『偷心大聖PS男』第3話

昨日、放送されました『偷心大聖PS男』。
 
報道などを見ていると、『就想賴著妳』との視聴率争いを煽るような内容のものもあって、何だかなぁというところ。
14日については『偷心大聖PS男』が3.67でトップだったようですが、視聴率には大した差はなく、似たようなものでしょう。
 
残念ながらどちらのドラマも『下一站,幸福』のような人気は得られていないようです。
私自身も、やはり『下一站,幸福』『就想賴著妳』『偷心大聖PS男』の3作品なら、間違いなく『下一站,幸福』がイチ押しです(^^ゞ。
 
 
とは言っても、勿論、『就想賴著妳』と『偷心大聖PS男』も気楽に楽しんで見ています。
 
『就想賴著妳』については、先日、最終回までのネタバレ感想を書いているので(こちらこちら *要パスワード)、以下『偷心大聖PS男』について。
  
 

 

 
 
 
先週、低血糖で倒れた小陀螺を病院に運んだ和杰と小茜。
小陀螺は経過を見るために念のため入院することに。
彼の母親の阿曼達も病院に駆けつけます。
今夜は傍にいるという阿曼達に小陀螺は、マスコミのこともあるので、自分は大丈夫だから帰った方がいい、と。
小小彬はどこでもやっぱり母親思いの良い子ですね。
 
和杰に助けてもらった小茜は彼にお礼を言いますが、やっぱり態度の悪い男(笑)。
彼は小茜に食事をおごるよう強要します(笑)。
「俺はこれまで女性を食事に誘って断られたことはない。
 あんたが初めてだ。
 俺の尊厳のためにも、あんたは俺と食事に行くだけじゃなく、
 俺に食事をおごる必要がある」
というわけのわからない理由で(笑)。
 
当然、腹を立てる小茜ですが、幼稚園側としては預かっている子どもの監督責任を問われかねない事態から救ってくれたことで和杰をむげにはできないと、彼女は結局、彼と食事に行く羽目になってしまいます。
しかも、ちゃんとしたレストランに行くからということで、「センスの悪い女と食事をするなんて、イメージダウンになるんで」などと服装にまでケチをつけられる始末。
 
 
結局、小茜はお店で半額になっていた服を迷いつつ購入。
それを着て、レストランに行きます。
食事の時、和杰は別人のように親切。
食事代も自分が出すというし、彼女のことも「自然でわざとらしさがない」ところが彼女らしさだと誉めてみたり。
 
でも、それは本音ではなく、仕返しのため。
彼女を誉め、気分をよくし、自分のファンにさせるのだそうで ^^; 。
 
そして彼女を夜景を見ようとホテルの部屋に誘います。
甘い言葉で彼女を篭絡しようとする和杰ですが、子どもの頃のことがある小茜は、シャワーを浴びてバスタオル1枚の姿の彼を部屋から放り出し、彼の服と部屋の鍵を持ったまま帰ってしまいます。
 
子どもの頃はともかく、小茜、負けてませんね(笑)。
最後にはバスタオルまで取られてしまって、さすがにちょっと和杰が可哀想にも思えてきました。

 
 
ところが、ホテルでの様子を撮られてしまっていたため、翌日、新聞に2人の写真が大きく掲載されて大騒ぎ。
小茜のとても怖そうなお祖母ちゃんから電話がかかってくるし、幼稚園にはマスコミがいっぱい。
小茜と和杰の間にも、何とも言えない気まずい空気が漂っています。
 
 
一方、小陀螺は助けてもらったことですっかり和杰に懐いてしまいました。
大貿の真似をして和杰を「老大」と呼ぶのが可愛いです。
 
新聞記事と2人の間に漂う妙な空気が気になって、小茜のルームメートで同僚でもある瑪麗は、大貿に和杰が小茜のことをどう思っているのか訊いてくるように言いつけます(笑)。
 
大貿の目から見ても、最近の和杰の小茜への態度はちょっといつもと違うと思えるんですね。
小茜とのことについて、取材を受けなかった和杰ですが、誌面を飾る機会をみすみす棒に振るようなことをしたのは初めてなのだとか。
「騒ぎを大きくしないようにしようとしているのは、小茜を守るためでしょ」
という大貿に和杰は小茜が子どもたちとお遊戯をしているのを見ていて、子どもの頃、お隣だった鋼牙妹を思い出したんだと語ります。
 
ちゃんと“鋼牙妹”のことは覚えていたんですね。
ただ、名前は覚えてないそうで。
小2の時から中学時代まで苛めていたのに、名前を覚えてないなんて、おいおい……という感じですが(^^ゞ。
でも、さすがに申し訳なくは思っているみたいですね。

