2009年のヘヴィロテ<韓国編>

もともと音楽は言葉がまだ部分的に理解できる中華圏に偏りがちだったのですが、今年もその傾向がはっきりと出ていて、韓国のアーティストさんのCDはそれほどたくさんは買ってないんですよね。
ですので、結局 “いつものメンバー” に落ち着いた感がありますが、一応。
 
 
◆イ・スンギ「Shadow」
韓国のアーティストさんでは一番のお気に入りだと思うスンギ。
ファーストアルバム以来、少しずつ確実に成長しているのが目に見えるのが楽しくもあります。
オリジナルアルバムとしては4枚目のこの「Shadow」でも、大人びた雰囲気を漂わせていて、また一段と成長したような感じがします。
ただ、できればもっとビートのきいたロックテイストの曲も歌って欲しいとは思いますが。
今年はドラマも大成功、『一泊二日』も高い人気、ということで、本当に良い年だったと思いますが、来年も一層の活躍を期待したいですね。
 
 
◆キム・テウ「T-Virus」
やっぱり彼のヴォーカルは好きです。
声に厚みがあるというのでしょうか。
時折掠れるところも含めて、魅力的なヴォーカリストさんですね。
今度はフルアルバムをお願いします……。
 
 
◆Clazziquai Project「Mucho Punk」
Clazziquaiのアルバムは、Alexの声もHoranの声もどちらも大好きなこともあって、やっぱりよく聴いています。
仕事や家のことをする時、何だか元気が出るんですよね。
活動意欲が高まるというか(笑)。
それが彼らの一番の魅力かもしれません。
 
 
◆Tei「The Shine 2009」
こちらもミニアルバムなのが残念ですが、Teiもその声が私には本当に魅力的なんですよね。
繊細さも感じさせますし、同時にパワフルでもあるその声があれば、どんな曲でも好きになりそうです。
でもこちらも、次は是非フルアルバムを……。
 
 
◆Fly To The Sky「Decennium」
活動休止を宣言したFTTS。
その後、FanyもBrianもソロアルバムをリリースしましたが、やっぱり2人揃っているFTTSの方が好きみたいです。
好きな曲もたくさんあるのですが、ただ、最後のこのアルバムは、やや大人しい印象を受けました。
それでも2人の声が重なり合うことで魅力を増す FTTS らしさは堪能できますからね。
ソロもいいですが、FTTSとしての活動も再開してくれるといいのに、と思ってしまいます。
 
 
韓国では今年はミニアルバムのリリースが目立った気がしますが、ファンとしてはじっくり聴き込めるフルアルバムを期待してしまいます。
来年こそお願いします……。
 
 
以下、これまでのエントリーへのリンクになります(要パスワード)。
 
2006年のヘヴィロテ <韓国編>
http://ririyeye.blog.shinobi.jp/Entry/428/

2007年のヘヴィロテ<韓国編>
http://ririyeye.blog.shinobi.jp/Entry/1011/

2008年のヘヴィロテ<韓国編>
http://ririyeye.blog.shinobi.jp/Entry/1384/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中