『海角七號』

積ん読状態だった『海角七號』DVD。
ようやく見ることができました。
積んでいる間に日本公開も始まりましたね(汗)。
 
 
映画のストーリーについては、日本の公式サイトをどうぞ。
 
海角七号 – 君想う、国境の南 –
 http://www.kaikaku7.jp/
 
 
こちらは台湾の公式blog
《海角七號》電影官方部落格 :: 痞客邦 PIXNET ::
 http://cape7.pixnet.net/blog

 
 
まず、映画を見ての全体の印象は「台湾映画らしい映画」ということでしょうか。
香港映画の持つスピード感とは対照的で、台湾映画にはゆったりと流れるような作品が多い気がします。
香港映画に慣れてしまっているせいか、台湾の映画を見ていると、メリハリに欠けると感じられたり、途中で眠気に襲われることも実はあったりするのですが(汗)、この作品は130分間が短く感じられるほどでした。
 
映画の中では、台語がメインで、そこに國語と日本語が混ざる感じ。
そういう意味でも、「台湾」らしさが色濃く現れている気がしました。
 
また、茂伯の話す日本語、彼が日本語で口ずさむ「野ばら」、そして何よりも7通のラブレターによって語られる日本人教師と小島友子という日本名をもつ台湾女性との間の物語、それらを通じて日本統治下の台湾が透けて見えるようでした。
このあたりは、日本人としては、いろいろと複雑な思いを抱えてしまうところです。 
 
 
この映画、登場する人物が、みんなとても個性的で魅力的(笑)。
バンドのメンバーそれぞれが、さまざまなストーリーを持っていて、傷ついていたり、叶わなかった夢を抱えていたり、それでもそれぞれが自分の置かれた今の状況の中でそれでも前に進もうとしている、そういうところが感動に繋がったのかもしれません。
 
 
そして范逸臣のファンとしては、彼の演じる阿嘉がもうとにかく良い(笑)。
何だかとてもチャーミングなんですよね、阿嘉。
自分の音楽に自信を持っているのに、それが受け入れられず、失意のうちに地元に戻り、ひたすら無為な日々を送るミュージシャン。
怪我をした茂伯に変わり郵便配達を任されても、適当にしか仕事をしない阿嘉の姿に、彼の鬱屈した思いを見た気がしました。
そんな彼がバンドのメンバーたちとの関わりの中で、少しずつ、確実に変わっていくのがいいですね。
 
最後のライブの場面では、前半部分の不貞腐れたような彼とは全く異なる生き生きとした姿を見せていて、とても素敵。
登場人物たちは、年齢的にはそれほど若くはないですが(笑)、でも青春映画としても充分に成立している作品だったように思います。
 
 
一方、阿嘉が魅かれていくことになる友子さん。
おおらかな地元の人とは対照的に、いつも余裕なく、キリキリ、苛々しているその姿は、自分自身も含めた日本人の姿なのだろうかと自嘲しつつも、正直、阿嘉は彼女のどこが良かったのだろうかと思ってしまったのでした(汗)。
彼女も阿嘉ほどではないにしろ、少しずつ魅力的に変わっていっていたので、何とか納得できはしましたが。
 
 
特典のDVDで賴雅妍も言っていましたが、映画の最後で阿嘉が友子を抱きしめて言う「留下來…… 或者我跟妳走!」という台詞は良かったですね。
60数年前のラブレターに書かれた言葉もとても素敵でしたし、ラブストーリーとして見た時にも、とてもよくできた映画だと思いました。
 
 
歌手としてもとても魅力的な范逸臣ですが、俳優としても非常に魅力があるということを改めて感じました。
『惡男宅急電』で初めて演技に挑戦するということで、ニュースになったりもしたのを懐かしく思い出してしまいました(笑)。
あの頃は、まだまだ “情歌王子” のイメージを引きずってましたが(笑)。
でも、今の范逸臣の方が、圧倒的に魅力的ですね。
阿嘉と同様、挫折も含めてさまざまな経験が一層彼を魅力的にしたのだろうと思います。
酷愛樂團としての新譜のリリースと、映画『混混天團』の公開が楽しみです。
 
