信樂團に新ヴォーカル加入

ヴォーカルの信(蘇見信)の突然の脱退の後、ヴォーカル不在となっていた信樂團。
 
ずっと新しいヴォーカルを探していましたが、見つかったんですね。
気づくのが遅くなりましたが、雲南での跨年晩會に新しいヴォーカルを迎えた信樂團が出演していました。
 
YouTube – 新任主唱劉文傑正式加入信樂團 · 09-12-31 雲南跨年演唱晚會
 http://www.youtube.com/watch?v=QF8laBbsWs8&fmt=34
 
 
新しいヴォーカルは劉文傑。
大陸の人で25歳。
若いですね〜(笑)。
 
 
信樂團のファンそれぞれが、いろいろな感じ方をしているのでしょうが、YouTubeで流れてきた「離歌」の出だしで「あぁ、良いヴォーカルを見つけたなぁ」と呟いたくらいで、私、新ヴォーカルの劉文傑を既にかなり気に入っております(笑)。
YouTubeの映像は何度も繰り返し見ましたし(笑)。
 
 
雲南では「離歌」と「死了都要愛」を歌っていましたが、跨年晩會の決して音楽をやる場としては条件が整っているとはいえない状況の中であれだけ歌えていれば、まず歌唱力や音域には問題はないはず。
報道によると、音域は阿信よりも少し広いんだそうですが、声質も阿信に似ていますね。
阿信よりやや甘い気もしますが。
 
歌い方も、おそらく阿信のそれに影響を受けているのでしょう、ところどころ阿信が歌っているのかと思うところもありました。
これまでに作られた信樂團の曲は、個性の非常に強い阿信のために作られた曲ですから、誰が歌っても、阿信のスタイルに引きずられてしまうところがあるのだと思います。
 
ですから、鍵になるのはやはり劉文傑のために作られるこれからの楽曲ですね。
既に新曲が1曲仕上がっていて、今月中には発表されるという話。
これがどんなスタイルの曲に仕上がっているか、それがとても気になります。
 
ですが、信樂團の場合、Keith老師(Keith Stuart)がこれまで通り、“6人目のメンバー”として存在してくれるので心強いです。
彼こそが信樂團の屋台骨を支えている人だと思っているので、Keith老師がいる限り、その音楽性についてはあまり心配しなくてもいいのかな、なんて思ったみたり。
 
ソロになって以来の阿信の楽曲に、信樂團時代ほどには はまりきれない最大の理由はKeith老師の不在にあるような気がしています。
それくらい、信樂團にとってのKeith老師の存在感は大きいものだと思います。
 
 
そのKeith老師が、阿信の時のように育てていこうとしている劉文傑。
ライブやレコーディングの経験が不足していることは否めませんが、これから経験を積めばいい話。
最初は、どうしても阿信と比べられてしまうでしょうが、それにめげずにいて欲しいですね。
少しずつ自分の個性を出していって、阿信のいた信樂團とはまた少し違う劉文傑のいる信樂團を作り上げていって欲しいと思います。
 
 
信樂團の新曲の話題は阿信の新譜の噂を聞いた時よりも、実は心躍るニュースだったりしました。
 
それくらい “信樂團” の音に飢えてるのでしょうね(涙)。
阿信の “声” も大好きですが、やっぱり私が好きなのは “信樂團” の音楽なんだと思います。
 
これからもまだまだ順風満帆とはいかないでしょうが、とにかく新しいヴォーカルを迎えた信樂團の今後に期待です。
新生・信樂團の新しいアルバムを手にできる日が待ち遠しいです。

広告

信樂團に新ヴォーカル加入」への14件のフィードバック

  1. すごいですねえー彼!
    これは、今後期待大ですねー!!!
    あとは、ライブ慣れして、自分らしさをだしていけたら、彼は絶対伸びますねえー
    すごいVocal発掘ですね。
    新曲が楽しみ~!

    • orangeglassesさん、こんばんは!

