『就想賴著妳』メイキング&『下一站,幸福』16話

17日に放送された『就想賴著妳』のメイキングと『下一站、幸福』の16話。
どちらも気になるので、何とか時間を作って、見てしまいました(笑)。
 
『就想賴著妳』の方は、出演者のインタビューを含むメイキングですが、とにかく印象的だったのは、言承旭。
これまでにこんなにリラックスした言承旭を見たことがあっただろうかと考えてしまうほど、いい感じに肩の力が抜けていましたね。
恐るべし、Ella(笑)。
やはり彼女の存在が大きいのだろうと思います。
息が合っていて、心を許しているのがよくわかる2人の距離感でしたし。
言承旭にとっては、まさしく「就想賴著妳」といったところでしょうか(笑)。
 
 
何だか見ていてホッとするというのか、嬉しくなるような言承旭の姿に、ドラマへの期待も高まりました。
良いドラマになりそうですね。
 
 
そしてそれを迎え撃つ形の『下一站,幸福』。
視聴率はまた少し上がって、7.15だったそうですが、いやぁ、大変な展開に。
 
 
以下、ご覧になってらっしゃらない方もいらっしゃると思いますので、折り畳んでおきます。
 
 

 
結婚して、これで落ち着いて2人の恋愛の部分のお話が展開するのかなと思っていたら、光晞が大変なことになりましたね。
でも光晞が言うように、弁護士としては何も間違ったことはしていないのに。
 
小林が言っていたように、強がり名人の光晞、慕橙に心配をかけないためにも、何も言わずに1人で抱え込んでいますが、慕橙が放っておけるはずもなく、これが2人の関係が修復されるきっかけになるんでしょうね。
予告を見ていると、慕橙をもう一度信頼し始めているような光晞の様子にホッとしました。
 
 
そして不満だった光晞の慕橙に対する気持ちが見えにくいところも、拓也への嫉妬の形でしっかりと表現されてきていて、何だか安心しました(笑)。
 
 
今回、可哀想だったのは拓也と痴心ですね。
特に痴心は……。
拓也が必ず助け出してくれるでしょうが、可哀想で可哀想で……。
 
拓也も、辛い気持ちを慕橙にぶつけてしまいましたが、自分が放った言葉に自分が傷ついている部分もあるんじゃないかと思えて、とにかく可哀想でした。
「一番の友達だ」というあの言葉は、あの状況での拓也には最も残酷な言葉だったことでしょうし……。
自分を受け入れてくれた慕橙にあれほど幸せいっぱいだっただけに、このシーンの拓也を見るのは辛かったですね。
拓也にも、幸せな結末を用意してあげてもらえるといいのですが……。
 
 
次回は光晞と慕橙の関係が大きく前進しそうな気もしますね。
『就想賴著妳』の放送も始まりますし、日曜日が一層待ち遠しくなりそうです。

『就想賴著妳』メイキング&『下一站,幸福』16話」への4件のフィードバック

  1. 小穂さん
    こんばんわ~
    メイキング見てきました~
    ドラマの内容もおもしろそうで気になったのですが、それよりも、EllaとJerryの距離感のほうが気になってしまって。
    これは、ファンOKなんでしょうか・・・・
    ってすっごく兄妹みたいで、きっとファンもそう思うんでしょうが。
    それにしても、距離近いし、触りあってるから、おお~と思ってしまいました。
    あんまりみないですよね。撮影以外でこれくらいの距離感の主演男女って。

    Ellaマジック。すごいですね。
    ドラマが楽しみです~♪
    そして、この2人みてて、なんだか、サンチュカップルを思い出してしまった私です。(いつまでサンチュ病かって話ですが。最近煩悩が多くて癒されたくて見直したりしているもので)

    「下一站,幸福」
    これは来週に期待ってところですね。動きが来週はありそうですよね。
    今週は、ほんとうに、可哀そう・・・・っていうシーンが多くて。

    「神話」
    がんばって見ているんですが、中だるみして途中とばして、最後まで見切りました!!項羽に1票!最後のシーンがすごかったです。
    あとは、小川の秦時代のお兄ちゃんも好きです!
    あと、私は初めてみた、とうあん公主がかわいかったです!

    • orangeglassesさん、こんばんは!

