第44屆金鐘獎 授賞式

日付が変わってしまっていますが、16日は台湾の第44屆金鐘獎の授賞式の日。
今年は例年になく結果が気になることもあって(笑)、中時娛樂の速報&Twitter(こういう時、便利です / 笑)で受賞者をチェック。
 
 
最も気になる賞の1つ、戲劇節目男主角獎ですが、趙又廷が獲っています。
仔仔との一騎打ちになるんだろうとは思っていましたし、演技云々よりも役柄的に趙又廷の方が仔仔より有利かなとは思っていましたが、本当に獲るなんて(笑)。
正直、妥当だとは思いつつもビックリ。
2009年は Mark趙又廷にとっては最高の年になりましたね。
本当におめでとう!
 
 
ニュースサイトの情報は、現時点(午前1時前)でまだ更新されていないのですが、Twitterのタイムラインを流れてくる情報によると、戲劇節目獎も『痞子英雄』が受賞。
順当ですね。
 

男配角獎は残念ながら王傳一の受賞はならず。
期待していたのですが、本当に残念。
戲劇節目導播(演)獎は蔡導が受賞しています。
 

戲劇節目女主角獎は劉瑞琪が獲得しています。
『心星的淚光』で言承旭の、『深情密碼』でも仔仔の、『狂愛龍捲風』で孝天の、そして今、『下一站,幸福』でVanNessのお母さん役と、F4全員のお母さんでもある人ですね。
こちらも『敗犬女王』の楊謹華との一騎打ちか、と言われていましたが、実に妥当な結果だと思います。
 

それにしても、今回、Twitterが実に役立ってくれました(笑)。
いつもなら、速報を待つしかないのですが、リアルタイムで見ている人たちが受賞者をつぶやいてくれるので、当然ニュースサイトより速いですからね。
これからは授賞式はTwitterでチェックしよう(笑)。
 

明日になれば、多くのニュースサイトに情報が上がるでしょうが、とりあえず中時娯樂と聯合追星網のリンクのみ貼っておきます。

中時娛樂∣新聞專輯∣第44屆金鐘獎
 http://forums.chinatimes.com/showbiz/2009goldenbell/list.htm
 
 
udn 聯合追星網 – 娛樂專題 – 台灣電視圈最大盛會 2009金鐘獎
 http://stars.udn.com/star/StarsContent/Content22906/
 

聯合追星網の受賞者一覧はこちら。
udn 聯合追星網 – 娛樂情報 – 98年電視金鐘獎得獎名單
 http://stars.udn.com/star/StarsContent/Content22769/

第44屆金鐘獎 授賞式」への6件のフィードバック

  1. 小穂さん、こんにちわ~

    趙又廷、すごいですねえー とっちゃいましたか!!!
    初主演で、まだ新人である彼がとるということは、本当にすごいことですよね!役柄、演技力、すべて含めて客観的にみたら、当然の結果であるようにも感じますが、やはり新人さんということを考えてしまうと、すごいなあ~と思ってしまいます。仔仔も、おしかったですが、きっと喜んでいることでしょうね。
    しかし、恐るべし新人。父も俳優っていうのもいろんな意味できいているんでしょうねえ~なんて考えてしまってはいけないかな。

    劉瑞琪。こうみると、本当にF4の母ですね(笑) これって、すごいことだと思うんですが~ すごーい。

    第44屆金鐘獎
    とっても、客観的にみた結果のようで、とてもいいですね。

    • orangeglassesさん、こんにちは!