      そうなんですよ、すごいですよね、彼。
      もうすっかりお気に入りで(笑)、このビデオ、しつこいくらい何度も繰り返し見てしまっています。

      まだまだ表現力などでは阿信の域には到達していないとは思いますが、それはこれから経験を積んでいけばいいことですし、今の時点でこれだけ歌えて、これだけ見せてくれれば充分満足です。

      曉華の「我們回來了」という言葉に感動して(笑)、「希望你們拭目以待」という言葉に大きく頷いてしまいました。
      とにかく信樂團ファンとしては、これ以上ないくらいの嬉しいニュースで(涙)。

      >すごいVocal発掘ですね。
      ですね!
      さすがは大陸、すごい人材が眠っていてくれて助かりました(笑)。

      今は新曲がとにかく楽しみです。
      そして早くフルアルバムを聴かせてもらいたいですね。

  2. 小穂さま

    こんばんは。

    いや~~良いわ!良いわ!
    恐るべし大陸(笑)思わず、今までどこに隠れていたの!って叫んでしまいました(笑)

    声質、歌い方、確かに阿信に似てますね~
    ホント、阿信が歌ってるのかと錯覚しそうなところがあります(涙)年齢や経験の違いからでしょうが、阿信ほど声に色気や哀愁が感じられませんが、まだまだ若い彼、劉文傑。。。これからの成長が楽しみです。

    久しぶりにドキドキしました(笑)
    今から、アルバム出たら「即買い」宣言しちゃいます~

    • たいわんこさん、こんばんは!

      >いや~~良いわ!良いわ!
      ですよね〜 ^^
      私も一体どんなもんだろうと思いながら聴いてみたのですが、歌い出しを聴いただけで思わず「ええvocal、見つけてきたやんか……」としみじみ呟いてしまいました。

      やっぱり大陸には凄い人材が眠ってますね。
      本当に今までどこに隠れてたのでしょうね(笑)。

      ところどころ、阿信に似ていて、ちょっと胸が痛くなりました。
      まだまだ阿信の域には到達できてはいませんが、25歳で、それほどの経験のない中であれだけやれればもう充分ですよね。

      絞り込まれた8人の候補者の中から2人が選ばれ、メンバーと同行しながら最終的な選考が行われ、劉文傑に決まったようです。
      8人の候補者による選考の様子は映像で見ることができるので、改めて見てみたのですが、選考時に比べると、跨年晩會の時は既に相当上手くなってるんですよね。
      成長が早いというか、吸収が早いというのか……。
      成長著しいのを実感して、彼と信樂團の今後が一層楽しみになりました。

      8人の候補者の歌をそれぞれ聴いてみて、一番良い人を選んだなと思いました。
      どうやら私、既に劉文傑のファンになってしまったようです(笑)。

      >久しぶりにドキドキしました(笑)
      私もです(笑)。
      なぜだか、ドキドキしますよね。
      阿信とはまた違うドキドキなんですけどね。

      アルバムがでたら、私も即買い!です(笑)
      これは買わずにはいられませんよね!

      ずっと苦労してきただけに、この先、できるだけ順調にすべてが進むことを心から祈らずにいられません。
      早く新曲が聴きたいですね!

  3. はじめまして。信楽団のファンで、また4人になってからの信楽団&文傑と北京で友人になったおぐらと申します。信楽団で検索してたどりつきました。日本で信&信楽団のことをこれだけフォローしていらっしゃる方がおられて、大変うれしいです。

    31日の杭州のコンサート、バンドに来いよな~、と言われて週末2泊3日で行ってきました。23曲2時間半、素晴らしかったです。

    こちらに写真をアップしました。
    http://www.flickr.com/photos/30387557@N07/sets/

    ビデオも撮ってきたので順次 YouTube に上げたいと思っています。小穂さまはミクシィはやっておられますか? ボクはHPやブログは持っていないのですが、ミクシィで「信&信楽団」というコミュを始めたところです。もし、ミクシィをやっておられれば、是非お力添えください。

    • おぐらさま

      こんばんは!
      はじめまして。
      コメントいただいて、本当にありがとうございます。

      なかなか信樂團が好きだと仰ってくださる方とは出会えないので、いただいたコメントをとても嬉しく拝見しました。
       
       
      杭州でのコンサート、大陸のファンの方の感想はちらっと拝見したのですが、日本の方から感想をお聞かせいただけるとは思ってもいなかったことで、とても嬉しいです。
      「素晴らしかった」とのお言葉、この数年のことを思い出したからか、何だか私まで胸がいっぱいになりました。

