipesを使えば可能であること、しかもパイプを公開してくださっている方がいらっしゃったので、早速利用させていただきました(^^)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中