協志@『聊齋三之《公孫九娘》』

台湾の番組では顔を見る機会がめっきり少なくなってしまって、寂しい気がする協志ですが、相変わらず大陸と行ったり来たりで忙しそうですね。
 

大陸の綜藝番組に出演した様子を見ましたが、何よりもまた一段と短くなったヘアスタイルにビックリ。
身体の方は少しがっちりしたような気もしますが、とにかく髪型(笑)。
髪が短くなるたびに、若くなっていく気がする彼ですが、今回もまた、一段と可愛らしい。
31歳ですよね……と、思わず確認したくなるほどです。
でも、やっぱり髪が長いほうが好きだなぁ……。
 

そんな協志ですが、『聊齋三』に出演するんですね。
『聊齋三』については、邱澤が『畫壁』に出演するという情報は以前から見かけていたのですが、『江城』という作品には李威も出演するんですね。
『聊齋』はいわゆるオムニバス形式のドラマで、毎回、なかなか豪華な顔ぶれで楽しませてくれるのですが、今回も楽しみになってきました。
 

邱澤と李威の古装もなかなかお似合いでしたが、書生さん・協志もまずまず良さそうな感じ。
 

協志と李威が出席しているクランクアップのお祝いの席の様子を収めた写真がこちらのblogにアップされています。
 

博文配圖_李佔英_新浪相冊
 http://photo.blog.sina.com.cn/blogpic/5353b6560100flfo/5353b656g76e88f5295b8

*協志の髪、短いです。李威は長過ぎる気が(溜息)。
 写真の下の “点击查看原图” をクリックすると、よりサイズの大きなオリジナルの写真が表示されます。
 

『柿子紅了』は今のところ、11月8日の放送予定だという話も。
そろそろ放送してほしいですね。

節目介紹 | 公共電視HiHD頻道 – 看見全新視界 See the DIFFERENCE
 http://hihd.pts.org.tw/programCate.php?ProgramSN=82

協志@『聊齋三之《公孫九娘》』」への4件のフィードバック

  1. こちらにも、お邪魔します。
    写真を見に行って、あまりにも衝撃だったのです。
    協志、髪みじかっ!
    李威、ロン毛かよっ!ひとつ屋根の下の江口洋介を思い出しました。

    • orangeglassesさん、こちらにもありがとうございます。

      協志、衝撃ですよね〜。
      私も「えっ?」という感じでした(笑)。
      何であんなに切っちゃったんでしょうね。
      「摯愛」の頃が良かったなぁと思います。

      そして李威。
      この間からずっとこのヘアスタイルが気になって気になって……(溜息)。
      WEWE時代とか、威爺@『吐司男之吻』の頃くらいなら全然問題ないんですが……。
      でも小豬らとのドラマの関係があるので、しばらくは切れないのかもしれないですね。

  2. 小穂さん、こんばんは!

    大陸へいっているとは知っていましたが大陸の綜藝番組が苦手なもので見ていませんでした(汗)
    先日こちらにお邪魔して写真を見たら、協志の髪の余りの衝撃にコメントできませんでした(苦笑)
    あれは短くなったというよりは・・・(以下自粛)
    たとえ過去の髪型のできないとしても、私も長めのほうが好きです!
    李威はむしろ羨ましいです、切ったら如何様にもなるので。

    11月から大冨でも『〔ロ合〕新聞』が始まり、早速協志のニュースを見ることができました!『不存在的児子』の衣装合わせでしたが、この髪型で・・・。 大陸劇なのに台北で衣装合わせすると言うことは出演者の多くが台湾の俳優だからなのでしょうか? 撮影が始まる前に髪型何とかならないものかと思ってしまいます・・・。

    • Ruminさん、こんばんは!

      私も、大陸の綜藝番組は苦手です(汗)。
      台湾と雰囲気がかなり違いますよね……。

      そして協志……。
      私も、最初に見た時は髪に目が釘付けになってしまいました。
      というのか、髪にしか目が行かなかったというのか……。
      協志の髪の毛、どんどん細くなってる気がしますよね。
      それでボリュームが出なくなってるのかなと。
      前髪もですが、後ろもすっきりしちゃってて、最初に見た時「坊ちゃん刈り……」と思ってしまいました。
      映像を見ると、写真で見るほどの衝撃は受けなかったのですが。
      協志は結構ヘアスタイルが変わっていますが、私はいつまで経っても「摯愛」の頃が忘れられません。

      今度の新しいドラマ、台湾のキャストが多いですね。
      協志も話していましたが、台湾では偶像劇がまだまだ主流なんだと実感しました。
      年齢ではないと思いますが、協志はすーさんたちのようにいつまでも偶像劇に出演できるタイプじゃないのも事実でしょうし、派手じゃなくてもしっかりした演技者を目指すのもありかもしれませんね。

      でも、私としては、ドラマに力を入れるより、とにかく歌って欲しいです。
      協志の歌が聴きたいですから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中