      Flickrのお写真も拝見させていただきました。
      ライブの方はまだざっとしか拝見できていませんが、また改めてじっくり拝見させていただきたいと思います。
      どれもクリアで臨場感のあるすごいお写真ばかりで、写真を拝見しているだけで、彼らの音まで聞こえてくるような気がしました。
      リンクを貼っていただいて、ありがとうございます。

      YouTubeの方も図々しくも今から拝見できるのを楽しみに待たせていただきます。
      跨年晩會の映像を見て、自分がいかに彼らの音楽に飢えていたのかに改めて気づいたような次第ですので、動いている姿を拝見させていただけるのは嬉しい限りです。
       
       
      お訊ねのmixiですが、残念なことに やっていないんです。
      以前にお誘いをいただいたりもしたのですが、何となくそのままになってしまっております。
      「信&信楽団」のコミュニティとなれば、微力でも何かお役に立ちたいところではありますが、申し訳ございません。

      もしも私にも何かお役に立てるようなことがございましたら、お声をおかけいただけますと嬉しいです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  4. 小穂さま

    丁寧なお返事、大変ありがとうございます。そうですね、これだけ立派なご自身のブログがあるとミクシィは不要でしょうね。でも、ミクシィは日記を書く代わりにブログをリンクすることもできますので、中華ポップなど同好の士を見つけるにはけっこういいですよ。

    ボクはそこで「中国語カラオケを楽しむ会」みたいな1,000人のメンバーを擁するコミュに入り、中華カラオケの仲間ができて、ひとりで信楽団を歌ってます。

    YouTube ではウェンジェのサウンドチェックの声だしと、本番の1曲目だけアップを済ませました。出だしで音程がちょっとずれます…
    http://www.youtube.com/user/ogrequeen

    2曲目以降はまだアップしていませんが順次行きます。セットは以下の内容でした。

    1. 无可救药爱上你
    2. 假如
    3. 一了百了
    4. 天高地厚
    5. 死了都要愛
    6. 移民火星
    7. Fallen Angel
    8. 带刺的蝴蝶
    9. 海阔天空
    10. 不会消失的夜晩
    11. 想你的夜
    12. 活该
    13. 原来 (New Song!)
    14. 大惊小怪
    15. 我话事
    16. 世界末日
    17. 永不放弃 (08年にネットでのみ発表された曲)
    18. 不死心还在
    19. One night in 北京
    20. 一无所有
    21. 离歌
    22. 天亮以后说分手

    それから、Chris, Tomi, Keith Stuart は Facebook をやっています。(例: Tomiが下のURLです)
    http://www.facebook.com/home.php?#!/RockerTomi

    • おぐらさま

      こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。

      mixiについては、何ができて何ができないのか、そういう基本的なところも、私はおそらく よくわかっていないと思います。
      そんなお話をいただいた頃、ちょうど所謂「mixi 疲れ」が話題になり始めた頃だったことも重なって、何となく大変そうな気がしてしまったのですね。
      以来、お誘いをいただくことがなかったこともあって、それっきりになってしまっております。

      中華カラオケのコミュニティにも そんなに大きな規模のものがあるのですね。
      驚きました。
      さすがは日本最大手SNSですね。

      YouTubeにアップしていただいているビデオ、早速拝見させていただきました。
      確かに、最初の部分、音程が不安定になっていますが、出だしの1曲目でこれだけ歌えるのかと改めて感心させられました。
      場数を踏むことでライブでの安定感は増してくるものでしょうし、これから先が本当に楽しみになります。

      サウンドチェックの様子ですが、この歌声を聴いているだけで、わくわくドキドキしてしまいました ^^ 。
      一段と上手くなっていますね。
      彼の変化には目を瞠るばかりで、今後の信樂團にどんな新しい風を吹き込んでくれるのか、期待は膨らむ一方です。

      ライブのセットリストもありがとうございます。
      これ以上無いくらいの選曲ですね。
      信脱退後の「永不放棄」も「不死心還在」もやはり好きな曲です。
      動力火車も好きなものですから、「不死心還在」は 信樂團と動力火車が組むとこうなるのね、と 思いつつ聴いた曲でした。
      新曲の「原來」も中国のサイトで見たのですが、これまでとは少し趣が違う気がして面白かったです。
      これから先、どんな曲を聴かせてくれるのか、一層楽しみになりました。