      『就想賴著妳』のメイキングでの言承旭とElla、ピッタリくっついたままでしたよね(笑)。
      それほど親しくない間柄なら、取れないはずの身体距離でしたし、お互いの身体に触れることも多くて、しかも触れているところがかなり親密な関係でなければ、普通は触らないところだったりもしたので、話の内容よりもついつい2人の仕草の方に目が行ってしまいました(笑)。
      仕事の関係もあって、いわゆるボディランゲージにはもともとかなり注意を払うほうなので、ついつい2人の仕草の意味を解読しようとしてしまっていました(笑)。

      >あんまりみないですよね。撮影以外でこれくらいの距離感の主演男女って。
      ですね。
      ちょっと驚きました。
      台湾の人は、日本人に比べると身体の距離が近い人が多い気はしますが、それにしても、こんなにくっついたままの2人って初めて見た気がします。
      言承旭は、すぐに人に心を開くタイプじゃないと思うのですが、そんな言承旭の壁をも崩してしまえるものをEllaは持っているんだろうなと思います。
      Ella、凄すぎますよね。

      >そして、この2人みてて、なんだか、サンチュカップルを思い出してしまった私です。
      可愛らしさが共通していたのでしょうか?(笑)
      でもサンチュカップルには、ここまでの接触はなかったですよね。
      お互い恥ずかしがってることが多かったですから。

      『下一站,幸福』は次回の予告を見て、かなり期待しているところです(笑)。
      今週は、辛い部分が多すぎましたね。
      次回は、もう少し楽しい部分がたくさんあると嬉しいです。
      光晞と慕橙との関係にも変化が生じそうですし、楽しみですね。

      『神話』、私はほとんど進んでないんですよ(汗)。
      見たい見たいと思うのですが、なかなかまとまった時間が作れなくて……。
      最初は胡歌が小川と大川の二役の予定だったのが、彼の体調なども考慮して小川だけになったみたいですね。
      二役、ちょっと見たかったんですけど。
      最後のシーンを楽しみに、ぼちぼち見ていきます。

      圖安公主を演じているのは白冰でしたっけ。
      彼女は、『苦咖啡』での胡歌のお相手ですよね。
      こちらも一層楽しみになりますね。

  2. 小穂さん
    こんばんわ~

    >『就想賴著妳』のメイキングでの言承旭とElla、ピッタリくっついたままでしたよね(笑)。
    それほど親しくない間柄なら、取れないはずの身体距離でしたし、お互いの身体に触れることも多くて、しかも触れているところがかなり親密な関係でなければ、普通は触らないところだったりもしたので、話の内容よりもついつい2人の仕草の方に目が行ってしまいました(笑)。

    ですよね。
    やっぱり、目がいってしまうのが、普通ですよねー
    耳とか普通さわるか~?!と思いながら、見てしまいました。
    ドラマがボディタッチの多い接近した感じだから普通になってしまったのかもしれませんが。
    この2人、兄妹でなくても、カップルとしてお似合いなのになあ~なんて思ってしまいました。

    >『下一站,幸福』
    後の記事であげてもらった予告をみました~
    あー楽しみ♪

    • orangeglassesさん、こんばんは!

      『就想賴著妳』のメイキング、インタビューの内容よりも何よりも、2人の仕草に釘付けでした(笑)。
      あれは誰が見ても、目が行ってしまうでしょうね。
      言承旭のあんな姿は勿論初めて見ましたが、Ellaもあそこまでピッタリというかべったりくっついてのインタビューというのは、これまでなかったですよね。
      昨日の会見の席で、ドラマの役柄に入り込む中で、言承旭を好きになってたみたいだと語ったようですが、そういう感じの2人でしたよね。
      身体に触れることも多かったですし、お互いに視線を向けることも多かったですもんね。
      正直、結婚間近とか新婚ほやほやのカップルの様子そのものに見えました(笑)。
      悩んで落ち込むタイプの言承旭には、Ellaは実にいいお相手かもしれませんね。

      『下一站,幸福』、そろそろ最終回が近いんでしょうね。
      展開が早まるかもしれませんね。
      光晞の明るい表情と、慕橙をからかう様子を見たら、一層放送が楽しみになりますよね。
      あと少しですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中