 
 
お見合いに行く園長に頼まれて、自分の車を貸した和杰。
しかも園長の代わりに送迎バスで子どもたちを送っていくことに。
 
一歩通行で車一台しか通れない道路状況の中、送迎バスを止め、子どもの1人をバスから降ろそうとしていたら、後ろからやってきた車が苛立ってクラクションを何度も鳴らしてきます。
それに腹を立て、とうとう車から降りる和杰。
迎え撃つのはやっと登場の溫昇豪扮する孟成恩(笑)。
2人がお互いに皮肉を言い合っているところで、第3話はお終い。
 
 
夏和杰と孟成恩、何だかキャラがそっくり(笑)。
どちらも強烈な自信家ですから、互いに一歩も引かないでしょうね。
ラストの部分、言い合う皮肉はかなり低レベルというか、子どものケンカみたいでしたけど(笑)。
 
 
この第3話は、前回までに比べると、展開が少し遅い気もしましたが、これでようやく4人の主役が勢揃い。
次回からの展開が楽しみです。

『偷心大聖PS男』第3話」への6件のフィードバック

  1. こんにちは~ また遊びに来ました♪ 私も3話 楽しく視聴しました~
    (細かい解説で無くても 感想を拝見するだけで とても有り難いです~)
    ドラマ終了後に特辑もありましたが やっぱり「下一~」のような人気にはつながらなそうな・・・(私にとっても下一站は別格(笑)好きが高じて初めて台湾版DVDを購入し それに スローペースながら自分で字幕をつけてます(笑))
    でもこれはこれで面白いですよね!
    孟成恩 最後に登場しましたね~ いやなぼんぼん役 なかなかにあってると思うのは私だけでしょうか?(笑)でもキャラはかぶりますねー
    次回はアマンダの和杰に対する感情が変化していきそうな予告でしたが
    小茜好きな私としては 早く和杰と小茜の進展がはやくみたいですー

    ところで小穂さんは中国語は独学なのですか?!辞書片手に視聴されていたなんて!すごいです!まだまだ分からない言葉ばかりですがPCで調べて訳しようにも なかなか入力もままならない状態(涙)英字幕もみていますが中国語を英字幕で読むのって韓国語を英字幕よりも単語数が多く 目がついていけない情けない奶糖です(笑)

    • 奶糖さん、こんばんは!

      いらしていただいてありがとうございます。
      いつでも大歓迎です!^^

      3話もなかなか面白かったですね。
      ただ、残念ながら、『下一站,幸福』ほどの人気は獲得できないだろうな、というのが私の実感でもあります。
      『下一站,幸福』では、光晞や慕橙、拓也らの心の動きまで見ている側に伝わってきて、彼らの涙や笑顔に心から共感できましたし、作品の世界に入り込むことができました。
      『PS男』や『就想賴著妳』の場合、そこまでは入り込めないんですよね……。
      光晞は光晞であって、VanNessではなかったですが、羽平は羽平でもあり言承旭でもあって……。
       
      台湾ドラマはそれなりに数は見ていますが、『下一站,幸福』はその中でもかなりのお気に入りですね。
       
      溫昇豪、似合ってますね(笑)。
      傲慢な役柄って、彼には合うような気がしますよね。
      和杰と精神構造がかなり似通っている気がしましたが、似ているからこそお互いに相手のことが嫌いなんだろうな、と思ったり(笑)。
       
      梗概によると、和杰と阿曼達はひとまずお付き合いすることになりそうでしたよね。
      その後で、ようやく小茜への自分の気持ちに気づくことになる、ということでしたが、その通りに進むのでしょうか?
      いずれにしても、私も和杰には小茜がお似合いだと思うので、こちらのカップルの進展が気になります。
       
       
      私の中国語は完全に独学です。
      ですので、何とか読めて、少しは聴き取れますが、話すとか書くのは大の苦手です(^^ゞ。
      中国語に限らず、とにかく文法が苦手なんですよね……。
       
      逐語訳をしようと思うと、本当に大変ですね。
      ニュアンスはわかっていても、それを言い表すのにぴったりの日本語が出てこなくて、苛々&自分の語彙力のなさにガックリ、というのがいつもの私の状態です(‘_;)。
       
      英語字幕は私もダメです。
      同じことを言おうにも、英語はかなり文字数を要しますよね。
      私は英語より中国語の方がマシなので、中国語のドラマを英語字幕で見ることはないですが、韓国映画は英語字幕で見る羽目になります。
      英語字幕の場合はDVDの再生を何度もストップして、字幕を読まなきゃいけなくて本当に大変です。
      おかげで、今ひとつストーリーに入り込めないままになることも多いです(溜息)。