 
私が購入したのは限量導演版だったので、監督さんのコメンタリーが収録されています。
できればキャストも一緒だと言うことなかったのですが。
 
また、特典DVDにはキャストのインタビュー、メイキング、カットされたシーンなどが収録。
范逸臣にとって、最も印象的なのは、やはり最後のライブの部分だったみたいですね。
映画なので、何度も取り直しをするのが大変だったようです。
でも、その甲斐あって、素敵なシーンに仕上がりました。
 
 
他には出されなかった7通のラブレターのレプリカやポスター、「海角七號」の地名の入ったプレート、切手などなどが付属していて、これらが阿嘉が小島友子さんに届けた木箱を模した紙の箱に入れられ、小包み風に包装され、紐で結ばれているという凝った造りになっています。
 
 
 
楽しいですよね、こういう凝り方(笑)。
ただ、開けようとするたびに紐をほどいて、またしまう時には紐で結ぶのだけがちょっと面倒なのですが(汗)。
 
 

広告

『海角七號』」への6件のフィードバック

  1. 小穂さん こんばんは!
    ご覧になられましたね(笑)。
    登場人物が老若男女でそれぞれ思いを抱いていることも幅広い世代に受け入れられた要因と思いますが、やはり何と言っても范逸臣が最高ですよね(笑)。
    ベタである部分も監督が計算してのことと思いますので、そこには乗っかって楽しみました(笑)。残念なのは阿嘉と友子がひかれあっていく描写が少なかったことでしょうか。

    私も小穂さんと同じバージョンを購入しました。商品内容を知ったときには盛りだくさんで凝った作りに喜びましたが、プレートには笑ってしまいました!毎回結ぶのが億劫なのでDVDだけ除いて結んでしまってあります。

    • Ruminさん、こんばんは!

      やっと見ることができました(笑)。
      Ruminさんからお話しをうかがって以来、ずっと見たい見たいと思いつつでしたが(汗)。

      登場人物、特にバンドのメンバーそれぞれがいろいろな感情を抱えていることを上手に描き出していましたよね。
      美しく穏やかな景色も、劇中用いられる音楽も、とにかく魅力的な要素がたくさんある作品だったと思います。

      でも、やっぱり范逸臣に尽きますね!
      阿嘉、本当に魅力的でしたよね。
      普通のお兄ちゃんっぽいのに、でもやっぱり引きつけられてしまう何かがあるんですよね。
      范逸臣って、不思議な魅力の持ち主だと思います。

      >残念なのは阿嘉と友子がひかれあっていく描写が少なかったことでしょうか。
      そうなんですよ。
      友子が阿嘉に魅かれていくのはわかる気がするんですが(阿嘉が文句なく魅力的なので /笑)、全体にゆったりと流れるような作品の中で、この2人だけはそのゆったりした流れとは全く異なり、唐突に恋に落ちたように思えてしまいました。
      内容が盛り沢山すぎて、この2人の部分にあまり時間を割けなかったのかもしれませんね。

      あちらのメディア作品には、時々、非常に凝ったつくりのものがありますが、こういうのって楽しくて嬉しい反面、ちょっと面倒でもあるんですよね ^^; 。
      私もRuminさんと同じく、DVDだけ取り出しています。
      毎回ほどいて結んで……は億劫に思えますね。
      そしてプレート!(笑)。
      どうしろというのだろう?と しばらく手に持ったまま考えてしまいました(笑)。
      楽しいんですけどね(笑)。

      まだ特典の映像をきちんと見ていないので、時間ができたらそちらを見るのを楽しみにしています。

      范逸臣の音楽と映画、それぞれの次回作を心待ちにしているところです ^^。

  2. 小穂さん こんばんは!
    御無沙汰しておりました~!毎日寒いけれど、お元気に
    されてますか? こちらこそ、大変遅くなりましたが、
    今年もよろしくお願い致します♪

    この映画、私も早く見たいんですが、いつ見れるかな~?と
    いう感じです。
    そーなんですよね。台湾映画、ゆったりとした時間が
    流れてますよねぇ。
    この映画、小穂さんのお好きな范逸臣も出るんですね~!

    そういえば、おととしの夏、この映画にも出てる中孝介の
    野外ライブ見ました。
    奄美と台湾もそういえば近いですよね~。国境がなければ
    ほとんど同じ地方と言っても過言ではないですね。

    日本ものは滅多に聞かない私ですが、元ちとせや
    中孝介のCDは買ってもいいかな?と、チラっと思ったりします。

    そして、自分んちのコメにも書いたんですが、”サンドゥ”
    凄く良かったです♪ これはboxセット買ってもいいかな?なんて。

    毎日寒い日が続きますので、小穂さんも体に気をつけて
    お過ごしくださいね! またお邪魔します~♪

    • acineさん、こんばんは!

