『台北異想 舊・情人』

昨年後半からずっと楽しみに見ていたドラマ『下一站,幸福』も残すところ最終話のみ。
春節のためお預けをくらってしまいましたが、日曜日の放送が楽しみです。
 
 
そしてこのドラマで一躍注目を集めたのが花拓也を演じる吳慷仁。
私もすっかり魅かれてしまっていますが(笑)、断片的に出てくる情報を見ていると、なかなかの苦労人みたいですね。
大体、「年はいくつなの?」という話題が最近までファンの間で飛び交っていたという、意外と詳細な情報が見当たらない人でもあります。
ちなみに、82年生まれの27歳という話。
事実なのだとしたら、曾少宗より年下なんですね〜(笑)。
先日、『百萬小學堂』に出演して、小燕姐に噂のお相手である曾愷玹のことで突っ込まれてしどろもどろになっているのを見ると、まだまだ新人さんの初々しさみたいなものが感じられましたが。
 
 
俳優さんとして、とても魅力的だと思う吳慷仁ですが、そうなるとやはりこれまでの出演作が気にかかる、ということで、既に『沿海岸線徵友』『渺渺』は視聴済みで、こちらでも取り上げてみました。
どちらの作品でも、非常に印象的な演技を見せていて、今の拓也に繋がるものを感じさせられました。
 
そしてあと1つ、blogのエントリーとして取り上げていなかったのが『台北異想』。
これは公視の作品で、1日24時間を8つの時間帯に区切り、それぞれの時間帯を舞台に8人の監督が物語を描くという、なかなか面白い企画もの。
豆導作品もありますね。
 
 
吳慷仁は15時から18時までの時間帯を舞台にした作品『舊・情人』に出演しています。
『渺渺』の程孝澤監督の作品。
共演は許瑋甯と蘇炳憲。
『下一站,幸福』で以茜役の許瑋甯とは既に共演済みだったわけです。
 
吳慷仁扮する阿豪は新入りの下っ端ヤクザ、許瑋甯はボスの女、そして蘇炳憲がボス。
吳慷仁は情人節当日、ボスの命令で許瑋甯を見張っているのですが、それに気づいた彼女にはめられて……、という作品です。
 
 
体当たりの演技としか言えない吳慷仁(笑)。
服を着ているシーンの方が短いですし、字義通りの意味で“拘束”されている時間の方が長いです(汗)。
でもやっぱりこの人は何とも言えず、印象に残る俳優さんです。
とても真剣に役に取り組んでいるのが伝わってくる気がします。
これは拓也についても同じですが。
 
阿豪も可愛らしいのですが、ボスがまたいい(笑)。
何ともチャーミングなボスで、許瑋甯が彼から離れられないのも納得でした。
 
また、その容姿ばかりが優先されて、役者さんとしてはあまり評価されていない気がする許瑋甯ですが、この作品の彼女は登場シーンは多くないですが、何だか可愛らしくていい感じ。
意外な魅力を見せてくれました。
 
 
しかし、あの後、阿豪は一体どうなったんだろう?(笑)
 
 
どの作品も面白いのですが、とりあえず『舊・情人』のみのリンクを。
「台北異想-4」の最後数分から始まって、「台北異想-6」の最初1分程度でお終いです。
 
20090223公視-台北異想-4
 http://www.youtube.com/watch?v=WpjNjFJFOBM&fmt=35
 
20090223公視-台北異想-5
 http://www.youtube.com/watch?v=_UtWHnWwe68&fmt=34
 
20090223公視-台北異想-6
 http://www.youtube.com/watch?v=626I1W8prsY&fmt=35
 
 
ちなみに、去年、東京国際映画祭で上映されているんですね。
 
東京国際映画祭 | 台北24時
 http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=87
 
 
 
ついでにといっては何ですが、曾愷玹と共演したMVもYouTubeで見ることができます。
曾愷玹は言承旭の『心星的淚光』で顏睿珊を演じた彼女ですね。
 
張信哲 殘念
 http://www.youtube.com/watch?v=RKJGxGMWsQs&fmt=34

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中