      続きもアップしてくださるとのこと、楽しみに拝見させていただきたいと思っております。
      本当にありがとうございます。

      また、Facebookの件もありがとうございます。
      Facebookのアカウントは随分前に取ったきりで全く利用していなかったのですが、先日、FirefoxとGoogle ChromeにFacebook関連の拡張機能をインストールして使いやすくしたものですから、これから少しは利用していこうかと思っていたところでした。

      Flickrのお写真も、YouTubeの映像も、どちらもとても見応えがあって、楽しませていただいております。
      久しぶりに音楽に感動しつつ、見れば見るほど 多くの方に新しい信樂團の魅力を知っていただきたいと思わずにいられませんでした。
      あちらこちらで宣伝して歩きたいくらいです ;-) 。

  5. ボクも動力火車大好きです!

    08年末、動力火車がメインの年末ライブが北京であって、一緒に出て「不死心還在」をやってました。ミクシィの方にしか写真とかを上げていないんですが…

    1月31日のコンサート、5曲目までアップしました。5曲目で「死了都要愛」が登場です。

    http://www.youtube.com/user/ogrequeen

    • おぐらさん、こんばんは!

      動力火車、いいですよね。
      彼らも最近は中国での活動の方が多いのでしょうか?
      台湾ではあまり話題に上らなくなっている気がして残念です。

      YouTube、拝見しました。
      お知らせいただいてありがとうございます。
      どの映像も見応えがありますね。
      劉文傑も期待以上のパフォーマンスで、見れば見るほど、この場にいたかったなぁ、なんて思います ^^; 。
      (メール、いただいております。ありがとうございます)。

  6. 動力火車、大陸でもあまり活発に活動している状況ではないようです。去年の4月に日本に戻ってきてしまったので、詳しくはわかりませんが…

    去年新しいアルバムが出ているのを検索している中で発見し、今年になってからようやく買いました。中華系はボクが中国語が弱いので、気をつけているつもりでもよく乗り遅れます。これも好きな譚維維(07年超級女声の3位)の新譜と演奏会DVDも見逃していて最近買いましたし。

    YouTube は残りの曲も順次上げていきますので、お時間のあるときにご覧ください。YouTubeを見られない大陸ファンへのプロモとして(バンドのスタッフみたいになってきた…) Youku にもこれから動画を上げていかなくてはいけないので、まだしばらくは信楽団オンリーの日々になりそうです。本当は幅を広げたいんですけどね…

    小穂さんのブログで勉強させていただきます。

    • おぐらさん、こんばんは!

      動力火車だけではなく、実力があってもなかなか活躍の場が与えられないアーティストさんが中華圏でも多くいる気がして、残念です。
      音楽業界は、実力とセールスが必ずしも比例するものではないのはどの国や地域でも同じだとは思いますが、仕方のないことだと諦めきれないものがあります。
      台湾は特に落ち込みが大きな気もしますが。

      私も、新譜のリリースはよく見逃しています。
      Yesasiaだけは RSSでチェックしていますが、取り扱いのないものも多いですから。

      YouTubeも、楽しみにのぞかせていただきます。
      Youkuにもとなるとお忙しいですね。
      プロモーションとして、ライブ映像は非常に大きな力を持つものだと思いますし、きっとご覧になった方たちの中で信樂團に興味を持たれる方も出てきてくださるのではないかと。

      このブログでも、おぐらさんのYouTubeのチャンネルへのリンクをエントリーとして取り上げさせていただいてもよろしいでしょうか?
      どれだけの方が実際に興味を持ってくださるかはわかりませんが、もしもご許可がいただけるようでしたら、是非 紹介させていただきたいと思っております。
      どうぞよろしくお願いいたします。

      音楽にしても何にしても、自分が知らない世界がもっとあるはずだといつも思っているのですが、私もなかなか幅は広がりません。
      こちらこそ、これからもいろいろと教えていただけましたら嬉しいです。

  7. もちろん、写真の Flickr も YouTube もリンクして頂いて結構です。まだYouTube は残りが17曲もありますが…

    どうぞ、またよろしくお願い致します。

    • おぐらさん、こんばんは!
      ご許可いただいてありがとうございます。

      YouTubeで続きを拝見できるのを楽しみに致しております。
      本当に1曲1曲、堪能させていただいております。
      ですが、ご無理にならないよう、どうぞお気をつけくださいませ。

      こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中