第2話&第5話

『偷心大聖PS男』の第2話と『就想賴著妳』の第5話が放送された昨日。
 
視聴率ですが、『就想賴著妳』が3.27、『偷心大聖PS男』が3.23という平均視聴率を記録したようです。
 
『就想賴著妳』の視聴率は、これまでと大きく変わらない数字なので、『下一站,幸福』の視聴者はどこへ流れたの?というところでしょうか。
 
  
今週は、時間に少しだけ余裕があるので、早速、どちらも見ることに。
 
 
以下、また折り畳んでおきます。
 
 


 
 
まず初めに見たのは『偷心大聖PS男』。
やっぱり面白いです。
 
今回は夏和杰と馬小茜の因縁が小茜の口から語られていましたが、相当根に持ってますね、小茜。
でも、あれはどう見ても、気になるから意地悪をするという典型的なパターンでしょうに(笑)。
 
 
それからようやく阿曼達と接近できた和杰。
和杰は阿曼達と賭けをすることに。
社会奉仕期間の間に、彼女が自分を愛するようにしてみせる、と。
そのためには手段を選ばないというところが、夏和杰という人らしいところ。
阿曼達と小茜が親しいので、小茜にも親切にしてみたり(「将を射んと欲すればまず馬を射よ」ってやつですね)、面白い人です。
 
今回は姿が見えなくなった小小彬が演じる小陀螺を探し回り、発見後、低血糖で気を失っている彼を病院に運ぶあたりがストーリーのポイントでしたね。
和杰もちょっとだけ良い人に見えてきたりして。
 
しかし、小小彬、今回も糖尿病だなんて(^^ゞ。
 
溫昇豪は今週もまだ出てきませんでした。
次週こそ。
彼の登場で、物語がどう変わるのか、楽しみにしています。
 
 
 
 

一方の『就想賴著妳』。
4話、5話のこのあたりで、項羽平は自分が楊果に魅かれていることに気づきますね。
 
楊果がいなくなって、すっかり寂しくなっている羽平が実に可愛らしい(笑)。
潘慧如を諦めさせるために楊果に恋人のふりをさせますが、ここで羽平が楊果に言った言葉は彼の本音ですよね。
いつもは言いたくても言い出せないでいる言葉を口にする言承旭の、切なさをはじめとしたさまざまな感情がないまぜになった表情がとても良かったです。
 
 
また、利用されたことで怒る楊果に謝りに行った時、彼女が比較的簡単に許してくれたことで複雑な表情を浮かべるのも可愛らしいですね(笑)。
 
楊朵に「もしもその男に気があれば腹を立てる」と言われ、すっかりその気になっていた羽平(笑)。
謝りに行って、「その人が謝ってもまだ腹を立てているようなら、その女性はその男が好きだってことですよ!」との彼女のアドバイスに、かなり舞い上がっていた羽平は本当に可愛い ^^ 。
言承旭のコロコロ変わる表情が見どころでした。
なのに、あっけないくらい簡単に彼女が許してくれて、可哀想にすっかり肩透かしを食らった気分だったでしょうね(^^ゞ。
 
 
とにかくこのドラマは言承旭とElla それぞれの魅力が堪能できる作品で、そこが私にとっては一番の見どころかもしれません。
ストーリーとか演出などはどちらでもいいと思えるくらい、魅力充分なので。
Ellaも可愛いですが、言承旭は本当に可愛いというかチャーミング。
歳を重ねるごとに可愛らしくなっていっている気がします(笑)。
 
この先、少し羽平には辛い展開もありますが、でも、ハッピーエンドは確実だし、気軽にこの先の展開を楽しみたいです。
 
 

第2話&第5話」への2件のフィードバック

  1. はじめまして 奶糖と申します
    「下一站~」からオンライン視聴が習慣となり 中国語も出来ないのに ( 英字幕で復習しつつ) 「PS男」 観ております。
    おもしろいですよね~すっかり和杰の憎たらしいキャラ(笑)と小茜のかわいらしさにノックアウトされちゃいました♪ なんせ中国語が??ので不明な箇所も多くこちらで日本語の記事を拝見できるのがとてもありがたいです
    余談ですが「下一~」は私とって本当に大好きな作品となりましたが あの最終回は未だ 賛否両論なようですね・・・私はあれで良かったと思いましたが 「私たちに最終回を返して!」といった中国語の書き込みを沢山みかけ驚きました。 確かにもう少しじっくりその後みていたかったですが・・・
    長文失礼しました!これからも記事楽しみにしています~

    • 奶糖さん、こんばんは!
      そして、はじめまして。
      コメント、ありがとうございます。

      『PS男』、和杰がなかなかいいですよね。
      藍正龍にはよく似合っている役柄だと思います。
      小茜も可愛いですね。
      隋棠に“可愛い”というイメージは持っていませんでしたが、この小茜は可愛いなぁと思いながら見ています。

      ちゃんとしたレビューを書く元気(?)はないので、いい加減なエントリーですが、少しでもお役に立つようなことがあれば嬉しいです。
      私も、最初は中国語がわからないまま、電子辞書を片手にドラマを見ていました。
      当時はまだYouTubeもなかったのでVCDなどを買って見ていましたが、ドラマでは英語字幕がついたものもありませんし、中文を理解できるようになるしかなかった、という感じで(^^ゞ。
      でも、学校での勉強とは違って、楽しみながらですし、意欲も充分なので(笑)、それほど苦痛にはなりませんね。

      『下一站,幸福』、30分だけの最終回ということ自体に不満をお持ちの方も多いようでしたね。
      できればもっと長く見ていたかったですが、でも贅沢を言ってはきりがないですし。
      私も、あれはあれでよかったと思っています。
      とても素敵なドラマで、とても愛されていただけに、不満も大きかったのかもしれませんね。
      私にとっても、本当に印象深いドラマの1つになりました。

      またお気が向かれましたら、覗いていただけると嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中