  2. いお返事にお返事しちゃいました!再びこんばんは~♪
    >何とか読めて、少しは聴き取れますが
    独学でそこまでいけるのはすごいです!小穂さん!本当に尊敬です! 今になってどうして大学時代 第2外国語を中国語か韓国語にしなかったんだろうと大後悔です・・・(笑) これからでも遅くないかな?・・・と少し手をつけようか悩んでいるところです。

    そうですね
    小穂さんのおっしゃるとおり「下一站~」のこちらに響くものというか、あのドラマの素晴らしさは 私も他にないくらいだと思います。
    >光晞は光晞であって、VanNessではなかったですが
    本当にそうなんですよね!私V氏 ってすごく苦手(失礼!)だったのですが光晞は大好きでした。好きじゃない人が主役のドラマってやっぱりダメって事が多かったのにこれは完全に違いましたから!!
    未だに下一站~のサントラを毎日聴きながら日々すごしております。

    (追伸:小穂さんゴメンナサイ!別のアドレスを間違えてスンギの記事につけてしまいました!どちらも私”奶糖” でございます・・・)

    • 奶糖 さん、こちらにもありがとうございます。
       
      中文を勉強し始めてから、それなりに時間が経っているのに、まだまだです(^^ゞ。
      暇があったら中文を見るか聞くかしてるんですけど。
       
      私も大学時代にとっておけば良かった……と思いました(..;)。
      友人が中国語をとっていて、面白そうだとは思ったものの、うちの大学は第二外国語は選択必修じゃなく、選択科目だったので、何もとらなくても良かったんですよね。
      英語でかなりうんざりしていたので、もう外国語はいらない!と思ったのが間違いでした。
       
      韓国語も何とか……と思うのですが、こちらは難しいです。
      辞書が引けないんですよね(..;)。
      日本語と同じで、動詞など原形を見つけないといけないものが、なかなかわからなくて。
      ハングルが読めるという段階で止まったきりです(ーー;)。

      『下一站,幸福』は本当によくできたドラマだったと思いますね。
      どうしてもキャストが話題になりがちですが、ドラマで最も大切なのは「物語」だという当たり前のことを再確認させてもらった気がします。
      私はVanNess好きですが(^^)、でも彼ははっきりいって、言承旭や仔仔に比べると、主役としては弱いのは否めないですし、安以軒も大陸での仕事が続いて、台湾での人気がそれほど高かったとは思いませんし。
      そんな中で、あれだけの評価及び結果が得られたのは、やはりストーリーの持つ力だったと思います。
      魅力的な物語、いい脚本があって初めて、役者の魅力も生きてくるんでしょうね。
       
      音楽も良かったですよね。
      「我愛他」や「一切為了愛」を聴くと、ドラマの場面が浮かびます。
      エンディングでは「突然想愛你」の周華健の声にうっとり(彼の声のファンなもので / 笑)。
       
      視聴率では『命中注定我愛你』『無敵珊寶妹』に次いで台湾偶像劇史上歴代3位だそうですが、この3つの作品なら、ダントツで『下一站,幸福』ですよね!
       
      (アドレスの件、全然問題ありませんので、お気遣いなさらないでくださいね。)

  3. はじめまして

    香港に住む専業主婦で台湾ドラマにはまっているものです。(流星花園からはまりはじめました)
    最近はアジアポップスも心地よく感じるようになり、検索をかけていたところこのブログにたどりつきました。
    「就想賴著妳」のDVDを見たのですが、なにぶん広東語も自己流で北京語も習いにいったことがないので、かなりアバウトにみています。
    ぜひ記事の続きがきになるので、パスワードを教えていただけると幸いです。
    よろしくお願いします。
    ごめんなさい、メールを送ってみたのですが、エラーになってしまうのでコメント欄に記入させてもらいました。

    • marieさん、こんばんは!
      はじめまして。
      コメント、ありがとうございます。

      香港にお住まいですか?
      羨ましいです ^^; 。
      最初に出会った中国語は広東語で、未だに何とか少しでも理解できるようになりたいと思っているのですが、全然前に進みません。
      広東語と北京語では表現の仕方や文字が異なることもあって、両方を理解するのはなかなか難しいですね。

      北京語も広東語も、中華圏の音楽は私も大のお気に入りです。
      魅力的なアーティストさん&曲が多いですよね。

      『就想賴著妳』のエントリーについては、それほどしっかりした内容のものでもなくて、申し訳ないくらいですが、パスワードはメールで送らせていただきました。

      またお気が向かれましたら、覗いていただけると嬉しいです。
      よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中