張國榮「陪你倒數」

新しいアルバムでお気に入りのものについては、感想をアップしてきましたが、ブログを始める前のものについては取り上げる機会がないのが悔しいので、以前のアルバムについても感想をアップしてみようと思います。
旧譜なら、取り上げたいものも山ほどありますし(笑)。
 
 
で、まず記念すべき(???)第一弾は、それまで洋楽一辺倒だった私をアジアに誘ってくれたレスリー・チャン(張國榮)の音楽作品を。
 
 
レスリーのCDはリリースされている枚数も多く、ベストアルバムも多くリリースされていますので、どれを選ぶか非常に難しい……。
要するに、どれもこれも大好きなもので(笑)。
 
 
とりあえず、哥哥の音楽に初めて触れるという方にはベストアルバムがお薦め。
没後にリリースされた「摯愛 1995~2003」などはバランスよく楽曲が含まれていて、聴き応えもあると思います。
日本版もリリースされていますし、レスリー・チャンの音楽を初めてお聞きになる方にはよろしいのではないかと。
 
 
ベストアルバムを除いて私のお気に入りはというと、非常に悩みつつ「陪你倒數」かな、と。
「夢死醉生」「左右手」「春夏秋冬」「心跳呼吸正常」「全世界只想你來愛我」「寂寞有害」など、このアルバムに含まれている曲には特に好きなものが多いです。
バラードからロックテイストまで、なかなかバラエティに富んだ楽曲が揃っているのも魅力。
また、大好きな林夕の作品を初め、詞が魅力的なものが多いんですよね。 
 
何度か書いていますように、哥哥は歌がとても上手いとは残念ながら言えないのですが(汗)、とにかく歌の表情が豊かなのが魅力的。
楽曲によって、包み込むような優しさを感じさせたり、突き放すような冷たさを感じさせたり……。
俳優としての張國榮の持つ表現力と同等のものが音楽の中にも現れていて、非常に優れた表現者だということを実感させられます。
そのややハスキーな声も相まって、哥哥の音楽は聴き飽きることがありません。
 
 
YouTube – 張國榮 – 春夏秋冬
 http://www.youtube.com/watch?v=skVIpd3uCa8&fmt=34
 
YouTube – 張國榮Leslie-左右手MV
 http://www.youtube.com/watch?v=Y3mRYXSwrds&fmt=18
 
YouTube – 張國榮Leslie – 心跳呼吸正常MV
 http://www.youtube.com/watch?v=4xJGSZQ8b78&fmt=18
 
YouTube – 張國榮Leslie – 夢死醉生MV
 http://www.youtube.com/watch?v=Wwfmb2dsU-0&fmt=18
 
 
また、哥哥はライブでのパフォーマンスも秀逸。
とはいえ、ライブ映像を見るのは実は未だに辛くて、ついつい涙で哥哥の姿は霞んでしまいがちなのです。

張國榮「陪你倒數」」への2件のフィードバック

  1. 小穂さん こんばんは!

    とても懐かしくなりました!私もちょうど「陪你倒數」の頃に哥哥や梁朝偉をきっかけに香港にはまりました。広東語はおろか中国語も学習した事がなかったのでまさに見るもの聴くもの初めてのものばかりでした。「月亮代表我的心」も彼の跨越97のライブ映像で覚えたのでした。
    MVも何度見たことか!
    と言う割には忘れていましたが(汗)、リンク先を拝見したら忘れていた歌詞がすらすらと(発音は怪しいですが 笑)出てきました。
    仰るようにバラエティの富んでいて、ベスト1を選べませんよね。
    フォークっぽくて温かみのある「春夏秋冬」や、やさしさが伝わってくる「左右手」、哥哥らしい煽情的なパフォーマンスの「陪你倒數」や「夢死醉生」・・・。

    ライブではチャーミングだったりSEXYだったりファンを煽ってみたりと本当に魅了されますよね。今までもこれからも私にとって唯一無二の存在だなあと思います。

    • Ruminさん、こんばんは!

      哥哥のアルバムならどれが一番好きかなぁと考えながらiTunesを眺めていたのですが、どれもこれも懐かしい気がしてしまっていました。
      たまたま入ったCDショップで、このCDを見かけて、「哥哥の新譜だ〜」と手に取った時のことは今も鮮明に今も覚えているのですが。
      ジャケットが実に哥哥らしい気がして、良いですよね(笑)。
      前作の「紅」も鮮烈でしたが……。

      私も、香港の音楽シーンに興味を持ったのも、哥哥がきっかけでした。
      Ruminさんと同じように、哥哥にはまった当時は中国語もさっぱりで、何もかもが珍しかったです。
      洋楽とはまた違う、そして日本の音楽ともまた違う独特の世界がとても興味深かったのを覚えています。

      中華圏の原体験はブルース・リーですが、さすがにリアルタイムではないので、見たのは吹き替えの映画で、当然日本語を喋ってましたからね(笑)。

      >「月亮代表我的心」も彼の跨越97のライブ映像で覚えたのでした。

      私も、哥哥が最初だったと思います。

      MVも本当に繰り返し見ましたよね。
      あの日以来、あまり見なくなってしまっていますが、「春夏秋冬」などは今でも特に印象に残っています。
      当時も話題になりましたが、セシとの年齢差を全く感じさせない哥哥がすごいですよね(笑)。
      下手したら親子でもおかしくない年齢差なのに。

      哥哥は、どのアルバムもそれぞれ魅力があって、好きなものばかりなのですが、『陪你倒數』はなぜか特にお気に入りの1枚です。

      ベスト1は選べませんね〜。
      でも、気持ちが落ち込むと「春夏秋冬」の歌詞が頭に浮かんできて(やはり怪しい発音でですが / 笑)、随分とこの歌に支えてもらったことがあったように思います。
      哥哥の歌には、辛い時に支えてくれたものが多いんですよね。
      それもまた彼に魅せられる理由の1つかもしれません。

      ライブでの哥哥は、本当に千変万化、どの顔も確実に見る人を魅了しますよね。
      複雑な、深みのある人だとライブを見ると特にそう感じます。

      >今までもこれからも私にとって唯一無二の存在だなあと思います。
      大きく頷いてしまいました。
      私にとっても、この先いつになっても、誰にも替えられない特別な、ただ1人の人だと思います。
      だからこそ、時々、その不在がとてつもなく寂しく思えます……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中