      獲っちゃいましたね。
      新人さんだとか、余計な情報を入れずに、客観的に見たとき、獲れるだけの演技はしていたと思いますが、でも完全な新人さんですからね。
      そのあたりを考えると、本当にすごいなと思いますね。

      仔仔も、今回はこれまでと大きくイメージが違う役を楽しそうに、しかも確実にこなしていて、今回、初めて、仔仔の演技が上手くなったなぁと感心しながら見たんですよね。
      ですから、仔仔にも獲らせてあげたかった。
      その点では残念に思えます。

      お父さまの存在はやっぱり影響あるでしょうね。
      現場でもアドバイスをしてもらったり、お父さまの姿から学ぶところも多かったでしょうし。
      でも、それをちゃんと自分のものにして、表現できるわけですから、それだけでもすごいですよね。

      劉瑞琪は、すごいですよね。
      今回の光晞の媽媽もものすごい存在感ですし、やっぱり受賞は妥当だと思いますね。

      >第44屆金鐘獎
      >とっても、客観的にみた結果のようで、とてもいいですね。
      そうですよね。
      金曲獎は納得いかないことが多くて、見る気もしませんが、金鐘奨は例年、それなりに納得いく結果が出ているように思います。
      今回も、やはり充分理解できる結果で、いいですよね。

  2. 小穂さん、今、金鐘獎の映像をみているのですが、趙又廷の受賞感想をきいて、泣けてきました。
    最も感謝したい人は、仔仔だといっているくだりのあたり。
    仔仔も、一生懸命涙をこらえていて、とっても感動的です~~
    私も、がんばる仔仔に、とらせてあげたかったなあ~と思ってしまいます。
    ティッシュをたくさんつかってしまいました~

    最後のほう、なんかお笑いに走るMCに、あー台湾だなあとかんじてしまいました。笑 感動してるのにー私は~と。

    趙パパも、大感激でしたねえ~
    台湾芸能界でも、彼は、もう趙パパの名前で通ってしまっているようですし~偉大な息子ですねえー

    • orangeglassesさん、こんばんは!

      授賞式での趙又廷のコメントはとても感動的でしたね。
      昨日の時点で、彼の受賞コメントについては既に記事にもなっていたので、それだけ見ていた人にとってインパクトの強いシーンだったんだろうと思います。
      バックステージでのインタビューでも、何度か、涙をこらえているような様子もあり、言葉を詰まらせたりもありで、「やっぱり新人さんらしいなぁ」なんて思いました。
      ずっと仔仔に支えられてきた、なんて話していましたね。
      ハードな撮影の中、良い関係を築いていたんだろうなと思いますね。

      仔仔にとっても、受賞を逃したのは残念でしょうが、いろいろな意味で良い経験になったでしょうね。
      これからの仔仔にも期待ですね。

      良い息子さんを持ちましたよね、趙樹海さんも。
      間違いなく自慢の息子でしょうね。

  3. 続けておじゃまします~

    趙又廷でしたか!予想通りとは言え、うれしいですね~!
    やはり今回は『痞子英雄』ですよね!
    仔仔にも何か賞を獲ってほしかったですが、でも今回は誰が考えてもやっぱり趙又廷ですよね~

    作品のファンとしては、とっても嬉しい結果になりました♪
    映画も早く見たいです ^^

    ご紹介して下さった趙又廷の感動的なインタビューの動画、後でゆっくり見させていただきます!
    ありがとうございます

    • ちろさん、こちらにもありがとうございます。

      趙又廷でしたね。
      仔仔か彼のどちらかが受賞するだろうとは思っていましたが、ファンとしては嬉しい結果ですよね。
      今年は間違いなく『痞子英雄』の年でしたもんね。
      スタッフにとっても、キャストにとっても、苦労の多い作品だったようですから、喜びもひとしおでしょうね。

      仔仔もとても頑張っていたと思いますし、前作までと比べても、格段にお芝居が上手くなっている気がしていたので、仔仔にも受賞して欲しかったです。
      でも、私が審査員でも、ものすごく悩んだ末に結果的には趙又廷を選ぶだろうと思うんですよね。
      それくらい、彼には感心させられましたから。

      映画も期待したいですよね。
      ちょっときな臭い雰囲気になりつつあるようで、心配なんですが……。

      とにかく、趙又廷にとっては、これからが正念場。
      金鐘獎を受賞したことで、プレッシャーはとんでもなく大きくなるでしょうが、それだけの実力があることをこれからの作品でも証明して欲しいなと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中