2009年のヘヴィロテ<中華編>

何となく恒例になっているので、今年もまた ^^; 。
 
 
2009年にリリースされた、あるいは購入したものの中で、特に繰り返し聴いたのは以下のようなものでしょうか。
 
*聴いた日付など、勿論正確に覚えてはいませんので、いつものようにiTunesへの追加日だけが頼りです。
こちらもいつもの通り、順序には何の意味もありません。
それなりに長くなったので、折り畳んでいます。
 
 

 
 
まずは國語アルバムから

 
◆李聖傑「音樂十年李聖傑,唯一精選」「原諒我沒有說」
聖傑は2009年は2枚のアルバムを新しく届けてくれたんですね。
初めに届いたベスト盤、それから先日リリースされたばかりの新譜。
新譜は聴いたばかりですが、既にヘヴィロテになっています。
またベスト盤はヴォーカルをレコーディングし直し、アレンジも変えたことで、以前とはまた違った表情が楽しめる1枚になっていて、今年1年中、ずっと聴き続けた1枚になりました。
 

◆方炯鑌「好人?! Abin 方炯鑌首張個人創作專輯」
リリースは2008年なのですが、聴いたのは今年なので。
彼もこの後、セカンドアルバムでカバーアルバムをリリースしていますが、よく聴いているのはこのファーストアルバムの方。
”暖心系才男”の名にふさわしい、温かい歌声と優しくて美しいメロディ。
強烈なインパクトはありませんが、だからこそ聴き飽きることがないのかもしれません。
カバーよりもオリジナルアルバムを来年は聴かせて欲しいです。
 
 
◆張棟樑「沉默的瞬間」
棟樑は毎回、どのアルバムも楽しんで聴いていますね。
少しずつ、大人っぽい大人の雰囲気を漂わせるようになって、すっかり風格が出てきた気がします。
デビュー当時の初々しい頃も魅力的でしたが、大人の歌が似合うようになってきたのは嬉しいですね。
すっかり元気になったようで、そろそろ仕事にも戻りつつある彼。
来年は体調に気をつけつつ、また素敵な歌を聴かせて欲しいものです。
 
 
◆小宇(宋念宇)「就站在這裡」
2008年に出会った新人さんの中で、一番のお気に入りだった小宇ですが、セカンドアルバムでもその魅力は充分に発揮されていて、今回も彼の豊かな才能に楽しませてもらいました。
次はどんな曲を聴かせてくれるのか、楽しみなアーティストさんです。
 
 
◆陶喆「69樂章」
久々のアルバムで、陶喆らしい個性に溢れた作品でしたね。
今もノリノリの「火鳥功」が大好きです(笑)。
 
 
◆王力宏「心・跳」
こちらも2008年末にリリースされたものですが、聴いたのは2009年になってからだったので……。
彼のアルバムはどのアルバムも好きなのですが、この「心・跳」はその中でも相当なお気に入りになっています。
陶喆とはまた違った意味で、彼も個性に溢れた曲を作る人ですが、今作は私の好みに合っていましたね。
「Everything」のような見事なバラードもさすが力宏!という感じ。
この曲は特に歌詞がロマンティックというのか、力宏のラブソングらしい歌詞でお気に入りです。
 
 
◆俞灝明「擁抱」
今年、かなりお気に入りだった1枚。
最初はEPでしたが、その後しばらくしてフルアルバムがリリースされました。
大陸のCDを扱うショップでしか扱われていなかったのですが……。
でもこの人の声、かなり気に入っていまして、とにかく聴き応えのある1枚です。
粵語曲も含まれていますが、韓国語の曲もあるんですよね。
1枚にこれでもかというほど、詰め込まれてますね(笑)。
 
 
◆林俊傑「100天」
JJ のアルバムもリリースされるたびに、必ずしつこいくらいに聴き倒しています(笑)。
「100天」はJJのこれまでのCDの中でも特にお気に入りになりそうな気配ですので、多分、これから先もずっと楽しませてくれるだろうと思います。
いつも思いますが、彼の声は素晴らしいですね。
 
 
 
そして粵語(広東語)アルバムについてはこんな感じ。
 
◆張敬軒「Love & Living」
今年は張敬軒以外、ほとんど聴かなかった時期があります。
なぜなのか、自分でもわかりませんが、とにかく軒仔の歌が良かったんですよね。
押しが強くなくて、優しいところが良かったのかな。
1つ間違えると端正すぎて面白くなくなってしまうのですが、このアルバムではそのあたりのバランスもとれていて、軒仔の魅力を堪能できました。
 
 
◆林峯「LET’s GET WET」
彼はすっかり香港の音楽シーンに確固とした地位を築き上げていますね。
もともと俳優さんとしての彼のあの甘い声にすっかり参ってしまっていた私ですので、その声で歌われる歌は嫌いなはずがないという(笑)。
ライブDVDでもその魅力を堪能させてもらえましたが、そろそろオリジナルのフルアルバムをリリースして欲しいものです。
 