      先日は、お邪魔しました。
      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

      毎日寒い日が続きますね。
      幸い風邪も引かず、インフルエンザにも今のところ罹らず、何かかんとか日々過ごしております(笑)。
      acineさんもお忙しそうですが、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

      『海角七号』、私も長い間寝かしてしまいました(笑)。
      日本公開されるなんて思ってもいませんでしたが。
      台湾では大ヒットしても、日本では微妙かもしれないと思う作品ですが、私はとても気に入っています。

      台湾映画はゆったりと流れるような時間が魅力ですよね。
      大きな事件が起こるわけでもなく、日常に近いところで人と人との関わりや、それに伴う心の揺れみたいなものが丁寧に描かれる作品が多い気がしています。
      それが何とも心地よく感じられる時と、ねむ〜くなってしまう時とがあるのですが(汗)。

      范逸臣は歌手として大ファンなんですが、この作品では俳優としても魅力を発揮していますね。
      改めて、惚れ直しました(笑)。

      中孝介、良い声ですね。
      独特の歌い方に南国らしさを感じました。
      >奄美と台湾もそういえば近いですよね~。
      ですよね。
      国境の問題だけで、地域性では重なる部分が多いのかもしれませんね。

      そして、『サンドゥ』!
      またまたお邪魔させていただいたのですが、本当にいいドラマですよね。
      我が家でも、英語字幕付きの韓国版のDVD boxが大事にしまわれています(笑)。
      言葉で説明するのが難しいのですが、とにかく心に響くドラマでしたよね。
      acineさんのところでも書かせていただきましたが、本当に5本の指に入る、大好きなドラマです。
      またピくんが大変に魅力的ですし(笑)。

      ここしばらくはあまりはまれる韓国ドラマに出会っていないのですが、そろそろいい作品に出会いたいところですね。
      ソ・ジソプも新しいドラマが決まったみたいですよね?(うろ覚えなのですが / 汗)。

  3. 小穂さん
    こんにちは!はじめまして
    海角七号と范逸臣からこちらのブログにたどり着きました。
    twitterでもフォローさせていただいております!

    海角七号のDVD、台湾版購入されたのですね。
    私も台湾版を台湾からの通販で入手しようかなと思っているのですが、
    これは普通の日本のプレーヤーでも観られますか?
    調べると、国によってリージョンコードなるものが異なって
    再生できないことがあるとかいうことで…

    購入しようと思っているのはここからです。
    http://www.5music.com.tw/CDList-C.asp?cdno=429495679212

    調べてみたのですが、このDVDがどうなのかわからなかったので、
    もしご面倒でなければ教えていただければ幸いです。
    初めてにも関わらず突然の質問攻めで失礼いたしました。

    • shokosunさん、こんばんは! はじめまして。
      Twitterでもお世話になっています(イラストを拝見して、ただ、すごいなぁと感心してばかりです。)
      そして、コメント、ありがとうございます。
       
      『海角七號』台湾版を購入しました。
      日本版は持ってないんです(^^ゞ。
       
      DVDにはリージョンコードの問題がありますが、この『海角七號』については、リージョンALLかつNTSCなので日本のプレイヤーでも問題なく見ることができると思います。
      日本はリージョン2、台湾はリージョン3、と異なっているのが厄介ですよね。
      リージョンフリーのプレイヤーを買うのも面倒で、私はMacのDVDプレイヤーのリージョンを3に変更して、もっぱらMacで見ることにしています。
        
      五大唱片、商品の紹介にリージョンコードの記載がないのは不親切ですね…。
      リージョンの確認なら、Yesasiaなどがわかりやすいかもしれません。
      YESASIA: 海角七号 – 君想う、国境の南 (海角七號) (ディレクターズカット限定版) (台湾版) DVD
       
      映画本編もですが、メイキングも楽しいですし、凝った作りなのも面白くて、お気に入りのDVDです^^ 。
       
      というようなことで、少しでもお役に立てたようでしたら幸いです。
      またTwitterでも、よろしくお願いします。
       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中