 
◆側田「From JUSTIN – Collection of His First 3 Years」
ずっと知ってはいましたが、その魅力に気づいたのはこのベスト盤を聴いてから。
個性はそれほど強くはないのですが、でもヴォーカルは安定していますし、彼の声にも温かさを感じますね。
香港のアーティストさんらしいアーティストさんだという気もします。
こちらもオリジナルのアルバムをそろそろ……。
 
 
◆陳奕迅「H3M」
ずっと奕迅といえば國語アルバムの方が好きだったのですが、このアルバム以来、改めて彼の粵語アルバムを聴き直す気になったくらい、このアルバム、気に入っています。
奕迅の個性はやや抑えられ気味かもしれませんが、どの曲もとても魅力的。
さすがは奕迅という印象です。
 
 
◆張智霖「I Am Chilam」
いろいろなところでよく流れていて気に入っていた「妳太善良」が収録されている張智霖の新譜+ベスト盤のセット。
『渺渺』からの「Get Together」も収録されていて得した気分(笑)。
このところは俳優業の方に力を入れていたので、歌の方はあまり聴く機会が無くなっていましたがやっぱり彼の歌は好きですね。
いかにも香港の歌い手さんという感じの人です。
ちなみに彼の奥さんは袁詠儀(アニタ・ユン)です。
時々、哥哥を思わせる声&雰囲気で歌うことがある人でもあります。
 
 
◆韋雄「Romance」
香港の新人さんではこの人のCDがかなりお気に入りです。
やっぱりここでも声がポイントかも(笑)。
軒仔の「櫻花樹下」をカバーしているのですが、なかなか上手いんですよね。
どことなく軒仔と似たところがあるかもしれません。
 
 
というような感じでの2009年でした。
2010年にはここにピックアップしたアーティストさんたちの新譜が聴きたいですし、加えて、来年こそ!の范逸臣を初めとした、ご無沙汰組の皆さん(笑)の 新譜も是非聴かせて欲しいものです。
 
 
 
一応、過去のエントリーへのリンクを以下に貼っておきます。
(2006年から2008年までのものをご覧いただくには、パスワードが必要になります)。
 
 
2005年のヘヴィロテ
http://yiqierclub.blog24.fc2.com/blog-entry-563.html
 
2006年のヘヴィロテ <中華編>
http://ririyeye.blog.shinobi.jp/Entry/427/
 
2007年のヘヴィロテ<中華編>
http://ririyeye.blog.shinobi.jp/Entry/1010/
 
2008年のヘヴィロテ<中華編>
http://ririyeye.blog.shinobi.jp/Entry/1383/

 

2009年のヘヴィロテ<中華編>」への2件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます!!

    今回もupしてくださったんですね。
    うれしいです。

    年内には手元に届いていたJJですが、残念ながらまだ聞けてないんですよね。
    ハマりすぎてしまうと作業が進まなくなってしまう恐れがあったので(苦笑)。

    いつも期待度120%くらいにはなってるJJですが、今回は小穂さんの「JJベスト」のコメントもあり期待度「さらに倍!」くらいになってます(笑)。

    JJピンポイントでのコメントになってしまってすみません。

    本年もどうぞよろしくお付き合いください!!

    • 香里さん、こんばんは!

      あけましておめでとうございます。
      昨年は、お付き合いいただきまして、ありがとうございます。

      何だか年末に1年を振り返るのは自分の中でも恒例になっているようで、アップしないと何となく年が越せないような気がしてしまって(^^;)。
      もっとちゃんとリンクを貼ったりすればいいのですが、時間がなくていい加減なエントリーになってしまって、申し訳ないです(汗)。

      JJは毎回どのアルバムも期待してしまいますし、その期待を裏切られたことのないアーティストさんですが、今作は特に好きかもしれません。
      私にとっては、デビューアルバムから「曹操」までの印象がとても鮮烈で、どうしてもその印象を引きずってしまっていましたが、今作はJJらしさも充分感じさせつつ、同時に少し変化も見られる気がしました。
      さすがはJJだということでしょうか。
      きっと香里さんのご期待を裏切ることはないと思います。
      またお聴きになられたら、ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

      >ハマりすぎてしまうと作業が進まなくなってしまう恐れがあったので(苦笑)。
      わかる気がします(笑)。
      確かに、はまりすぎてしまうと、なかなか他のことができなくなってしまいますよね。
      私も何度も心当たりがあるような……(汗)。

      JJピンポイントでも、勿論大歓迎ですし、楽しく拝見させていただきました。
      ありがとうございます。

      こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      香里さんにとりまして、今年が昨年以上に佳き年でありますようにお祈り申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中